散策|あしかがフラワーパーク(栃木県) 日本三大イルミネーション「光の花の庭2018~フラワーファンタジー2018~」

散策|あしかがフラワーパーク(栃木県) 日本三大イルミネーション「光の花の庭2018~フラワーファンタジー2018~」


2018年で17回目の開催となるあしかがフラワーパークの「フラワーファンタジー」は、2017年10月に日本三大イルミネーションに認定されました。花木の管理を行うスタッフがイルミネーションの企画・製作・運営を担当していて、花びら一片の形にもこだわって花本来の美しさを表現しています。今回は、幻想的な世界を楽しむことができる、あしかがフラワーパークのイルミネーションをご紹介します。

あしかがフラワーパークへ電車で向かう際は、JR両毛線を使います。栃木県にあるJR小山駅で下車をしてJR両毛線に乗り換え、30分ほどのところにあるあしかがフラワーパーク駅を目指しましょう。最寄り駅からあしかがフラワーパークまでは徒歩で約3分です。

奇蹟の大藤

画像提供:株式会社足利フラワーリゾート

1968年に「早川農園」としてオープンした「あしかがフラワーパーク」は、約250畳の大藤が有名で当時より人気を博していました。しかしながら都市開発のため、1997年移設工事が行われ、当時樹齢130年とされていた大藤も移植されることに。この前例のない大がかりな移植プロジェクトが当時は話題となりました。結果は無事成功し、日本初ということで世間の注目をさらに集めたのです。

そして現在の大藤はというと、移植から約20年の時を経て、72平方メートルから1,000平方メートルもの大きさへと成長を遂げています。春には約660畳ともいわれる大藤、80メートルほどの白藤のトンネル、350本以上の花を楽しむことができます。
さらに2017年には藤の花弁を再現したライトが取り付けられ、幾千もの光が園内をライトアップしています。花壇やツツジ、LEDに彩られたイルミネーションは幻想的な美しさで、「さっぽろホワイトイルミネーション」、「ハウステンボス光の王国」と並び、日本三大イルミネーションに認定されました。

水辺に浮かぶ花の妖精たち

画像提供:株式会社足利フラワーリゾート

また水面を彩る、約1,500もの熱帯性睡蓮も見どころのひとつです。睡蓮は温度管理が難しく花を咲かせるのが大変で、屋外で育てている施設は多くはありません。あしかがフラワーパークではそんな睡蓮を屋外で育てているのです。開花の見ごろは6月下旬から11月上旬で、豊かで甘い香りとともに楽しむことができます。
また「光のフラワーパーク」には2,000本もの「光の睡蓮」が存在し、幻想的な薄紫がゆらめき、本物の睡蓮とはひと味違った輝きを放っています。

画像提供:株式会社足利フラワーリゾート

光のバラ園~ハピネスガーデン~

画像提供:株式会社足利フラワーリゾート

光の花の庭のコンセプトに相応しい5,000本の色とりどりの光のバラもあしかがフラワーパークの見どころです。2018年新作スポットとしては、「レインボーマジック~未来へのかけ橋~」「光のピラミッドと水中イルミネーション」も出現しました。シーズン中は下記の3つのテーマで開催されています。

「光と花のコラボレーション(光とアメジストセージの融合)」
2018年10月27日~2018年11月中旬まで開催

「フラワーパークのクリスマス(クリスマスファンタジー)」
2018年11月下旬~2018年12月下旬まで開催

「ニューイヤーイルミネーション(光と冬咲きボタンの競演)」
2019年1月1日~2019年2月5日まで開催

また、毎年10月上旬から11月下旬のパープルガーデン&ローズガーデンには2万株、約30万本のアメジストセージが咲き誇っています。

館内施設での人気グルメランキングNo.1は「佐野ラーメン」

寒空の下でイルミネーションを楽しんだ後は、ぜひ園内でおいしくて温まるグルメを堪能しましょう。おすすめはコシの強い青竹打ち麺に、あっさり醤油スープの「佐野ラーメン」です。藤の香りを閉じ込めた「オリジナル藤ソフト」も大人気商品だそうです。

2018年には、イルミネーションが50万球も増えて450万球となり、さらに光り輝くあしかがフラワーパークですが、うれしいことに2018年4月にあしかがフラワーパーク駅が開設されてアクセスが便利になりました。藤、バラ、睡蓮ほか咲き乱れる花々と幻想的なイルミネーションをぜひ体験してみてください。

あしかがフラワーパーク
所在地:栃木県足利市迫間町607
電話番号:0284-91-4939
点灯期間:例年10月末~2月上旬(2018年度は2018年10月27日(土)~2019年2月5日(火))
点灯時間:16:30~21:00 (土日祝日21:30まで)
入園料金:昼の部 大人300円~600円 子供 200円~300円(9:00~15:00)/夜の部 大人900円 子供500円(15:30~21:00) ※昼の部は花の状況により料金変動性となります。
休園日:2月第3水・木曜日、12月31日

※掲載されている情報は平成30年10月現在のものです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ