イベント事のマナー|「春のお彼岸」由来と、お墓参りのマナー

イベント事のマナー|「春のお彼岸」由来と、お墓参りのマナー


お彼岸になると、親族や親しい方のお墓参りに行くという方も多いのではないでしょうか。春と秋の2度迎えるお彼岸について、もともとの意味をご存知ですか。今回は、お彼岸の由来や、お墓参りのマナーについてご説明します。

お彼岸は、日本独自の考え方

春秋の年2度のお彼岸は、春は春分の日、秋は秋分の日を中日として、前後3日間を入れた合計7日の期間を指しています。この期間はお墓参りをしたり、ぼたもちやおはぎをお供えしたりして過ごします。

彼岸とはご先祖さまが住む世界のこと。それに対して、わたしたちの生きている世界を此岸(しがん)と表現します。彼岸ははるか西にあるとされ、太陽が真西から上り真東に沈む春分の日・秋分の日には、彼岸と此岸が最も近づくと考えられてきました。

そのため、彼岸はご先祖さまへの思いが通じやすい日であり、供養によって自分も無事に彼岸にたどり着くことができる、とお墓参りが行われるようになったのです。実はこのお彼岸は日本だけのもので、タイやインドなど、ほかの仏教国にはない行事です。

春のお彼岸・秋のお彼岸に大きな違いはない

春のお彼岸と秋のお彼岸は季節以外に大きな違いはありません。春にはぼたもち、秋にはおはぎをお供えしますが、こちらも、作り方は同じです。一般的には牡丹(ぼたん)の花が咲く春はぼたもち、萩(はぎ)の季節である秋はおはぎと、呼び名を変えているのです。

春のお彼岸にお供えするおすすめの花

お墓参りといえば菊を供えることが多いのですが、菊以外はだめという決まりはありません。春のお彼岸なら、季節に咲くフリージア(画像)やガーベラ、カーネーション、スズランなどがおすすめです。見た目が優しげな印象の花が好ましいとされています。

また、故人が好きだった花もお供えとして適していますが、トゲがある花や、香りが強い花は避けるようにしましょう(地域によっては花が決められていることもあります)。

お墓にお花を供える際には、左右2つの花立てに左右対称に見えるように飾ります。それぞれ、3本以上の奇数本を挿すのが一般的です。

お供え物のマナーとは

墓前にお供えした花や飲食物はどうするのが良いのでしょうか。ここでは一般的なお供え物のマナーをご紹介します。

生花は持ち帰り、自宅に飾る

生花は虫がつきやすく、枯れると散らかるため、その日のうちに持ち帰るか、近日中に再訪できるならばその時に処分しましょう。寺や霊園によっては、花が傷んできたら担当者が処分してくれるところもあります。

持ち帰ったお花を仏壇に供えることは「一度祖先に差し上げた供物を、再び供える」という失礼にあたる行為なので、避けたほうが良いでしょう。花瓶に入れ玄関や居間などに置いて、自分用として飾るようにします。

飲食物は置いたままにしない

墓前の飲食物をそのままにすると、鳥や動物に荒らされたり傷んだりして衛生上よくないので、持ち帰るのがマナーです。

持ち帰ったお供え物は、ありがたくいただくのがおすすめです。お供え物を食べることは供養につながると考えられており、また、神さまから力を授かることができるともいわれています。

墓前でお供物を食べることも、故人と同じ食卓を囲む供養のひとつと考えられているので、マナー違反にはあたりません。ただし、周りにほかの墓参客が多くいる、スペースに余裕がないという場合には持ち帰るのがおすすめです。

春分の日は毎年少し異なりますが、毎年3月20日あたりに定められます。ふだんはなかなか時間がとれないという方も、お彼岸は墓参するのによい機会です。ぜひ墓前にお供えをして静かに手を合わせ、故人に感謝や近況を伝えましょう。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ