たけのこ汁お料理レポ(長野県北信濃、新潟県上越地方)

>たけのこ汁お料理レポ(長野県北信濃、新潟県上越地方)

全国津々浦々ふるさとの味 お料理レポート

たけのこ水煮とサバ缶で作ってみました!

たけのこ汁お料理レポ
(長野県北信濃、新潟県上越地方)

北信濃で親しまれるたけのこ汁は、サバ缶と根曲がり竹を使ったおみそ汁。根曲がり竹は5月中頃~6月の短い期間だけとれる、小型で細い「たけのこ」です。 今回は5月にご紹介した、たけのこ汁を実際に作ってみたお料理レポをお届けします!
たけのこ汁の紹介記事はこちら

たけのこ汁

たけのこ汁レシピ

たけのこ汁レシピ 【材料(2人分)】
ネギ 1本
サバ水煮缶 1缶
たけのこ水煮 150g
みそ 適宜

s12_img02

(1) 「根曲がり竹」は、地元以外ではなかなか手に入らないので、「たけのこ」の水煮を使用しました。 「たけのこ」は柔らかい部分を根曲がり竹に似せて、縦長に細く切ってみました。固い部分はいちょう切りにします。ネギは小口切りしました。

s12_img03

(2) 鍋にだし汁を煮立たせてネギを入れます。 ※サバからだしが出るので、だしはなくてもいいかもしれません。

s12_img04

(3) ネギに少し火が通ったらたけのこを入れ、煮ます。

s12_img05

(4) 「たけのこ」が煮えたら火を弱めてサバ水煮を入れ、鍋のなかで食べやすい大きさにほぐします。 缶に残った汁は、味見をしながらお好みで入れてください。 みそを溶き入れたらできあがりです。

s12_img06

サバのニオイが気にならない!
苦手な人も食べられそう

加熱したことで、サバ特有の臭みがおどろくほど消えていました。ネギの香りも臭み消しに一役買っています。それでも臭みが心配なら、しょうがのすりおろしを少量いれてみるのもいいかもしれません。しょうがのおかげで体がポカポカあたたまるので、冬のおみそ汁としてもぴったりです。今回の具材はシンプルですが、たまねぎやにんじんなどの野菜、とき卵などを入れて具だくさんにするのもおすすめです。

実際に食べてみても、サバの臭いが気にならないのにおどろきました。サバの柔らかさと、コリコリとした「たけのこ」の食感の相性は抜群です。サバ缶もたけのこ水煮も一年中スーパーに出回っているので、いつでも作れて郷土料理を味わえるのがうれしいですね。季節の野菜をプラスして、オリジナルのたけのこ汁を試してみてください!

【郷土のみそ汁レシピ募集中!】

地域に根付く、その土地ならではのおみそ汁のレシピを募集しています! 写真を添えて、おすすめレシピをお寄せください。

<送付先>
〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1
株式会社 世田谷自然食品 「せたがや日和」 郷土のみそ汁レシピ係

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.