「和らぎ水」で楽しくお酒を味わう

>「和らぎ水」で楽しくお酒を味わう

簡単健康習慣

悪酔いを避け、お口もリセット

「和らぎ水」で楽しくお酒を味わう

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しい宴会の席。人にすすめられたり、ほろ酔いで気分がよくなってきたりすると、つい飲み過ぎてしまう……という方も多いのではないでしょうか。楽しいお酒であればよいのですが、飲み過ぎは悪酔いを招くことも。
今回は、酒席が増える時期にぜひ覚えておきたい、「和らぎ水」の知識をご紹介します。

酔い方を緩やかにしてくれる「和らぎ水」

「和らぎ水」とは日本酒を飲む際、かたわらに用意して日本酒と交互に口にする水のこと。
同じ酒量でも、水と交互にゆっくり飲むことで胃への刺激が抑えられ、酔い方を緩やかにしてくれます。酒席の序盤から急激に酔ってしまったり、うっかり飲み過ぎたりするのを防ぐために有効な飲み方です。
焼酎などに多い、お酒自体を水割りにしたり、グラスに氷を入れたりする方法とは違い、日本酒本来の味を楽しみながら、体をいたわることができるのがポイントです。

味にこだわる人にもおすすめの飲み方

「和らぎ水」の効果は、酔い方のコントロールだけではありません。
和らぎ水を飲むことで、飲んだお酒や食べたものの味が残っている口の中をリセットすることができ、次に飲むお酒や食べるものの味を、よりはっきりと感じられるようになります。
利き酒・飲み比べのお好きな方や、料理をしっかり味わいたいという方にもおすすめの飲み方なのです。

ウイスキーやビールにも「和らぎ水」がある

「和らぎ水」は主に日本酒とともに飲むものですが、実はウイスキーなどの洋酒にも、「和らぎ水」に通じる飲み物があります。
「チェイサー」は、和らぎ水と同じく、ストレートの洋酒のかたわらに用意して、お酒と交互に口にする飲み物のこと。酒を追いかけて(Chase)飲むもの、という意味です。本来は次の一口をよりクリアな状態で味わうための飲み方とされていますが、もちろん酔い方を緩やかにする効果についても期待できます。
ちなみにチェイサーの場合、水と限られてはいません。炭酸水や、ストレートの洋酒よりもアルコール度数が低いビールなどをチェイサーとする飲み方もよく知られています意外なところだと、ミルクもウイスキーの香りや味を邪魔せず、相性がいいチェイサーなのだとか。自分に合った組み合わせを探してみるのも一興ですよ。

あくまで適量を超えないことが前提

「和らぎ水」は酔い方を緩やかにしてくれますが、お酒の適量が増えるわけではありません。どれくらいの酒量が適量かは個人差もありますが、多くてもおおむね日本酒1~2合(180~360ml)が目安だといわれています。
もちろん体調などにもよるので、これに満たなくても「ペースが速すぎる」「これ以上は飲み過ぎだ」と感じたら、自ら調整するようにしましょう。

食べることでも酔い方を緩やかに

「和らぎ水」だけでなく、お酒を飲む前に軽く食べること、お酒の席でも適宜おつまみを食べながら飲むことなど、ちょっとした心がけで、酔い方を緩やかにすることができます。
お酒の前に食べるならチーズやヨーグルトなど粘膜を守ってくれる食品、おつまみにはアルコールによって失われがちなビタミンやミネラルを補える野菜類、肝臓の働きを助けるたんぱく質が豊富な豆類、鶏肉料理などがおすすめです。

お酒の魅力を損なわず、料理もしっかり味わいながら飲むことができる「和らぎ水」。同じ適量の範囲でも、より楽しむことができるので、悪酔いを防ぎたい方だけでなく、お酒に強い方にもおすすめの飲み方です。お冷やは無償で提供してくれるお店がほとんどですので、飲み会などではぜひ、かたわらにコップ1杯の水を用意してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.