筑波山 梅まつり(茨城県)

>筑波山 梅まつり(茨城県)

あしまかせ散歩道

白梅・紅梅・緑がく梅、1000本の梅花が咲き誇る

筑波山 梅まつり(茨城県)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東平野を一望する筑波山の中腹では、2月下旬頃から梅が見頃を迎えます。この時期に合わせて開催される「筑波山 梅まつり」には、一足早く春の訪れを楽しもうと毎年多くの観光客が訪れます。およそ1000本の梅が咲き誇る様は、この時期だけの優美な光景です。

色とりどりの梅が咲き誇る 筑波山梅まつり

ume01

毎年2月下旬~3月下旬に行われる筑波山の梅まつり。筑波山の中腹に位置する4.5ヘクタールの広大な梅林に、白梅・紅梅・緑がく梅(りょくがくばい)と色とりどりの梅が花の盛りを迎えます。梅の花と筑波石(※)の巨岩のコントラストが見事です。

遠くへ目をやれば田園風景や筑波研究学園都市の街並みが開け、天候のいい日は富士山やスカイツリーが見えることも。園内に点在する「富士見橋」「見返り縁台」「かねおれ橋」などの建造物をまわりながら、春の足音と梅花の香りを楽しみましょう。梅まつり開催期間中はイベントも盛りだくさんです。
※筑波石(つくばいし)…つくばみらい市で産出する花崗岩(かこうがん)。庭石などに利用され、経年変化で乳白色から黒褐色になる。(画像手前の黒い岩)

梅まつり期間:平成29年2月25日(土)~3月20日(月・祝)
筑波山梅林入園料:無料
アクセス(電車):つくばエクスプレス つくば駅から、直行筑波山シャトルバスで約40分「筑波山神社入り口」下車、徒歩約5分。

“筑波山名物 ガマの油売り口上”ほか、老若男女楽しめるイベントも

gama

「サァーサァーお立ち合い!御用と忙ぎでなかったら、ゆっくりと聞いておいで……」から始まる“筑波山名物 ガマの油売り口上”。筑波山では「陣中油(一名ガマの油)」が今も売られており、口上は伝統文化として保存されています。

ガマの油売り口上の原型は江戸時代、筑波山麓に住む永井兵助(ながいひょうすけ)によって作られ、その宣伝文句とともに江戸・浅草寺境内などで「ガマの油」を売って成功したそうです。
梅まつりの期間中、“筑波山名物 ガマの油売り口上”は特設ステージにて実演されます。朗々と響く声をぜひ一度体験してみてください!

ほかにも、観光大使のお出迎え、野点茶会、「つくば市観光ボランティア298」によるガイドツアー、休憩所での梅茶のサービスなど、老若男女が楽しめるさまざまなイベントが催されています。

梅まつり限定「梅食(うめ~しょく)」も!

ume03

筑波山まで来たなら、食事もぜひ地元のものを堪能したいもの。梅まつり開催に合わせて販売される、梅グルメ“梅食(うめ~しょく)”をいただきましょう。

○赤梅ソフトクリーム
筑波山ケーブルカーの山麓の発着駅・宮脇駅(みやわきえき)売店では、色鮮やかな「赤梅ソフトクリーム」が好評。限定の梅味です。散策で疲れた体に爽やかな甘みがたまりません!また、この駅のすぐ近くには、夫婦和合、縁結びで有名な筑波山神社もあります。

○梅ようかん
茨城農家が栽培した梅エキス入りの、梅まつり限定ようかん。ピンクに色づいたようかんで、爽やかな梅の風味が楽しい一品です。梅まつりうまいもん処で販売されます。

このほか、梅まつり期間限定の各店オリジナルのつくば「梅グルメ」、筑波山名物つくばうどんを各店舗でオリジナルにアレンジした極上うどん、おいしい梅を使ったスイーツ「甘梅(かんばい)」など、お祭りにちなんだグルメがいっぱい!ついつい食べすぎてしまいそうですね。

梅まつりのおすすめお土産

ume04

帰路の楽しみといえば、やっぱりお土産探し。筑波山ならではのおすすめ品をご紹介します。

○陣中油(一名ガマの油)
筑波山といえば「ガマの油」は外せません。実際にはガマの油(分泌液)は入っていませんが、お肌の油分を補って乾燥を防ぐスクワランなどを配合しています。

以前は数社あったガマの油製造社も、茨城県内では1社のみ。すべて手作りで、筑波山のみで販売されています。かわいらしいガマの絵が描かれた軟膏ケースは、お土産にぴったりです。

○みよこの七味
筑波山のおみやげ屋「神橋亭」の店主手作りの「みよこの七味」も、筑波山の人気土産のひとつ。みかんの皮が入っており、華やかで爽やかな香りが最大の特徴です。このみかんは筑波山の特産品「ふくれ(福来)みかん」で、筑波山に古くから自生していた品種。福来とは縁起のいい名前ですね!

※こちらのイベント内容・梅グルメなどは平成28年のものです。
平成29年のイベント・開催日程は公式HPをご確認ください。

昔から「西の富士、東の筑波」と富士山と並べて親しまれてきた筑波山。ケーブルカー・ロープウェイを使えば気軽に山頂まで行けるので、子どもからご高齢の方まで誰もが山の自然を楽しめます。梅まつり開催中の土日祝日のみですが、温泉宿「筑波山江戸屋」(ケーブルカー宮脇駅から徒歩約5分)から梅林会場まで無料周遊バスが出ています。ケーブルカーに乗って、ピンク色に染まった梅林を上から眺めるのも一興です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.