間違いやすい日本語|「憮然」「したり顔」 人の様子を表す言葉

間違いやすい日本語|「憮然」「したり顔」 人の様子を表す言葉


「空気を読む」「顔色をうかがう」という言葉があるように、日本には、人の挙動や表情から思いを読み取る文化があります。そのためでしょうか、人の様子を表す言葉も数多く存在します。しかし、動作やその意味するところを間違えてとらえていることも実は少なくありません。今回は、そうした人の様子を表す、間違えやすい言葉をご紹介します。

怒っている?がっかりしている? 「憮然」

「憮然としてため息をついた」「憮然としながら立ち去った」という一文、いったいどういう気持ちなのかわかりますか?

問. 「憮然」とはどういう様子を表した言葉でしょう?

1. 失望してぼんやりとしている様子
2. 腹を立てている様子

正解は1の「失望してぼんやりとしている様子」です。「憮然」は、失望、落胆して、どうすることもできないさまやぼんやりしている様、意外なことに驚きあきれているさまのことをいいます。平成19年度「国語に関する世論調査」では2の「腹を立てている様子」を選んだ人が70.8%をしめ、本来の意味で正答した人は17.1%しかいませんでした。

多くの人が間違えて覚えているこの言葉の意味を正しく覚えるためには、漢字のなりたちを見てみるといいでしょう。「憮」の漢字を分解すると、「心+無」となります。心が無くなる、つまり、失意する、というのが「憮」の意味なのです。ここから、憮然とは「がっかりするさま」「しょんぼりするさま」であることがわかります。

ちなみに、「こころがなくなる」と聞いて、もうひとつ思い浮かぶ漢字がありませんか。「心+亡」で作られる漢字がありますよね。それは「忘」と「忙」です。「忘」は「心から記憶がなくなる」こと。「忙」は「おちついた心がない」ことをいいます。

言葉の意味に迷ったら、漢字の作りに立ち返るのはおすすめの方法。正しい言葉の使い方のために、ぜひ覚えておいてください。

「したり」とは「してやったり」 したり顔

「したり顔で彼は話した」というときの「したり顔」。いったいどんな気持ちの顔なのでしょうか?

問. 「したり顔で話した」の「したり顔」の意味は?

1. うまくやったという顔つき、得意そうな様
2. 知ったかぶりの顔、よく知っているという顔

正解は1の「うまくやったという顔つき、得意そうな様」です。「したり顔」とは思い通りになって得意そうな顔のことをいいます。
「したり」というのは「知った」という意味はありません。「したり」は「~をする」という行動を行う意味の動詞「す(為)」が語源で、「す(為)」の連用形「し」に完了の助動詞の「たり」をつけたのが「したり」なのです。

かつては、失敗したときや、驚いたときに「これは、したり」といいました。ニュアンスとしては「しまった!」とか「やっちゃった…」という感じですね。また、成功したときにも、「したり」といったのです。こちらは「うまくやった!」とか「してやったり」というニュアンスです。

「したり顔」とは、「成功」した場合の顔。言い換えれば、「してやったりな顔」なのです。

近年「どや顔」という言葉がよく使われるようになりました。「どや」は、関西の方言で「どうだ」と相手の気持ちをたずねるときの言葉、ひいては、自分のなしとげたことを自慢げに威張るようなときに使う言葉なのですが、「どや顔」はまさに「したり顔」「得意顔」のこと。時代は変われど、得意満面な顔を表現する言葉が、日常使いの言葉から生まれてきているというのはおもしろいことですね。

最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト