散策|仙石原(神奈川県) まるで映画のヒロイン気分 眼前に広がるススキ野原を見に行こう

散策|仙石原(神奈川県) まるで映画のヒロイン気分 眼前に広がるススキ野原を見に行こう


神奈川県・箱根地方に広がる高原「仙石原」。この場所はススキ野原の絶景が見られ有名な景勝地です。特に見頃を迎える秋は、その眺望を一目見ようと多くの観光客が集まります。今回はそんな仙石原のススキ野原のほか、周囲の観光スポットもあわせてご紹介します。

神奈川県の高原・仙石原

神奈川県西部、静岡県との県境にある仙石原地域。すぐ南には箱根山、その麓に箱根温泉や芦ノ湖があります。そして東側には温泉で有名な強羅地域が広がるなど、このあたり一帯が人気の観光地として知られています。

標高650メートルに位置する仙石原は、「かながわの景勝50選」「かながわの花100選」のひとつに選ばれている景勝地。箱根山の外輪山・台ヶ岳の斜面にある高原で、遠くに金時山や丸岳、乙女峠などを望みます。

見渡す限りススキ野原!仙石原は秋が見頃

仙石原を訪れるなら断然秋がおすすめです。このあたり一帯がススキの群生地であるため、秋を迎えると、草原がススキ野原に大変身。

見頃は10月ごろ。秋らしい抜けるような青空の下、黄金色に染まったススキが風にゆられてそよぐ様子は、まるで映画のワンシーンを見ているかのよう。
童心に返って野原を駆け回りたくなるほど、どこか懐かしい風景が広がります。

アクセスは、箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)で約30分、バス停「仙石高原」で下車。または新宿駅から小田急箱根高速バス「仙石高原」バス停下車すぐ。

ススキ草原
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
電話番号:0460-85-5700(箱根町観光協会)

秋の植物を見にいこう「箱根湿生花園」

約30,000ヘクタールもの広大な敷地に、川や湖沼などの湿地帯に分布する植物が展示されている植物園。
低地から高山に至るまで生育する約200種のほか、草原や林などの植物1,100種、外国の山草約1,700種と、見学するには1日で足りないほどの植物を見ることができます。

「どんな植物があるか、どんな花が咲いているか知りたい」という方は、専属ガイドの「園内散歩」を利用しましょう。園内を知り尽くした専門のスタッフがガイドしてくれます。

9月~11月にかけて、リンドウやススキ、ミズトラノオ、ワレモコウといった花々が見頃を迎えます。霜が降りる11月は、草が紅葉する「草紅葉(くさもみじ)」も目にすることができるでしょう。

箱根湿生花園
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
電話番号:0460-84-7293
開園期間:3月1日~11月30日
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
入園料:大人700円、小学生400円

まるで夢の世界!「箱根ガラスの森美術館」

ちょっと変わった美術館が多いのも仙石原ならではです。
箱根ガラスの森美術館は、日本で初めてヴェネチアン・グラスを専門に扱った文化施設。ヨーロッパの貴族たちが夢中になったという、15世紀から19世紀にかけてのヴェネチアン・グラスを見学できます。

また、リヴィオ・セグーゾ、デイル・チフーリなど、20世紀以降の現代ガラス作家による貴重な作品も展示しています。中には、パブロ・ピカソや、マルク・シャガール、ジャン・コクトーら世界的な芸術家と共作したガラス彫刻もあり、価値の高い所蔵品に感動することでしょう。

庭園には16万粒のクリスタルガラスで作られたアーチ「光の回廊」が。日の光を受けて表情豊かに輝くアーチは、美術館の入り口へ続く橋で見ることができます。

箱根ガラスの森美術館
所在地:神奈川県足下郡箱根町仙石原940-48
電話番号:0460-86-3111
営業時間:10:00~17:30(最終入館17:00)
入館料:大人1,500円、小中生600円

仙石原は、豊かな自然と芸術が織りなす町。「実り豊かな秋」「芸術の秋」に、足を運んでみませんか?

※掲載されている情報は平成30年8月現在のものです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ