せたがや相談室~体を温める食事~|第3回 ショウガや旬野菜を組み合わせる

せたがや相談室~体を温める食事~|第3回 ショウガや旬野菜を組み合わせる

朝晩冷え込む季節になると、気になってくるのが体を温める食事。体を温めることには、疲れにくくなる、風邪をひきにくくなるなど、さまざまな効果があるといわれています。そこで今回は、栄養士・国際薬膳食育師特級師範・食育インストラクター1級の阿部富美先生を迎え、10月のお悩みテーマ「体を温める食事」について、みなさんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。


今回の質問 ・ショウガはすりおろす、みじん切り、千切りなどで、その効果は違いますか?
・「ショウガは体を温めることができるので、すりおろして使いましょう」といっている方を見かけますが、実際はどうなのでしょうか。
・ショウガと体を冷やすトマトやきゅうりなどを一緒に使った場合はどうなのでしょうか。

たくさんのご応募をいただきましたが、より多くの質問にお答えするため、まとめて回答させていただきます!今回ご質問をしてくださった、ぷー様、あっきー様、野菜大好き様、ほかたくさんのご質問、ありがとうございました!

●今回担当の専門家

阿部富美 先生
栄養士免許取得。
食育インストラクター1級取得後、養成推進校に認定される。国際薬膳食育師の最高峰、特級師範を取得後、1997年に始めた料理教室が、2013年から開始された薬膳マイスター通学制制度に全国初で認定される。レシピを教えるだけの教室ではなく、「食」に関する様々な知識を指導する重要性を感じ、現在は各所で食と健康についての講演、講座を受け持つ。楽しく美味しいヘルシーレシピを学ぶ料理教室と、様々な健康と食についての事業を展開している。

ショウガを楽しみながら、上手に取り入れる方法は

質問 ・ショウガはすりおろす、みじん切り、千切りなどで、その効果は違いますか?
・「ショウガは体を温めることができるので、すりおろして使いましょう」といっている方を見かけますが、実際はどうなのでしょうか。
第2回では、「生のショウガは殺菌効果の方が強く、加熱したショウガは体を温める効果の方が強い」とお伝えしました。このように、加熱・非加熱で違いはありますが、切り方はあまり関係がありません。

消化という点でいうと、すりおろした食材は、ショウガに限らず消化されやすいです。ただ、消化のしやすさを気にするほど大量のショウガを一度に食べないでしょうし、料理に合った切り方をしていただければ充分です。

ショウガは殺菌作用や体を温めるといった効能面だけでなく、味のアクセントや隠し味としてなど、さまざまな役割をもつ頼もしい食材。おいしくもなるので、楽しみながら食べると良いでしょう。

ショウガのいろいろな使い方 適切な量で、おいしく楽しんで

次にいろいろなショウガの使い方をご紹介します。そうめんの薬味、冷奴やおさしみ、ショウガ焼き…など、代表的な使い方のほかにも、ショウガを入れるとグンとおいしくなるお料理はたくさんあります。お肉やお魚の臭みをとったり、野菜炒めにちょっと入れてみたり。また、少しすりおろしてカレーやお味噌汁にちょっとプラスしてみるのもおすすめ。入れ過ぎるとかなりスパイシーになるので、気をつけてくださいね。入れておいしい量を使うのがポイントです。

ショウガの効能だけでなく、食べておいしいですとか、調理法や切り方によって食感が変わったり…なども気にしながら試すと、楽しくなりますよ。

ショウガのほかにも、体を温める食材はたくさんあります

体を温める食材は、ショウガのほかにもたくさんあります。ひとつに注目し過ぎず、いろんな食材を食べていただいく方が、体のバランスが整いやすくなります。冬野菜で体を温めるというと、長ネギや万能ネギ、たまねぎなどのネギ類。ネギは薬味としてだけでなく、鍋の具としてたっぷり食べていただくと良いですね。

また、手足は冷えるのに顔はほてるといった部分的な冷えのある人は、体を温めるパワーが隅々までめぐらず行き届いていないということです。そういった方はショウガばかり食べても冷えは改善しない場合があります。めぐりを良くするにはショウガと組み合わせて、小豆、もやし、大根、香りの良いゆずやハーブ類などを食べるのがおすすめです。

体を冷やす・温める、どちらの食材も大切です

質問 ・ショウガと体を冷やすトマトやきゅうりなどを一緒に使った場合はどうなのでしょうか。

ショウガは体を温め、トマトやきゅうりは体を冷やします。一緒に食べると相殺されるようなイメージがあるかもしれませんが、実際には相殺されず、両方のいい所どりができます。体を温めるものだけ食べて、冷やすものは食べない…ではなく、両方食べることが大切です。

また、冬野菜の多くは体を温めてくれますが、レンコンや大根やごぼうは体を冷やす食材。実は冬野菜のなかには「不要な熱=炎症」を鎮める役割がある食材もあるのです。冬は、のどがイガイガしやすかったり、呼吸が苦しかったりなど、炎症が起こりやすい季節。たとえば、のど風邪をひいた時はレンコン汁を飲むですとか、のどがイガイガした時は大根おろしを食べるですとか、おばあちゃんの知恵がありますよね。レンコン汁や大根おろしは、薬が無い時代に食べ物の薬効を利用した、理にかなった食べ方なんです。

昨今は温めることに注目が集まっていますが、体を冷やす・温める、どちらの食材も大切。「体の調子を整える食生活」を考えると、昔からいわれている「好き嫌いせずなんでも食べなさい」というお話にたどり着きます。さまざまな旬の食材をおいしく食べるというのが、食養生の基本なのです。

次回では、冷めてもおいしいお弁当や、お惣菜を選ぶコツ、手軽な調理法など、体を温める「食生活の送り方」についてお話します。お楽しみに!

関連する投稿


せたがや相談室~体を温める食事~|第4回 体も心も温める食生活の送り方

せたがや相談室~体を温める食事~|第4回 体も心も温める食生活の送り方

朝晩冷え込む季節になると、気になってくるのが体を温める食事。体を温めることには、疲れにくくなる、風邪をひきにくくなるなど、さまざまな効果があるといわれています。そこで今回は、栄養士・国際薬膳食育師特級師範・食育インストラクター1級の阿部富美先生を迎え、10月のお悩みテーマ「体を温める食事」について、みなさんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。


せたがや相談室~体を温める食事~|第2回 体を温めるおすすめ食材とその効果

せたがや相談室~体を温める食事~|第2回 体を温めるおすすめ食材とその効果

朝晩冷え込む季節になると、気になってくるのが体を温める食事。体を温めることには、疲れにくくなる、風邪をひきにくくなるなど、さまざまな効果があるといわれています。そこで今回は、栄養士・国際薬膳食育師特級師範・食育インストラクター1級の阿部富美先生を迎え、10月のお悩みテーマ「体を温める食事」について、みなさんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。


せたがや相談室~体を温める食事~|第1回 温める前に“冷やさない”について考える

せたがや相談室~体を温める食事~|第1回 温める前に“冷やさない”について考える

朝晩冷え込む季節になると、気になってくるのが体を温める食事。体を温めることには、疲れにくくなる、風邪をひきにくくなるなど、さまざまな効果があるといわれています。そこで今回は、栄養士・国際薬膳食育師特級師範・食育インストラクター1級の阿部富美先生を迎え、10月のお悩みテーマ「体を温める食事」について、みなさんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。


せたがや相談室~睡眠~|第4回 睡眠と生活習慣~いびき、朝型・夜型~

せたがや相談室~睡眠~|第4回 睡眠と生活習慣~いびき、朝型・夜型~

寝付きが悪い、熟睡できていない、私の寝方って正しいの?人生の3分の1を占めるともいわれる睡眠は、多くの人にとっての関心事です。そこで今回は、「(一社)日本眠育普及協会」の代表であり、睡眠インストラクターとして広報活動をされている橋爪あき先生を迎え、9月のお悩みテーマ「睡眠」について、皆さんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。


せたがや相談室~睡眠~|第3回 寝付きを良くする工夫

せたがや相談室~睡眠~|第3回 寝付きを良くする工夫

寝付きが悪い、熟睡できていない、私の寝方って正しいの?人生の3分の1を占めるともいわれる睡眠は、多くの人にとっての関心事です。そこで今回は、「(一社)日本眠育普及協会」の代表であり、睡眠インストラクターとして広報活動をされている橋爪あき先生を迎え、9月のお悩みテーマ「睡眠」について、皆さんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ