間違いやすい日本語|「袖振り合うもたしょうの縁」「役不足」 漢字を覚えたい言葉と誤解を生みやすい言葉

間違いやすい日本語|「袖振り合うもたしょうの縁」「役不足」 漢字を覚えたい言葉と誤解を生みやすい言葉


日本の古くからのことわざは、知ってはいるものの音で覚えているため、いざ漢字で書くとなると難しい言葉もあります。今回は、そんな漢字で書くときに間違えやすいことわざをご紹介します。また、あまりに多くの人が誤った意味でとらえているので誤解されないように注意したい言葉もご紹介していきます。

漢字で正しく書けますか?「袖振り合うもたしょうの縁」

ことわざのひとつ、「袖振り合うもたしょうの縁」。知らない人と偶然に袖が触れ合うようなちょっとした出会いも、前世からの因縁によって起きるという意味です。

問. さて、この「たしょう」は漢字でどのように書くでしょうか?
1. 多少
2. 多生



答えは、2の「多生」。「ちょっとした出会い」という意味で「多少」の漢字をあてると、間違われた方もいるのではないでしょうか。「他生」では?と思われた方もいるかもしれません。この書き方については、後ほど説明します。

「多生」とは見慣れない言葉ですね。この言葉、実は仏教用語なのです。「多生」は「何度も生まれ変わること」をいいます。仏教では、人はこの世に生まれ出るまで、六道輪廻(ろくどうりんね)を繰り返すという教えを説いています。六道は、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道を指し、輪廻とは廻る輪のように生まれ変わりを繰り返すことをいいます。こうして多くの生を経る間に、前世で結んだ因縁を「多生の縁」というわけです。

また、「多生の縁」は「他生の縁」と書くこともあります。「他生」も仏教用語で、前世と来世とのことです。「他生」と書くのは俗用とされていて、容認されてはいるものの、正しい書き方としては「多生」と覚えておくほうがよいでしょう。

人と人との縁は偶然ではなく、前世からの深い因縁によって起こる、というこのことわざ。もう一歩踏み込むと、「だから、どんな出会いも、大切にしなければならない」という教えにつながります。人と人のつながりを考えさせてくれることわざ、ときどき思い返してみてはいかがでしょうか。

そうとうの自信家、と誤解されないように!「役不足」

問. 「彼には役不足の仕事だ。」という場合、「役不足」はどのような意味でしょうか?
1. 本人の力量に対して役目が重すぎること
2. 本人の力量に対して役目が軽すぎること



これは平成24年度の「国語に関する世論調査」で出された問題です。1は、「彼の力量では、その仕事は重荷すぎる」、2は「彼ほどの力量の人に、その仕事は軽すぎる」という意味で、「もったいない」「失礼では」といったニュアンスを含んでいます。どちらも力量と仕事のバランスが悪いといっているのですが、意味は反対ですね。

答えは、2の「本人の力量に対して役目が軽すぎること」。役不足とは、「役」のほうが「不足」なこと。つまり、役目が不相応に軽いことをいいます。誤用されることの多い言葉で、平成24年度の「国語に関する世論調査」での正答率はなんと41.6%。誤答した人のほうが51.0%と多かったのです。

この言葉、うっかり間違えて使うと、とんでもない誤解を招くことになりかねません。例えば、「あなたに私の後任として、店長を任せたい」といわれた場合、(とてもそんな大役は務まらない)と思って、「私には役不足です」と間違えて答えてしまったら……。相手からすると、「自分には店長なんて仕事は役目が軽すぎる」といっているようなものですから、そうとうの自信家に見られてしまいます!使い方を間違わないためにも、「役不足」と反対の言葉として「力不足」を覚えておきましょう。この場合は「私では、力不足です」と答えれば正しく意図が伝わりますね。

また、相手を褒めるつもりで、「これまでやってもらっていた仕事は君には役不足と思ったから、〇〇さんに任せることにしたよ」といった場合、相手が正しく意味を知っていないと、自分への評価が低いのでは……と誤解してしまうかもしれません。多くの人が意味を間違えてとらえている言葉ですから、使い方には気をつけないといけませんね。

最新の投稿



せたがや相談室~体を温める食事~|第4回 体も心も温める食生活の送り方

せたがや相談室~体を温める食事~|第4回 体も心も温める食生活の送り方

朝晩冷え込む季節になると、気になってくるのが体を温める食事。体を温めることには、疲れにくくなる、風邪をひきにくくなるなど、さまざまな効果があるといわれています。そこで今回は、栄養士・国際薬膳食育師特級師範・食育インストラクター1級の阿部富美先生を迎え、10月のお悩みテーマ「体を温める食事」について、みなさんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。





せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ