用賀(東京都)

>用賀(東京都)

あしまかせ散歩道

ユニークな遊歩道をのんびり散歩 

用賀(東京都)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は世田谷自然食品本社がある東京都世田谷区用賀のまち歩きをご紹介。ユニークな仕掛けがたくさんある遊歩道、広大な広さを持つ都立公園、元気な商店街などがあり、とても過ごしやすい街なんです。用賀商店街の公式キャラクター「よっきー」による用賀の街案内も、あわせてご覧ください!

▼【よっきーの用賀紹介動画はこちらです】▼

上の再生ボタンを押すと動画が再生されます。音量にご注意ください。
※お客様の通信状況により、動画が視聴しづらい場合があります。

オススメ散策ルート

東急電鉄田園都市線 用賀駅
いらか道(用賀プロムナード)を散策

徒歩約16分
砧(きぬた)公園
バラ園

徒歩約4分
砧公園
世田谷美術館

徒歩約9分
砧公園
バードサンクチュアリ

徒歩約29分
東急電鉄田園都市線 用賀駅

徒歩約59分(4.8km)

用賀駅からいらか道(用賀プロムナード)を通って砧公園へ向かい、砧公園内の名所を散策するコースです。このほかにも砧公園内の見どころは多いので、時間は余裕をもっておくとよいでしょう。

用賀駅から、いらか道を歩く

いらか道とは、用賀駅北口から砧公園へ向かってのびる遊歩道。名前の由来は道に敷きつめられた「瓦=甍(いらか・主に屋根瓦を指す)」から。ほとんどが淡路島で作られた淡路瓦で、独特のシックさ、柔らかな雰囲気を持っています。

いらか道に沿って歩いていくと、そこかしこにユニークなオブジェを見ることができます。歩道にはせせらぎが設けられ、夏には等々力渓谷を流れる川・谷沢川の水が流れます。流れは蛇行したり、橋がかけられていたり……子どもたちが水遊びをするほほ笑ましい光景が見られます。

周辺にはチェスの駒と盤を模した仕掛けや、木製のベンチ、石壁で囲われた勉強スペースのような場所も!動画でも、チェスの盤ではよっきーが楽しそうに遊んでいますね。
天気のいい日にはお弁当を広げる人、のんびり読書を楽しむ人など、いらか道一帯は近隣住民の憩いの場なんです。

いらか道を歩いていると、百人一首が刻まれた路面を見つけることができます。1首目から順番にならんでおり、100首目までたどって進んでいくと、通りの向こうに目的地「砧公園」が現れます。
「用賀駅から砧公園までの20分ほどの道のりを、飽きずにワクワク歩いてもらうには……」という目的でつくられたのだそう。動画ではよっきーもたくさん見つけていますね。30年以上前に竣工されたと聞くと、こんな革新的な発想がその時代に!と驚かされます。

砧公園の見どころピックアップ

砧公園は、もともとは都営のゴルフ場でしたが、昭和32年に「家族で楽しめる公園」をテーマに造成され、開園しました。桜の名所として有名で、春にはファミリーパークに植えられた約930本の桜が咲き誇ります。40万平方メートル弱という広大な敷地を持つ砧公園のなかで、特におすすめしたい見どころをご紹介します。

砧公園の四季を楽しむ 初夏と秋はバラが見ごろ

桜で有名な砧公園ですが、そのほかにも四季折々に咲く花々や樹木たちが、一年を通して訪れる人の目を楽しませてくれます。おすすめしたいのが、華やかな香りを周囲に漂わせるバラ園。見ごろは5月下旬と10月中旬です。24品種・約270株が育てられており、イベント「バラを観る会」の日は普段閉鎖されているバラ園が開放されます。いつもはあまり触れる機会のないバラの世界を心ゆくまで堪能できますよ。
※参加料は無料。日程は公式HPをご確認ください。

■砧公園
所在地:東京都世田谷区砧公園1-1
開館時間・休館日:常時開園
入園料:無料(一部有料施設あり)
※サービスセンター及び各施設は年末年始は休業となります。
※営業時間等はサービスセンターへお問い合わせください。
(電話:03-3700-0414 / 8:30〜17:30 / 年末年始休業(12/29〜1/3))

自然のなかのミュージアム「世田谷美術館」

世田谷美術館は、砧公園の中の緑豊かな一角に位置します。美術館にはライブラリーや、ミュージアムショップのほか、レストランやカフェも併設されています。
先史美術から現代美術まで幅広い企画展が行われる美術館として知られ、創作実技の講座やワークショップなど多角的に芸術を楽しむプログラムも実施。2017年7月2日(日)までは、アメリカを代表する絵本作家の原画・作品を約160点展示した『エリック・カール展』を開催しています。
※2017年7月3日(月)~2018年1月12日(金)まで、改修工事のため閉館します。

多様な野鳥に出会える「バードサンクチュアリ」

「バードサンクチュアリ」は野鳥観察ができる施設。東京23区内とは思えないほど多様な野鳥に出会えるため、土日には多くの野鳥ファンが訪れます。保護区の中には野鳥が集えるよう池や湿地の植物があり、樹林を柵で囲っています。
少し離れた観察台から、野鳥の様子を観察。小さな小窓がしつらえられているので、そこからそーっとのぞいてみてください。カルガモやメジロ、オオルリなどの野鳥が羽を休めている様子はなんともかわいらしく、自然と顔がほころんでしまいます。

散策が楽しくなるいらか道は、遊び心たっぷりのスポット。砧公園の芝生は、都内ではなかなかお目にかかれない広さです。歩き疲れたらちょっと芝生でひとやすみ。お腹がすいたら園内には売店やレストランがあります。東京23区内でのんびりしたいなと思ったら、足を運んでみてくださいね。

※掲載されている情報は平成29年5月現在のものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.