間違いやすい日本語|「踊る/躍る」「制作/製作」 使い分けの難しい同音異義語

間違いやすい日本語|「踊る/躍る」「制作/製作」 使い分けの難しい同音異義語


発音が同じで意味が異なる言葉を、同音異義語といいます。例えば「正確/性格」、「柿/牡蠣」、「製菓/生花/成果/聖火」などがあげられます。例にあげた言葉では、意味もそれぞれ違いますから使い分けは容易ですが、なかには、使い分けがちょっと難しい同音異義語もあります。今回はそうした言葉をご紹介します。

実は動き方に違いのある、2つの「おどる」 躍る/踊る

「躍る」と「踊る」はどちらの字も「おどる」と読みます。2つの「おどる」をどのように使い分ければいいか、わかりますか?

問. 「こおどりして喜ぶ」という一文において「おどり」はどちらの漢字を使えばいいでしょう。

1. 踊
2. 躍

答えは、2の「躍」。「こおどり」は「小躍り」と書くのが正解です。

「躍る」を使った熟語に「躍動」や「跳躍」がありますね。「躍る」とは、飛び跳ねる、跳ね上がるという意味で、英語でいえば「jump」ということ。「小躍り」は、飛び上がらんばかりに喜ぶことを意味するので、「躍る」という字を使うのです。

一方、「踊る」のほうは「舞踊」の字で使うように「音楽などに合わせて体を動かすこと」という意味で、英語でいえば「dance」となります。

この2つの同音異義語、そもそも語源を同じくする言葉同士なのです。2つの言葉の語源は、「おどる(をどる)」。もともと飛んだり跳ねたりする運動、動作を「おどる」といいました。舞踊の意味で「おどる」というようになったのは中世末期からといわれますが、当時のおどりは飛び跳ねるような動きだったそうです。語源が同じなのですから、使い分けが難しいのも当然ですね。迷ったときのヒントは漢字の部首。「躍」には「羽」がついていますね。この漢字には、羽ばたく鳥のイメージが重ねられているのです。羽のついた「躍」が「jump」、もう片方の「踊」が「dance」、と覚えておくと間違えにくくなるので、おすすめです。

作るものによって使う漢字が異なる、2つの「せいさく」 制作/製作

「制作」と「製作」。どちらも同じ読みの上に、「作る」という漢字は同じ。何を作るときに使えばいいのか、難しいものです。

問. 「このあと番組せいさくスタッフが美味しくいただきました」というときの「せいさく」は、どう書くでしょう?

1. 制作
2. 製作

答えは、1の「制作」です。では使い分け方を詳しく見ていきましょう。

「制作」は、芸術作品や演劇、映画、またテレビやラジオなどの放送番組などを作ることです。「卒業制作」や「テレビ・ラジオの番組制作会社」はどちらも「制作」の字を使います。
一方の「製作」は「製造」などの「製」の字。こちらは道具や機械などを使って物品を作ることをいいます。どちらかといえば、実用的なものを作る際に使う字です。

一般的にはこれだけわかっていれば、使い分けができるのですが、難しいのは、映画や演劇を作る過程においては、制作も製作もどちらの仕事もあることです。

まず、わかりやすいところでは、演劇・映画・テレビ番組作りにおいても、「大道具を作る」のは「製作」にあたります。これは「道具や機械などを作って物品を作る」ことなのでわかりやすいですね。

では、資金の調達や、宣伝や興行全般については、どうでしょうか。実は、映画においては、制作と製作の2つを独自に使い分けしています。
シナリオを書いたり、撮影をしたり、演出をしたり、実際の作品作りをするのが「制作」、衣装や小道具などを作るのは「製作」ですが、資金調達や宣伝には「製作」を使っているのです。例えば、アニメ映画であれば、アニメーションを作る会社は「制作」となり、その資金調達や宣伝をする出版社、テレビ局などは「製作」となります。英語では「制作」はwork、「製作」はproduction、となります。
「製作」と「制作」の使い分け方を覚えておくと、テレビや映画の舞台裏までのぞきたくなりそうですね。

最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト