端午の節句

>端午の節句

日本の伝統文化

柏餅や菖蒲(しょうぶ)湯、子どもの健やかな成長を願って

端午の節句

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月5日は「こどもの日」であり、「端午の節句」でもあります。「こどもの日」とは、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として、昭和23年に国民の休日に制定されました。「端午の節句」とは、ずっと昔からある風習です。今回は端午の節句の由来と、菖蒲湯、ちまきや柏餅でお祝いをする意味などをご紹介します。

端午の節句は女性の日だった!?

男の子の健やかな成長と立身出世を願う、「端午の節句」。もともとは古代中国の邪気払いの風習と、日本古来の伝統行事「五月忌み」が結びついたものだったとされています。

中国における5月は、雨季がはじまり病気や厄災が訪れる悪月(あくげつ)とされ、お払いが必要な月。また、月と日の数が重なる日は邪気を払う日とされていたため、5月5日は薬草を摘み、菖蒲を煎じて飲んだり、菖蒲を漬けたお酒を飲むなど、厄払いをする日だったようです。現在も厄除けの菖蒲酒や、ちまきや柏餅をいただく習慣が残っているそう。

また、5月の日本は田植えのシーズン。この時期には若い女性たちが神社などにこもって体を清め、田植えという神聖な行事に備える「5月忌み」という伝統行事がありました。

この2つの習慣が融合して、田植えの前に女性たちが菖蒲で体を清めて邪気を払う儀式となったのが、飛鳥時代の日本に生まれた「菖蒲の節句」で、これが「端午の節句」のはじまりです。

菖蒲の節句が男の子のためのお祭りに変わっていったのは、武士の力が強くなった平安から鎌倉時代のころ。菖蒲が尚武(しょうぶ:武事・軍事を重んじること)に通じること、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから男子の節句となり、江戸時代の公式行事となったのです。

端午の節句に欠かせない「柏餅」

柏餅を食べるようになったのは、男子の節句として祝うようになってからのこと。柏餅をくるむ柏の葉は冬になっても落ちることがなく、新芽が出るまで落葉しないという特徴があります。葉が途絶えることがないことから「跡継ぎが絶えない、子孫繁栄」に結びついて、跡継ぎを重要視する武家の多かった江戸を中心に柏餅が広がっていきました。

柏の葉が自生していない西の地方では、サルトリイバラという別の植物の葉を使うところもあります。サルトリイバラは別名「山帰来(さんきらい)」「ガメ」ともいい、この葉で作った柏餅は「さんきらい餅、さんきら餅」や「ガメの葉餅」とも呼ばれています。

菖蒲湯で邪気払い

端午の節句は「菖蒲の節句」とも呼ばれていたように、本来は菖蒲を用いた厄払いの行事です。
菖蒲の香りは邪気を払うと言い伝えられ、菖蒲湯のほか、前述した菖蒲を漬けたお酒や、菖蒲の束を軒先に吊るす、菖蒲を編んで枕にするなど、さまざまな邪気払いの方法に用いられました。

この菖蒲の葉の香りの素となる成分はアザロン、オイゲノールといった香り成分で、血行促進、疲労回復などの効果が期待できます。菖蒲をお風呂に入れるのは、単に縁起がいいだけでなく、昔の人々が発見した健康の知恵でもあるのです。
葉よりもさらに香りの強い根の部分を乾燥させた「菖蒲根(しょうぶこん)」は、健胃や鎮痛の生薬として、古来より用いられています。

ちなみに菖蒲湯に使用する菖蒲は、青や紫の美しい花をつける花菖蒲とは別の植物です。花菖蒲とあやめはどちらもアヤメ科ですが、菖蒲湯の菖蒲はサトイモ科ショウブ属。菖蒲と書いて「あやめ」とも読むので、ちょっとややこしいですね。

端午の節句は江戸時代から男子の行事ですから、現代でも5月5日には兜や武者人形が飾られます。子どもたちと一緒に柏餅や菖蒲湯を楽しみながら、その由来や健康と成長を願う気持ちも子どもたちへ伝えていきたいものですね。

端午の節句といえばもうひとつ、鯉のぼりも欠かせませんね!鯉のぼりの由来や鯉のぼりのお祭りなどは、こちらで紹介しています。

「大空にはためく、力強いこいのぼりは壮観!「こいのぼり祭り」特集」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.