散策|利尻島(北海道)北海道最北!大自然が色濃く残る昆布の島

散策|利尻島(北海道)北海道最北!大自然が色濃く残る昆布の島


北海道最北端の稚内から西へ約52キロメートル。利尻島は、日本百名山のひとつ・利尻山をはじめ、原生林や高山植物などの大自然が色濃く残る島です。そして忘れてはならないのが、島内で1番の特産物であり国内屈指の高級食材・利尻昆布。今回はそんな利尻島の中でも、島内北部の沓形(くつがた)エリアに絞り、おすすめの観光スポットをご紹介します。

自然美あふれる利尻島

利尻島は、北海道内最北端の稚内から西に位置する円形状の島です。アクセスは稚内港から出航しているフェリー。約1時間40分で島に到着します。

島の中央にそびえ立つのは、島のシンボル・利尻山。日本百名山のひとつとして数えられるこの山は、標高1721メートル、その雄大な姿から別名「利尻富士」とも称される名峰です。この山を中心に、高山植物や湿原、美しい沼などが島全体に色濃く存在しています。

利尻富士の登山のほか、高山植物のお花畑や湿原のトレッキングは、春から夏が最盛期。また、この時期は島内名産の昆布やウニを求めて多くの観光客が訪れます。

漁業の暮らしと自然の恵みを体感できる沓形エリア

島内西部に位置する沓形エリアには、自然を利用したレジャー施設や商業施設、体験スポットが点在しています。ここでは、観光でぜひ訪れたいおすすめスポットをいくつかご紹介します。

利尻町森林公園

利尻町の自然を身近に体験できる森林公園。そのままの自然を活かした遊歩道を歩きながら、野鳥のさえずりや森の新鮮な空気を体感できます。公園内にはテントサイト、炊事場、管理棟、バンガロー、バーベキュー施設などを完備したキャンプ場もあります。

利尻町森林公園
所在地:北海道利尻郡利尻町沓形字富野
電話番号:0163-84-2345(利尻町建設課)

利尻 島の駅

利尻島で最も古い、築120年の海鮮問屋「渡辺商店」の母屋と石蔵を再利用した、島のコミュニティスペース。こちらのカフェでは、利尻昆布を使った昆布茶や料理、美味しい湧き水・麗峰湧水を利用したコーヒーなどを味わうことができます。

ほかにも「ギャラリースペース」では海鮮問屋時代に使われていた船箪笥(ふなだんす)など、貴重な暮らしの道具が見学できたり、押し花のように海藻を使ってしおりやハガキ、キーホルダーが作れる「海藻押し葉体験」も行っています。

利尻 島の駅
所在地:北海道利尻郡利尻町沓形字本町53-1
電話番号:0163-84-2514
営業時間:9:00~20:00※冬季は時間変更あり
定休日:無休(夏季)、土日・ほか不定休(冬季)

神居海岸パーク

体験型レジャー施設。こちらではさまざまな体験ができるとあって観光客に人気です。

中でも、漁師と同じ方法でチャレンジできる「ウニ採り体験」は、ハコメガネを使って採る本格派。採れたウニはその場で割って食べてもよし、同施設内の売店で販売している「うに軍艦の土台」に乗せて“自家製ウニ軍艦”を味わうもよし。自分で採った採れたてのウニの味は格別です。

また、最高級昆布の利尻昆布を加工してお土産が作れる「利尻昆布お土産づくり体験」もおすすめです。

神井海岸パーク
所在地:北海道利尻郡利尻町沓形字神居149-2
電話番号:090-6994-2255
営業期間:6月1日~9月30日
営業時間:9:00~16:00
定休日:無休
料金:ウニとり体験1個1,000円 (税込)、利尻昆布お土産づくり体験1,500円(税込)※体験開始時間あり。詳細は要問い合わせ

天然温泉 利尻ふれあい温泉

町が運営する「ホテル利尻」の温泉。国内トップクラスの炭酸水素を含む湯は、空気に触れると茶褐色に色が変化することから「金の湯」と呼ばれ、また入浴後は肌がすべすべになるため「美肌の湯」としても知られています。

露天風呂のシーズンは、日本海に沈む夕日や満点の星空を眺めながらの入浴が人気。宿泊も日帰り入浴も可能です。

天然温泉 利尻ふれあい温泉
所在地:北海道利尻郡利尻町沓形字富士見町90
電話番号:0163-84-2001(利尻町営ホテル利尻)
営業期間:通年(露天風呂は5~10月)
営業時間:13:00~21:00(受付~20:30)
料金:大人550円、子供200円

見返台園地

利尻山が見える展望は6つあり、そのうち利尻山に最も近いのは見返台園地です。標高500メートルに位置する利尻山の5合目にある、山麓を一望できる展望台。車と徒歩でアクセスが可能です。ここからは利尻山と、そのすそ野の見事な森林地帯を見下ろすことができます。その向こうには日本海の景色。島内でも屈指の景勝地として地元の人にも愛されています。

見返台園地
所在地:北海道利尻郡利尻町沓形国有林内
電話番号:0163-84-3622(利尻町観光協会)
営業期間:5月中旬~10月中旬

利尻島まで足を伸ばしてみよう

北海道内はグルメもレジャーも、遊びも盛りだくさんの一大スポット。定番の観光に加えて、離島・利尻島で一味違った観光を楽しんでみませんか?きっと新たな発見が待っていますよ。

※掲載されている情報は平成30年7月現在のものです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ