「賀正」

>「賀正」

間違いやすい日本語

年賀状の賀詞の正しい使い方は?

「賀正」

このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月の楽しみのひとつ、年賀状。友人知人から新年を祝う言葉が届くのはうれしいものです。ところで、年賀状で用いられる「賀正」という言葉。実は使い方を間違うと失礼にあたる場合があるのをご存じですか?
今回は、賀正をはじめとした、賀詞(がし)の正しい使い方をご紹介します。

「賀正」は誰に送っていい言葉?

お祝いの気持ちを表す言葉を「賀詞」といいます。年賀状の書き出しの挨拶に用いる「賀詞」には、賀正をはじめ、謹賀新年、恭賀新年、敬頌新禧(けいしょうしんき)、迎春、初春、寿、福など、多くの種類があり、「あけましておめでとうございます」や「新春のお慶びを申し上げます」も賀詞です。

賀詞のなかでもよく使う「賀正」は、どういう意味なのでしょう。
「賀」は「加える」+金銭・財貨の意味の「貝」の組み合わせでできており、「財貨や言葉を人に贈り祝う」という意味の漢字です。そして「正」は正月のこと。つまり、賀正は「正月を祝う」という意味なのです。

それでは、「賀正」と書いた年賀状、送っていい相手は次のうち誰でしょう?

1:目上の人
2:目下の人・友人
3:相手を選ばず使える

答えは、「2」です。「賀正」は、実は目上の人に使うと失礼にあたります。
一方、「謹賀新年」は、目上の人にも、目下の人や友人に使っても問題ない言葉です。たくさんある賀詞、いったいどのように使い分ければいいのでしょうか。

目上の人には「謹・恭・敬」などで敬意を表す

目上の人には基本的に四文字の賀詞を使うのがよく、使ってはいけないのは寿・福・春など一文字の賀詞、賀正・迎春・初春など二文字の賀詞と覚えておくとよいでしょう。これは、目上の人への年賀状には、「謹んで」や「恭しく」といった、敬意を表したり、へりくだった意味の言葉を使うものとされているためです。

例:
・謹賀新年(謹んで新年をお祝いいたします)
・恭賀新年(うやうやしく新年をお祝いいたします)
・敬頌新禧(けいしょうしんき・うやうやしく新年の慶びをおたたえ申し上げます)

また、四文字の賀詞ではなく文章で挨拶する際は「謹んで新春のお慶びを申し上げます」のような書き方をするとよいでしょう。
一方、「賀正」は正月をお祝いします、というだけで、敬意やへりくだりのニュアンスはありません。「寿」や「福」、「迎春(新年を迎える)」「初春(新しい年)」なども同様です。

年賀状の印刷で気をつけるべきことは?

一昔前には、一人ひとりにあてて手書きしていた年賀状。宛名を見ながら、目上の人や友人へと書き分けできたものですが、近年は家庭用のパソコンやプリンターの普及もあって、宛名を書く表面も、新年の挨拶を記す裏面も、ともに印刷で仕上げる人が多くなりました。
特に、簡単に好みのデザインを選べるようになったことで、うっかりすると、目上の人に一文字・二文字の賀詞がデザインされた年賀状を送ってしまう、なんて失敗も考えられます。

基本的には、目上の人用と、目下・友人用の年賀状は作り分けるのがおすすめです。作り分けられない場合は、目上の人用の賀詞を選ぶか、相手を選ばないとされる「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「新春のお慶びを申し上げます」などを使うとよいでしょう。

年賀状にはほかにも、「去年」は離別を連想させる「去る」という字が入っているため、「昨年」・「旧年」を使うようにする、賀詞や年号を重複させない、といったマナーがあります。毎年書くものですから、知っておくとよいですね。
とはいえ、マナーより何より大切なのは、年賀状に相手の佳き年を願う気持ちをこめること。心からの幸せを願う一枚が、相手に新年最初の笑顔をもたらすことでしょう。

つづられている近況報告に時の流れを感じるひとときは、いつまでも大切にしたい日本の文化ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭に戻る

Copyright ©. All rights reserved.