健康法|「つま先立ち・つま先歩き」 自分の自然な姿勢を知り、体の無理を減らそう

健康法|「つま先立ち・つま先歩き」 自分の自然な姿勢を知り、体の無理を減らそう


つま先立ちはトレーニングやダイエットの手段だと思われがちですが、それだけではありません。つま先立ちは、姿勢を正して体の負担を減らし、疲れにくくするためにも有効な方法なのです。今回は、自分の姿勢を見直すための「つま先立ち・つま先歩き」についてご紹介します。

つま先立ちは自分の自然な姿勢を知るきっかけに

つま先立ちをするにあたって重要なことは、足先まで意識しながら、余計な力を入れず自然に立つ状態をつくることです。その状態が維持できていれば、かかとを降ろした時にも、バランスが取れていて余計な力の入らない「自分にとって最も自然な姿勢」で立つことができます。
この自然な姿勢、つまり安定していて持続しやすい姿勢を知ることで、体に負担がかかりにくくなり、体の能力を効率よく使えるようになります。姿勢を正すことでより楽に、快適に過ごせるようになるというわけです。

姿勢を確かめる!つま先立ちの手順

まずは下の手順に沿ってつま先立ちをし、自分の「自然な姿勢」を見つけましょう。

上体を動かさないで足踏みできる左右の足幅を見つける

鏡の前で、軽く足踏みをしながら、上体を揺らさず楽に足踏みできる足幅を探っていきましょう。上体が力んで反っていたり、猫背になっていないかも確かめてください。

正面を向き、体に力を入れずにつま先立ちをする

どのくらいかかとが上がるかは、体力によっても違ってきます。無理をせず、体が安定しない場合は壁に軽く手をついたり、体の真横に椅子の背もたれがくるように置き、背もたれに手をついて支えながらやってみましょう。ただし、体重をかけ過ぎないように気をつけてください。

ゆっくりとかかとを降ろしていく

ここでは運動が目的ではありませんので、つま先立ちが安定したらすぐにかかとを降ろしてもOK。最初の手順から2~3回つま先立ちを繰り返して、安定する姿勢を見つけていきます。かかとを降ろしていても、つま先まで意識が通っている感覚をつかみましょう。

「自然な姿勢」の感覚がつかめてきたら、鏡のないところでもつま先立ちに挑戦してみましょう。毎日家事をする前、歩き始める前など、体を動かす前の準備として取り入れるのがおすすめです。

つま先立ちに慣れてきたら歩いてみよう

つま先立ちに慣れて余裕が出てきたら、自然なつま先立ちの姿勢を保ったまま歩く「つま先歩き」に挑戦してみましょう。足の親指側で床をつかむようにするのがポイントです。
トレーニング法としても知られている通り、つま先歩きをすると足の筋肉が鍛えられることでヒップアップにもつながり、血液やリンパの循環する力が高まるため、冷え性改善も期待できます。
また、つま先まで意識が通っている感覚をよりはっきりとつかみ、体全体のバランスを取る力をつけるためにも、つま先歩きはおすすめです。そうすることで、日常生活の中でもさらに体に負担がかかりにくくなり、体の能力を効率よく使えるようになっていきます。
ただし、無理につま先歩きを続けるのは転倒などを引き起こしかねないため、やり過ぎにはご注意を。長くても1回あたり数分程度にしましょう。

生活の中でも自然な姿勢を意識して

つま先立ちやつま先歩きで得た「自然な姿勢」の感覚は、日常生活の中でもぜひ生かしたいもの。ポイントは、ついつい無理な姿勢を取ってしまいがちな場面であっても、体全体の自然な動きを優先することです。

遠くのものの取り方

その場に立ったまま無理な姿勢で手を伸ばすのではなく、自然な姿勢で無理なく取れるところまで、体ごと近づくようにしましょう。

掃除機の持ち方

腰をかがめず、自然な姿勢のまま持てる位置に構えて、その姿勢のまま移動しましょう。掃除機の先に余計な力をかけないようにします。

洗濯物の干し方

高いところへ手を伸ばして干すのではなく、踏み台などを使って無理なく干せる体勢をつくります。洗濯かごも、床に置くより台などに置いて、無理なく取れるようにするといいでしょう。

思い立ったらすぐ実践できるつま先立ち。感覚をつかむために、まずは裸足でやってみるのがおすすめです。ただ、靴を履いていても効果はあるので、日常のさまざまな場面に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


健康習慣|座りっぱなしのあなたに、腰にやさしい座り方

健康習慣|座りっぱなしのあなたに、腰にやさしい座り方

重いものを持ち上げたり、過度な運動をしたりすると引き起こされることがある腰痛。しかし、これらの行動をしていなくても、普段の生活に腰痛の原因は潜んでいます。仕事中をはじめとして、通勤・帰宅時の公共交通機関や自宅で過ごす時間など、座っている時間が長いと腰へ負担がかかり、腰痛になることもあるのです。そこで今回は、腰痛を起こさない正しい座り方についてご紹介します。


健康習慣|気軽さトップの運動! 「散歩」の効果を見直す

健康習慣|気軽さトップの運動! 「散歩」の効果を見直す

ジョギングやウォーキングは、日常生活で実行しやすい運動として知られています。これらはどちらかというと運動と意識して行うものですが、「散歩」はあまり運動と意識しなくても体を動かせます。心身ともにいい影響を得られ、簡単に続けられる、おすすめの健康習慣です。今回は、散歩に期待できる効果について、時間帯ごとにご紹介していきます。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト