間違いやすい日本語|「手塩にかける」「腹を割る」 人の感情、ふるまいにまつわる間違い

間違いやすい日本語|「手塩にかける」「腹を割る」 人の感情、ふるまいにまつわる間違い


今回は、人の感情、ふるまいにまつわる間違いやすい表現をご紹介します。心を込めて大切に世話をする「手塩にかける」と、心に隠していた考えを打ち明ける「腹を割る」です。言葉の由来とともに、正しい使い方をぜひ覚えてください。

大切に世話をするのは「手塩にかける」? 「手塩をかける」?

器が好きな方なら、「手塩皿」の名をご存じではないでしょうか。その名のとおり、手元に塩を盛る小皿で、「おてしょ皿」とも呼ばれています。しかし、小皿に盛った塩を膳に添え始めたのは、味加減を調えるためというより、不浄を払うためだったといいます。のちに、味加減を調えるために添えられた少量の塩を「手塩」というようになりました。

さて、この「手塩」を使った慣用句のクイズです。

問. 「(     )育て上げた娘」 (  )に入る正しい言葉はどちらでしょう?

1. 手塩にかけて
2. 手塩をかけて

答えは、1の「手塩にかけて」です。
語源が味加減を調える塩であるなら、「手塩をかけて」という表現でもよさそうですが、こちらは誤用なのです。「手塩をかけて」という言い方は、「手をかけて」とも混同しやすく、間違えやすい表現なので注意しましょう。


「手塩にかけて」は、自分でいろいろ世話をすること、また世話をして大切に育てることをいいます。手塩は自分で味加減を調えるためにありますから、自ら面倒を見ることを「手塩にかける」というようになったといわれます。

塩による味の調整というのは、細やかさや繊細さも必要なもの。細心の注意を払って育てることを「手塩にかける」とはうまく言い表したものです。

「○○を割って話し合う」必要なのは口? 腹?

「割る」といえば、「くるみを割る」「スペースを3つに割る」など、ものを分けるイメージが強いですが、実はさまざまな使い方をされる言葉です。「水で割る」なら「他の液体を混ぜて濃度を薄める」という意味ですし、「定員を割る」なら「一定数に達せずに下回る」という意味、「土俵を割る」なら「境界線をはみ出す」という意味になります。そんな「割る」には「心のうちを隠さずにすっかり出す」という使われ方もあるのです。そこでクイズです。

問. 「今日は(  )を割って、とことん話し合いましょう」 (  )に入る正しい言葉はどちらでしょう?

1. 口
2. 腹

答えは、2の「腹」です。
「腹を割る」と「口を割る」はどちらも真実を話すことですが、腹と口とでは意味するところが大きく違うのです。「腹を割る」は「本心を包み隠さず打ち明ける」ことで、一方「口を割る」は「白状する」「自白する」ことをいいます。


それにしても、なぜ「腹」を割ることが本心を話すことになるのでしょうか。実は昔、腹の中には考えや心の動きが収まっていると考えられていました。そこから、「腹」は「意中」「心中」「表に表さずに考えていること」といった意味も持つようになったのです。
例えば、「腹に一物ある人」といえば「心の中にたくらみを隠し持っている人」となりますし、「腹にしまっておいたほうがいい」というのは「心の中にしまっておいたほうがいい」となります。

腹の中、つまり心の中を見せるには、腹を割らなくてはいけないということだったのでしょうか。「腹を割る」という表現には、ただ「本心を語る」という言葉ではたりない、相手への並々ならぬ本気度が込められているような印象を受けます。

最後に余談をひとつ。ウナギの蒲焼きの開き方は関東と関西で異なります。関東は背開きなのですが、これは武士の文化が強い関東では、腹開きは「切腹」の印象があることから好まれなかったからだそう。一方、関西は腹開きです。商人の文化の強い関西では、「腹を割って話す」ことが好まれることから、腹開きが好まれた、という説があるそうです。「腹を割る」という言葉がウナギの蒲焼きの作り方にも影響しているとは、おもしろいですね。

最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト