健康習慣|「秋バテ対策」〜手軽な4つの対策〜 夏を乗り切った後に不調になる……?

健康習慣|「秋バテ対策」〜手軽な4つの対策〜 夏を乗り切った後に不調になる……?


暑い夏をなんとか乗り切り、やっと秋になってホッとしていたら、なんだか身体の調子が悪い……こんな経験、ありませんか?もしかしたらそれは「秋バテ」かもしれません。夏の疲れがたまっている上に、朝晩と日中の温度差が激しい秋も、やはり体調管理には気をつけたい季節です。今回は、「秋バテ」とはどのようなものかと、その対策についてご紹介します。

夏の疲れをリセットしきれない「秋バテ」とは

暑さのせいで食欲や体力が落ち込む夏バテ。一方、過ごしやすい秋になってからもなぜかバテてしまうのは、夏の過ごし方が深く関わっています。例えば、以下のような状態で夏を過ごしてしまうと、秋バテの危険も高まります。

・暑さで体全体が弱ってしまった
・冷房や冷たい飲みもので身体を冷やしすぎて、胃腸や内臓の働きが低下した
・冷房の効いた部屋と暑い外を行き来することで、急激な温度変化に自律神経がついていけなくなった

もちろん、こうした体の疲れは夏の間に「夏バテ」「冷房病」として表れてくることもあります。
これが「秋バテ」になると、夏バテを引きずったまま、初秋の寒暖差が激しい気候にさらされて回復できないことも。また、夏を乗り切ったところで体にたまった疲れがドッと押し寄せ、秋に不調が出たりします。具体的な症状は以下のようなものです。

・食欲不振
・だるさ、頭がさえない
・立ちくらみ、めまい
・よく眠れない、寝起きがつらい

体力低下と関連することが多い夏バテとは違って、秋バテは夏バテを乗り切るような体力のある人でもかかりやすいといわれます。

夏から備える!秋バテ対策

夏のうちからぜひ取り組んでおきたい「秋バテ対策」をいくつかご紹介しましょう。

1.体を冷やしすぎないように工夫を

冷房の効かせすぎ、冷たいもののとりすぎは、秋に入ってからだけでなく、夏のうちから気をつけましょう。また、秋になったら朝晩の冷え込みにも気をつけてください。羽織ものや温かい飲みものなどで、冷えすぎないよう体温調整する習慣をつけておくとよいでしょう。

2.秋の味覚をゆっくり味わって免疫力アップ!

夏は夏野菜、秋には秋の味覚が体調を整えてくれますから、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。例えば、免疫力を高めるビタミンやミネラルがたっぷり含まれている以下のような食材がおすすめです。

・イモ類(かぼちゃ、さつまいもなど)
・根菜(ごぼうやレンコンなど)
・きのこ類
・魚(さんま、鮭、サバ)
・栗
・果物(ブドウ、桃、ナシなど)

身体を冷やさないように、食べる時は温かい料理でいただきましょう。また、食物繊維の豊富な食材も多いですから、胃に負担をかけないようよく噛んでゆっくり味わってください。

3.軽い運動で汗をかく習慣を

冷房の効いた室内にずっといたり、気候が涼しくなってきて汗をかかない生活が続くと、血行が滞って疲れやすくなってしまいます。夏の炎天下で運動する必要はありませんが、涼しい朝晩などに、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動で適度に汗をかく習慣をつけておくのがおすすめです。若々しさのもとである成長ホルモンの分泌も期待できて、一石二鳥ですよ!

4.ぬるめの湯船にゆっくりつかり、たっぷりと睡眠を

夏は特にシャワーでサッと入浴を済ませがちですが、ぬるめのお湯にゆっくりつかって体を温める習慣をつけておきましょう。血行がスムーズになり、秋バテ対策に有効な「上質な睡眠をたっぷりとる」ことにもつながります。

秋バテ対策は秋になって症状が出てから始めるのではなく、前もって冷えにくく、疲れにくい体づくりをしておくことがポイント。冷房や衣類を調整するだけでなく、食生活や入浴、運動習慣など“体の中から”対策することも大切です。この機会に、日々の過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか。

最新の投稿





せたがや相談室~睡眠~|第3回 寝付きを良くする工夫

せたがや相談室~睡眠~|第3回 寝付きを良くする工夫

寝付きが悪い、熟睡できていない、私の寝方って正しいの?人生の3分の1を占めるともいわれる睡眠は、多くの人にとっての関心事です。そこで今回は、「(一社)日本眠育普及協会」の代表であり、睡眠インストラクターとして広報活動をされている橋爪あき先生を迎え、9月のお悩みテーマ「睡眠」について、皆さんの質問をもとにアドバイスをうかがいました。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ