日本一の旅|極寒日本一の「陸別町」だからこそ楽しめる冬旅(北海道)

日本一の旅|極寒日本一の「陸別町」だからこそ楽しめる冬旅(北海道)


北海道東部のほぼ中央に位置する陸別町(りくべつちょう)は、2018年に開町100年を迎えた「全国で最も寒い町」です。過去10年の観測データから、1月の平均気温・最低平均気温が日本で最も低く、学術的にも「日本一寒い町」ということが証明されました。
そんな陸別町は、「しばれフェスティバル」や星空観察など、寒い冬を楽しむイベントが満載です。

画像提供:陸別町しばれフェスティバル実行委員会

陸別町へのアクセス

陸別町は、東北海道のほぼ中央に位置していて、道路網も整備されているので、空港からスムーズに行くことができます。車で向かう場合は、女満別空港から約1時間10分、 帯広空港から約2時間30分、釧路空港から約2時間で到着です。また、十勝川温泉、摩周湖、阿寒国立公園、大雪山国立公園などの観光地に行くにも便利な場所なので、旅の拠点としてもおすすめです。

真冬の一大イベント「しばれフェスティバル」

画像提供:陸別町しばれフェスティバル実行委員会

毎年2月の第1土曜と日曜に行われる「しばれフェスティバル」は2019年で38回目を迎える、全国から観光客が訪れる人気イベントです。オープニングセレモニーで巨大な火をともす「命の火点火式」にはじまり、地元小学生による太鼓演奏、しばれ花火、人間耐寒テストなど、極寒の世界を楽しむさまざまなイベントが盛りだくさんです。
雪原をラリーカーで走行するスノーラリーや、乗馬体験、スノーラフティングなど、冬ならではのアクティビティも楽しめます。

フェスティバルのメインイベントは「人間耐寒テスト」

画像提供:陸別町しばれフェスティバル実行委員会

「人間耐寒テスト」は、日本一寒い陸別町の厳しい寒さに“耐える”イベントです。過ごし方は自由で、チャレンジャーは各々、朝まで寒さに耐えながら宿泊します。宿泊先は、テント生地の丸形風船を氷で固めたかまくら「バルーンマンション」で、なかにストーブなどはありません。純粋に、日本一の寒さを楽しみます。
翌朝にチャレンジャー全員でラジオ体操を行い、耐え抜いた方には耐寒テスト認定証が授与されます。

オーロラが出現したことも! 美しい星空を天体観測しよう

画像提供:陸別町

陸別町は、1987年に環境庁(現:環境省)から「星空の街」に選定され、1997年には「星空にやさしい街10選」に認定されました。空気の澄んだ冬には、満天の星を望むことができ、腰を据えて観賞すれば、銀河や星雲なども楽しむことができます。

オーロラで有名なカナダの都市・イエローナイフの冬の気温と陸別町の気温が近いこともあって、陸別町では成層圏・対流圏の大気やオーロラなどの研究も行っています。過去には実際に低緯度オーロラが町内で観測されたことも。実際にお目にかかれる確率は低いですが、「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」ではオーロラの記録や画像を見られます。

天体観測なら「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」へ

画像提供:陸別町

「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」は、一般公開型天文台としては日本最大級の115センチメートル反射望遠鏡をはじめ、小型望遠鏡4基、大型双眼鏡、4連太陽望遠鏡などを備える天文台です。1階展示ホールでは、オーロラや宇宙の美しいパネル展示、70インチ大型モニターによる宇宙の体験学習ができます。エアドーム内のプラネタリウムも好評です。

2階では115センチメートル大型望遠鏡での惑星や月、星雲や星団、銀河などの観測が楽しめます。昼間でも晴れていれば、明るい恒星などを見ることができます。

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)
所在地:北海道足寄郡陸別町宇遠別
電話番号:0156-27-8100
営業時間:10月~3月は13:00~21:30/4月~9月は14:00~22:30
休館日:月・火曜(5月3日~5日、8月14日~16日は無休)、5月第3月曜~第4金曜、12月30日~1月5日
入館料:300円(10月~3月17:00~、4月~9月18:00~は500円)

天体観測やオーロラ体験など、満天の星を眺めてロマンチックな雰囲気が楽しめます。メインイベントの「しばれフェスティバル」もとてもユニークで話題性が充分なイベントです。想像以上の極寒なので、スキーウエアや耳当て、手袋、マフラーなど防寒対策をして、色々な冬を満喫できる陸別町をぜひ訪れてみてください。

※掲載されている情報は平成30年11月現在のものです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ