散策|堂平山・笠山コース(埼玉県) 3つの峠を越える、外秩父ハイキングの代表的コース

散策|堂平山・笠山コース(埼玉県) 3つの峠を越える、外秩父ハイキングの代表的コース


埼玉県の西部に位置する外秩父はなだらかな山地で、多くのハイキングコースが通っています。バスで登山口まで行ける気軽さで、ハイカーからも人気のスポット。今回のハイキングコースは剣ヶ峰(けんがみね)、堂平山(どうだいらさん)、笠山(かさやま)の3つの頂を目指す外秩父の代表的なコースです。最後は訪れた記念を形にして持ち帰ることができる、伝統の手漉き和紙づくりの体験もおすすめです。(画像は堂平山から見た笠山)

画像提供:ときがわ町産業観光課

オススメハイキングルート

東武鉄道東上本線
小川町(おがわまち)駅

バス約30分
白石車庫バス停

徒歩約60分
白石峠(しらいしとうげ)

徒歩約15分
剣ヶ峰(けんがみね)山頂

徒歩約20分
堂平山山頂

徒歩約15分
笠山峠(かさやまとうげ)

徒歩約25分
笠山山頂

徒歩約40分
萩平分岐(はぎだいらぶんき)

徒歩約60分
東秩父村(ひがしちちぶむら)「和紙の里」

バス約17分
小川町駅

徒歩約3時間55分(約11km)

小川町駅から登山口に入り、白石峠へ

東武鉄道東上本線小川町駅に着いたら、白石車庫行きバスに乗って30分。終点の白石車庫で降ります。白石車庫は自販機やお手洗い、小休憩できる場所やお蕎麦屋さんもあります。荷物の点検や飲料水の補給などは、ここでしっかりしておきましょう。

のどかな山村の景色を眺めながら川沿いの道を歩き、舗装路の道が土の道になった辺りから登山道がはじまります。さらに林道を歩くと道が開け、複数の舗装路に当たります。ここが白石峠です。

白石峠から剣ヶ峰山頂、堂平山の頂上でランチ

画像提供:ときがわ町産業観光課

白石峠の東側にある登山道へ入ると、15分ほどで剣ヶ峰山頂(標高876m)に到着します。電波塔が建っている山頂で小休止したら、堂平山(標高 875.9m)に向かいましょう!

画像提供:ときがわ町産業観光課

剣ヶ峰山頂から木の階段を少し下り、登山道にそって堂平山へ。舗装路と登山道が交互に続く道をしばらく行くと、ドーム型の建物が見えてきます。これが堂平天文台(上画像)で、堂平山山頂の目印です。
堂平山の山頂は展望が素晴らしく、スペースも広いので、ぜひここでお昼ご飯にしたいところ。雲取山(くもとりやま)、奥多摩、谷川連峰も一望。さらに関東平野の方向に目を向けると、東京のビル群がはるか遠くに。空気が澄んでいると東京スカイツリーも見えますよ。

堂平山から笠山峠、笠山山頂へ

画像提供:東秩父村役場

ゆっくり休んだら笠山方面の登山道を進み、15分ほどで笠山峠に着きます。笠山峠の少し先には白石方面へ行く短いルートがあるので、もしもの時や時間をかけずに下山したい場合などには、こちらを使って下山することも可能です。

画像提供:東秩父村役場

笠山峠からさらに歩くこと約25分。急な登り坂が続くのでちょっと大変ですが、これを超えれば笠山山頂!山頂の北側は展望が開けているので、景色を眺めながら少し休憩しましょう。この先5分ほどのところにある笠山神社は、雨乞いにご利益があるそう。時間に余裕があれば訪れてみるのもおすすめです。

笠山山頂から萩平分岐へ、東秩父村「和紙の里」

画像提供:東秩父村役場

さあ、いよいよ下山です!萩平方面へ向かう際の下り坂は、途中からツルツルした赤土の道があります。滑りやすいので注意してください。萩平の分岐からは舗装路で交通量が少ない道ですが、それでも車が通ることがあります。里山の風景を楽しみつつ、車の往来にもご注意を。

画像提供:東秩父村役場

萩平を進むとバス停「和紙の里」があり、その前にあるのが今回の最後のスポット東秩父村「和紙の里」です。こちらでは伝統の手漉き和紙を用いたお土産品や、特産品の直売、食堂などを利用できます。ぜひお試しいただきたいのが、手漉き和紙体験(有料)。周辺で採取した草花を閉じ込めた和紙は、縦走を成し遂げた日のよい記念となります。ハガキサイズから受け付けているので、気軽にチャレンジしてみてください。

東秩父村 和紙の里
所在地:埼玉県秩父郡東秩父村大字御堂441
営業時間:9:00~16:00(体験は15:00まで)
定休日:12月29日~1月3日

外秩父の縦走コースは堂平山と笠山からの眺めが素晴らしく、適度なアップダウンがあるので、「登山なら何度か経験がある」という方のステップアップにおすすめ。ハイキングの出発点である小川町は酒造や和紙製造で栄えた町で、今も割烹旅館や酒蔵など立派な建物が残っています。小川町名物のうなぎで英気を養って、もうひと散策してみてはいかがでしょうか。

※掲載されている情報は平成29年5月現在のものです。

せたがや日和のおすすめ!


  • 特集 せたがや相談室 第1回「クーラー病とその対策」

最新の投稿





せたがや相談室~夏疲れを癒やす食事や習慣~|第2回「夏バテになりやすい体質とは? 中医学で考える夏バテ対処法」

せたがや相談室~夏疲れを癒やす食事や習慣~|第2回「夏バテになりやすい体質とは? 中医学で考える夏バテ対処法」

体調がイマイチだな、病院に行ったほうがいいのかな?ちょっとした体の不調は、なかなか人には相談できないもの。そこで今回は、薬剤師・国際中医師である中垣亜希子先生を迎え、8月のお悩みテーマ「夏バテ」について、皆さんの質問をもとに、中医学からみた夏バテと健やかに過ごすためのアドバイスをうかがいました。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ