久慈まめぶ汁(岩手県久慈市)

>久慈まめぶ汁(岩手県久慈市)

全国津々浦々ふるさとの味

甘じょっぱい味わいがクセになる!

久慈まめぶ汁(岩手県久慈市)

このエントリーをはてなブックマークに追加

久慈まめぶ汁とは、まめぶが入ったけんちん汁のようなもので、かつては冠婚葬祭の行事食でした。「まめぶ」とはは岩手県久慈市(くじし)の山形町(やまがたちょう)、旧山形村の集落を中心に食べられていたくるみと黒砂糖入りのお団子のこと。今では日常的に食べる郷土食となっています。

mamebu01

おみそ汁と甘いお団子の、意外な組み合わせ

久慈まめぶ汁は、煮干しと昆布の出汁を使った醤油ベースの汁のなかに、ゴボウ・にんじん・しめじ・焼き豆腐などを加え、まめぶと呼ばれる甘いお団子を入れた郷土料理です。団子のなかには黒砂糖とくるみが入っており、ひとくちかじるとカリッとしたくるみの食感と素朴な甘みが口いっぱいにひろがります。冠婚葬祭の行事食だったころには、慶事には大きい団子、弔辞には小さい団子で、精進料理のため出汁は昆布のみ、と区別があったようです。

まめぶ汁の由来については、団子の形が「まり麩(ふ)」に似ていることから「まりふ→まめふ→まめぶ」となったという説や、「忠実忠実(まめまめ)しく健康で達者に暮らせるように」との願いからついたという説などがあります。地域によってまめぶの中身がくるみだけであったり、汁にとろみがあったり、具材が違うなど、微妙な違いがあるようです。

くるみの香ばしさと黒砂糖の素朴な甘みは、どちらも汁物の具材としては珍しいですが、醤油ベースの汁と一緒にいただけば、甘さとしょっぱさの絶妙な組み合わせがやみつきに! 素朴でやさしい、クセになる味わいです。

「代用食」から、まちおこしグルメで「全国区」へ

初めは小さな集落でのみ食べられていたまめぶの入った久慈まめぶ汁は、今や知る人ぞ知る久慈市の名物汁。興味深い歩みをご紹介します。

まめぶ発祥の地、旧山形村地域はたびたび凶作が起こる土地でした。そのため、幕府から凶作時の年貢に備え「麺類やそばきりを食べてはならない」と、麺類を食べることをご法度にされます。麺類が出せない代わりに、練って味付けした小麦粉にくるみを包んで、冠婚葬祭など特別な時に食べていたのではないかといわれています。

平成18年に山形村は久慈市と合併。久慈市山形町となり、「山形村」の名前は消えることになりました。まちおこしのために、旧山形村の荷軽部(にかるべ)青年会を中心に結成された久慈まめぶ部屋が、まちおこしの祭典『B-1グランプリ』に久慈まめぶ汁で挑戦。これをきっかけに、久慈まめぶ汁は少しずつ知られるようになります。

平成23年の東日本大震災では、岩手県中の避難所で有志による久慈まめぶ汁の炊き出しを行いました。たっぷりの具材と甘い団子が入った久慈まめぶ汁は、被災者の方々に大歓迎されました。同年『B-1グランプリ』の正会員として認められます。

そして、平成25年(2013年)放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、北三陸市(ドラマ内の架空の町)の名物として紹介されたことから、全国規模の知名度に。
現在では地元で親しまれる郷土の味として定着し、久慈市では久慈まめぶ汁を提供する数多くのお店が観光客の舌を楽しませています。(画像は『B-1グランプリ』の様子)

mamebu03

自宅で味わえる! まめぶの作り方

まめぶは小麦粉・くるみ・黒糖・片栗粉(あれば)を用意すれば、ご自宅でも作れます。黒糖は黒砂糖でも代用できます。けんちん汁などの醤油ベースにも合い、またおみそ汁の具材としてもおいしいので、ぜひお試しください。

mamebu02

<まめぶのレシピ>
1. 黒糖とくるみは1cm弱ぐらいの大きさに刻んでおく
2. 小麦粉を熱湯でこねて、団子状にまとまる硬さにしておく
3. 生地をひとくちサイズにちぎる
4. 生地に親指で穴をあけ、なかに黒糖とくるみを入れる
5. 空気を抜くようにぎゅっと握って、丸め直す
6.(片栗粉があれば)団子と団子がくっつかないように、片栗粉をまぶす

おいしいまめぶを作るコツはレシピの5番目。黒砂糖がしみ出さないよう、しっかりとなかの空気を抜くことです。漏れてしまうと汁全体が甘くなってしまうので、慎重に進めましょう。

久慈市の「久慈まめぶ部屋事務局」では、作り方を学ぶことができます。本場の味を学べる機会があるのはうれしいですね。

お問合せ:久慈まめぶ部屋事務局(久慈市観光物産協会内)
電話:0194-66-9200

甘いお団子入りのまめぶは、ふるさとを思わせるやさしい味わいです。心も身体もほっこり喜ぶ甘いまめぶ、ご自宅でぜひお試しください。

※掲載されている情報は平成28年5月現在のものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.