散策|直島(香川県)瀬戸内海の小さな島でアートに触れる 島が丸ごとアート空間!

散策|直島(香川県)瀬戸内海の小さな島でアートに触れる 島が丸ごとアート空間!


瀬戸内海に浮かぶ直島(なおしま)は、周囲16km、面積8平方kmのちいさな島。交通手段は船に限られ、フェリーで香川県の高松港から約50分、高速旅客船で25分、岡山県の宇野港からフェリーで約20分の場所に位置しています。島には現代アートを中心に、著名な建築家の建物が点在。島の美しい自然とアート作品や島の人々との交流など、非日常を味わえる空間として国内外にファンの多い、島ごとアート空間になっているスポットです。

直島パヴィリオン 所有者:直島町 設計:藤本壮介建築設計事務所 写真/福田 ジン

オススメ散策ルート

A:赤かぼちゃ
(宮浦港緑地)

約5分
B:直島パヴィリオン

約25分
C:地中美術館

約26分
D:ベネッセハウス ミュージアム
屋外作品

約36分
E:家プロジェクト「はいしゃ」

約25分
F:赤かぼちゃ
全長 8.4km
移動時間 約2時間(すべて徒歩の場合)

このルートでは、直島に点在する美術館やアート作品のなかで、特におすすめの施設を回ります。移動はバス・自転車・徒歩・車いずれも可能で、フェリー乗り場近辺にはレンタサイクルショップもあります。
すべての有料施設・屋外作品を巡るとなると、一日では回りきれないかもしれません。滞在日数によってしっかり予定をたてておくようにしましょう。

アートの島の入り口で「赤かぼちゃ」がお出迎え

草間彌生「赤かぼちゃ」2006年 直島・宮浦港緑地 写真/青地 大輔

宮浦港に降り立つとすぐに出迎えてくれるのが、草間彌生(くさまやよい)作の「赤かぼちゃ」。赤黒の水玉模様の巨大な「赤かぼちゃ」は、アートの島に来た! と実感させてくれます。
絶妙なバランスで配置された水玉は草間作品の特徴で、かぼちゃの内側に入ることもできます。

直島パヴィリオン 所有者:直島町 設計:藤本壮介建築設計事務所 写真/福田 ジン

地中美術館へ徒歩で向かう街中には、建築家・藤本壮介作の「直島パヴィリオン」が展示されています。27の島で構成される直島町の「28番目の島」として、「浮島現象」をイメージした浮遊感のある形が特徴的です。
この作品も中に入ることができるので、中に入って直島の自然を感じてみてはいかがでしょうか。

作品の世界に入り込む「地中美術館」

写真:大沢誠一

安藤忠雄設計の「地中美術館」は、瀬戸内海の美しい景観を損なわぬよう、その名のとおり建物の大半が地下に埋まっています。
地下にありながらも自然光がふりそそぐので、時間帯によって作品の見え方が変わっていくのも魅力のひとつです。

こちらでは、ウォルター・デ・マリアとジェームズ・タレル、クロード・モネの3人の作品を恒久展示。個々の作品ごとの世界観を空間で構成していて、作品を全身で感じられるような構造になっています。
「モネの庭」はモネが造園した庭を参考に作られたもので、実際に植えたとされる約200種類の植物で彩られた庭に立てば、絵のなかにいるような不思議な感覚にとらわれます。

地中美術館
住所:香川県香川郡直島町3449-1
鑑賞料金: 2,060円
※15歳以下無料
※芸術祭会期中は「作品鑑賞パスポート」の提示で、1回のみ鑑賞料金1,000円で入館できます。
詳細は瀬戸内国際芸術祭2016の公式HPをご確認ください。
開館時間:
・3月1日~9月30日
10:00~18:00(最終入館17:00)
・10月1日~2月末日
10:00~17:00(最終入館16:00)
休館日:月曜日 ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館

ユニークなアートがたくさん!「ベネッセハウス ミュージアム 屋外作品」

写真:鈴木研一

美術館とホテルが一体となった「ベネッセハウス ミュージアム」の周辺には、屋外作品が点在しています。ユニークな作品たちを眺めながら、カメラ片手に散策するのもおすすめです。背後には美しい瀬戸内海が広がり、晴れた日はとても気持ちのよいエリアになっています。

古い家屋を改修し、空間そのものを作品化した「家プロジェクト」

家プロジェクト「はいしゃ」大竹伸朗“舌上夢/ボッコン覗” 写真:鈴木研一

生活が営まれている本村地区を散策しながら鑑賞する「家プロジェクト」では、現在、「角屋」「南寺」「きんざ」「護王神社」「石橋」「碁会所」「はいしゃ」の7軒が公開されています。

なかでも特に目をひくのは歯科医院兼住居だった「はいしゃ」。子どものころに作りたかった秘密基地のようでワクワクしてしまいます。

それぞれ入館にはチケット(410円)が必要ですが、お得な共通チケット(1,030円)で、「きんざ」を除く6軒を鑑賞できます。
※「きんざ」はメンテナンス中のため、鑑賞できません。(平成28年6月現在)

家プロジェクト
住所:香川県香川郡直島町・本村地区
鑑賞料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒を鑑賞)1,030円
ワンサイトチケット(「きんざ」を除く1軒のみを鑑賞)410円
※15歳以下は無料
※芸術祭会期中は「作品鑑賞パスポート」で鑑賞できます。
詳細は瀬戸内国際芸術祭2016の公式HPをご確認ください。
開館時間: 10:00~16:30
※「南寺」最終入館 16:15
※「護王神社」の本殿と拝殿は、いつでも自由にご見学、ご参拝いただけます。
休業日:月曜日 ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館

とても一日では回りきれない、丸ごとアートな「直島」。アート作品に注目が集まりますが、のどかな島の風景やちいさな路地など、心ときめく場所がいっぱいです。時間の許す限り島内に宿泊して、くまなく散策したいですね。

掲載されている情報は平成28年6月現在のものです。

せたがや日和のおすすめ!


  • 特集 せたがや相談室 第1回「クーラー病とその対策」

最新の投稿






せたがや相談室~夏の不調~|第2回「夏の食中毒」症状と対策

せたがや相談室~夏の不調~|第2回「夏の食中毒」症状と対策

体調がイマイチだな、病院に行ったほうがいいのかな?ちょっとした体の不調は、なかなか人には相談できないもの。そこで今回は、消化器内科、消化管内視鏡、予防医学を専門にされている近藤慎太郎先生に、「夏の不調」をテーマに、夏場の体調管理についての心配や疑問、毎日を健やかに過ごすためのアドバイスをうかがいました。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ