健康メニュー|間食を見直す ヘルシーなおやつで食べ過ぎを防ぐ!

健康メニュー|間食を見直す ヘルシーなおやつで食べ過ぎを防ぐ!

食べ過ぎが気になる時、「まず間食を減らすことから……」と考える人は少なくないはず。ところが最近では、「食べるものや食べ方次第では、間食をしたほうが食べ過ぎずにすみ、健康のためにいい」といわれはじめているのです。 今回は、いま話題の健康的な間食こと「ヘルシー・スナッキング」と、その取り入れ方についてご紹介します。


食べ過ぎが気になる時、「まず間食を減らすことから……」と考える人は少なくないはず。ところが最近では、「食べるものや食べ方次第では、間食をしたほうが食べ過ぎずにすみ、健康のためにいい」といわれはじめているのです。
今回は、いま話題の健康的な間食こと「ヘルシー・スナッキング」と、その取り入れ方についてご紹介します。

1日に何食も食べる=体に悪いとは限らない?

「1日3食、規則正しく摂るようにしましょう」というフレーズは、どなたでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。食事を抜く習慣がある人のほうが、体重が重い傾向があるとされ、特に朝食をしっかり食べることが推奨されています。
一方、1日に3食以上摂る人はどうでしょう。実は、1日に食べる回数が多い人のほうが総摂取カロリー量は少なくなり、肥満度(体格指数BMI)も低いという調査結果があるのです。
一見、食べる回数が増えると、つい食べ過ぎてしまうのではと考えがちですが、こまめに小腹が満たされるようになり、極端な空腹が原因で食べ過ぎてしまうことがなくなるということのようです。
また、食べる回数を増やすと1回の食事で摂る糖質の量が減るので、血糖値が急上昇することもなくなり、血液中の糖分を調整するホルモンであるインスリンの分泌量が減少。インスリンには体脂肪を合成するのを助ける働きもあるため、減少すれば健康にも効果あり、というわけなのです。

朝食抜きや遅い夕食などのサポートに間食を

1日の中で食べる回数を増やすことのポイントは「極端な空腹状態をなくし、急に食べ過ぎるのを防ぐ」ことにあります。この「極端な空腹」になりやすいのが、朝食を抜いたり、夕食が遅くなったりといった「食事と食事の間が長くなる」時なのです。
睡眠時間を挟むとはいえ、夕食時から翌朝までは長い時間が経っているもの。それからさらに朝食を抜いてしまうと、半日以上まったく食事を摂れないことに……!夕食も、つい「残業が終わって帰宅するまで我慢」と考えてしまいますが、昼食から深夜まで食事を摂らないと、どんどんお腹がすいてしまいます。

そこで、食事と食事の間の空腹を補うように3~4回間食を摂り、朝昼晩の食事と併せて1日6~7回食べることで、極端な空腹が避けられるという「ヘルシー・スナッキング」が注目されているのです。

ドライフルーツやナッツなど、食物繊維やたんぱく質の多い食品がおすすめ

この考え方を取り入れた食習慣が、アメリカで注目されている「ヘルシー・スナッキング」。スナッキング(間食)といっても、脂っこいスナック菓子やアイスクリームなどのいわゆる「おやつ」ではなく、健康的な食品で体に必要な栄養を取り入れながら、極端な空腹を避けていこうという考え方です。

おすすめは、ドライフルーツやナッツなど、噛む回数が多く、日頃の食事で不足しがちな食物繊維や植物性のたんぱく質、ビタミン、ミネラル類が豊富な食品です。
また、ヘルシー・スナッキングを意識して、カカオ含有量の多いチョコレートなど、健康にプラスになる成分を加えたお菓子なども増えてきているので、お買い物の際チェックしてみてはいかがでしょうか。

ただ、健康的な食品とはいえ、もちろん食べ過ぎは禁物。間食1食につき、200kcal程度までに抑えるのがポイントです。ドライフルーツやナッツなら、おおよそ片手に載るくらいの量だとされています。また、間食した分だけ、朝昼晩の食事の量や摂取カロリーも控えめにするよう心がけましょう。

適度な間食を摂ることは仕事や家事の間の気分転換にもなるので、上手に生活へ取り入れて、健康的な体を手に入れてくださいね。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト