語源・由来|「カステラ/金平糖」 菓子にまつわる語源

語源・由来|「カステラ/金平糖」 菓子にまつわる語源


西洋から海を渡ってやってきた南蛮菓子。その味わいは、どれほど人々を驚かせたことでしょうか。日本で製法が工夫され、進化し、今も愛され続けている南蛮菓子。今回は、その名前の起源に迫ります。

スペインの地名から生まれた名前 「カステラ」

カステラは、黄金色をしたスポンジが美しく、卵の豊かな味わいが万人に愛され、日持ちもよいことから、お茶請けに、また手土産菓子として、不動の人気を誇ります。西洋由来の菓子でありながら、バターなどの油脂を使わず、水あめを使うことから生まれるしっとりとした口当たりは独特のもの。この南蛮菓子には、どのようなルーツがあるのでしょうか。

カステラは室町時代の末期、ポルトガル人によって長崎に伝わりました。当時は「かすていら」と呼ばれ、「加須底羅」「家主貞良」などと記されました。しかし、実はポルトガルに「カステイラ」というお菓子はありません。実はこの名前、ポルトガル人が日本人に「カスティーリャ王国の菓子だ」と説明したのが由来といいます。カスティーリャ王国は、のちのスペイン王国の中核となった国で、ポルトガル語で「カスティーリャ」は「カステラ」と発音します。そうしたことから、日本で「かすていら」が菓子そのものの名前として広まることになりました。カステラの名前の起源が、スペインの地名だったとは驚きですね。

ポルトガル人が持ち込んだ「カステラ」の原型はどんなお菓子だったのでしょう。原型と思われるお菓子がいくつか考えられています。ひとつは、スペインのビスコチョという焼き菓子です。ビスコチョは「二度焼く」という意味で、乾パンとして船に乗せる食料でしたが、柔らかく焼き上げるレシピも後に作られています。もうひとつは、ポルトガルの焼き菓子、「パン・デ・ロー」です。卵と砂糖を使ったふわふわのスポンジ状の菓子で、カステラと製法が似ていることから、カステラのルーツといわれます。

カステラの製法は、江戸時代に改良が進められ、明治時代には、現在のような水あめを使ったしっとりとしたものができ上がっていきます。卵と砂糖をたくさん使うことから、滋養のある、ぜいたくなお菓子として、特別な存在だったのです。

今も、子どもにとって甘いカステラはうれしいお菓子。「今日はカステラを切って食べましょう」という時の幸せな気分はやはり特別なものです。大人にとっても、カステラは、童心に帰らせてくれるお菓子でもあり、甘味をいただく根源的な喜びを思い出させてくれるお菓子ではないでしょうか。

織田信長に献上された砂糖菓子 「金平糖」

デコボコした球状、カラフルな色合い、まるで空想上の星のかけらのような愛らしい姿のお菓子、金平糖。砂糖を使ったキラキラしたお菓子だから金平糖の名前がついたようにも想像できますが、実は、この名前、よくできた「当て字」なのです。金平糖の名前の由来と、その歴史を見ていきましょう。

実は、金平糖も南蛮菓子のひとつで、日本に渡来したのは1569年のこと。ポルトガルの宣教師、ルイス・フロイスが織田信長に献上したのが最初といいます。その名の由来は、ポルトガル語で砂糖菓子を意味するconfeito(コンフェイト)から。コンフェイトが訛ってコンペイトーとなり、「金平糖」「金餅糖」「金米糖」の字が当てられるようになりました。

その後、金平糖は長崎で盛んに作られるようになり、大阪、江戸へと製法が伝わっていきます。井原西鶴の『日本永代蔵』にもその製造方法が書かれています。当時はごまを芯にして作り、のちにケシの粒を使うようになったとか。現在ではざらめやイラ粉(蒸したもち米で作った粉)を芯にして作り始めます。この芯に糖蜜を何度もかけ、乾かしていくと、糖液が次第に固まって大きくなり、次第に角のような突起ができるのですが、一朝一夕ででき上がるものではなく、1日に1ミリ程度にしか大きくならず、完成までには時間も手間もかかります。

かつては大名の茶菓子として供された金平糖。おめでたい高級菓子であることから、金平糖は、皇室の慶事の際の引き出物、「ボンボニエール」と呼ばれる菓子器とともに贈られることでも知られています。

また、金平糖には別の側面もあります。非常食の乾パンにはセットで氷砂糖や金平糖が入っていることがあります。これは、糖分でエネルギー補給ができるという他に、金平糖を食べると唾液が出るので、乾燥していて食べにくい乾パンも、一緒に食べることで口が潤い、食べやすくなるという狙いがあるのです。

慶事から非常時まで、くらしに小さな星明かりを添えてくれる金平糖。味わいのバリエーションも増えて、さまざまな金平糖が楽しめるようになった現在、時には、時間が作るその甘さをつまんでみてはいかがでしょうか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ