日本一の旅|日本一高所のバスターミナル「乗鞍岳畳平バスターミナル」へ(岐阜県・長野県)

日本一の旅|日本一高所のバスターミナル「乗鞍岳畳平バスターミナル」へ(岐阜県・長野県)


今回は、JR松本駅および松本ICから標高2,702メートルにある日本一高い場所に位置する「乗鞍岳畳平バスターミナル」を目指す旅です。バスの終点・畳平を起点に、平地を歩くお花畑散策コースから標高3,026メートルの乗鞍岳山頂登山までいくつかのトレッキングコースがあり、体力に合わせて歩けば雄大な山岳景観を楽しむことができます。乗鞍岳畳平バスターミナルの絶景スポットやおすすめの散策ルートなども、あわせてご紹介していきます。

乗鞍岳畳平バスターミナルへのアクセス

長野県側から行く場合

乗鞍岳畳平バスターミナルへは、まず、JR松本駅からアルピコ交通・上高地線で約30分の新島々駅で下車します。次に、新島々駅からアルピコ交通バスで約50分の観光センター前で下車。シャトルバスに乗り換えて約50分です。
乗鞍高原から乗鞍岳バスターミナルへはマイカー規制が引かれ、自家用自動車でのアクセスはできません。車を利用する場合は、長野自動車道・松本ICからバス停観光センター前まで約1時間の駐車場に車を停めましょう。そこから、アルピコ交通シャトルバスに乗り換え乗鞍岳畳平バスターミナルまで約50分です。

岐阜県側から行く場合

岐阜県側からは、高山市から乗鞍スカイラインを使ってアクセスします。
JR高山駅から濃飛バスで約1時間の平湯バスターミナルで下車し、シャトルバスに乗り換え、乗鞍岳畳平バスターミナルまで約1時間です。
車を利用する場合は、東海北陸自動車道・飛騨清見ICから約1時間のほうのき平駐車場に車を停めましょう。そこから、濃飛バスのシャトルバスに乗り換え乗鞍岳畳平バスターミナルまで約45分です。

日本の道路標高日本一にあるバスターミナル

滝や池などの景勝地が点在する乗鞍高原からのバス旅は、車窓からも絶景が楽しめます。標高3,026メートルの剣が峰の雄姿、万年雪の乗鞍大雪渓など、山岳パノラマロードならではの景観が彩ります。来た道を振り返ると、つづら折りの乗鞍エコーラインや松本盆地も眼下に広がり、雄大な景色を車窓から満喫できます。
終点の乗鞍岳畳平バスターミナルは、バスが乗り入れできる日本の道路としては日本一標高の高い場所に位置し、ここを拠点に登山やお気軽トレッキングなども楽しめます。その他、売店やレストラン、簡易郵便局などもあるので、はがきを出すのもいい思い出になります。

気軽にお花畑散策が楽しめます

乗鞍岳畳平バスターミナルからはいくつかのトレッキングコースが整備されていますが、子どもから年配の方まで気軽に楽しめるのがお花畑周回コースです。1周約20分の道のりで、木道が整備され、ほぼ平坦な道を歩くことができます。7~8月にかけて、緑の葉と白い花弁のコントラストが美しいハクサンイチゲやクロユリ、イワギキョウ、高山植物の女王といわれるコマクサなど多くの高山植物が目を楽しませてくれます。

体力に合わせてトレッキングを

乗鞍岳畳平バスターミナルは、標高3,026メートルの乗鞍岳・剣ヶ峰登山の拠点としても知られていますが、周辺にはもっと気軽に登れる山もいくつかあります。往復約25分の魔王岳、往復約1時間20分の富士見岳などは山歩き初級者でも歩きやすく、山頂からの展望は剣ヶ峰にひけをとらないほどの素晴らしさです。
乗鞍岳・剣ヶ峰までは往復約3時間、上り下りはあるものの、登山経験者なら登りやすいコースを歩き、標高3,000メートル越えが体験できます。地元の中学生も山岳学習の登山体験として登る山でもあります。

国の天然記念物・雷鳥も生息しています

国の特別天然記念物である雷鳥は、本格登山をしなければ出会えないという印象の野鳥ですが、畳平バスターミナルから少し歩くだけの魔王岳や登山道沿いでも見られることがあります。人の気配だけでは、極端に逃げたりしないので、写真にも収めやすいです。
また、山岳観光道路ならではの楽しみに「乗鞍岳ご来光バス」があります。7月中旬~9月中旬の早朝に、乗鞍高原の観光センター前から発着しているバスで、雲海や山並みから昇る神々しいご来光を楽しむことができます。

乗鞍エコーラインおよび乗鞍岳畳平バスターミナルの問い合わせ
所在地:岐阜県高山市丹生川町岩井谷1223(乗鞍岳畳平バスターミナル)
電話番号:乗鞍岳畳平バスターミナル090-8671-3191(乗鞍自然環境案内所)、乗鞍エコーライン0263-94-2307(松本市山岳観光課)
バス運行期間:7~10月(4月中旬~6月は乗鞍岳春山バスとして運行)

道路としては日本一の高所を通行する旅が体感できる、乗鞍岳畳平バスターミナル。本格登山は厳しいけれど、ゆっくりと散歩しながら山を満喫したい方にはおすすめのスポットです。標高約2,700メートル、別世界の山岳景観に会いに行きませんか。

※掲載されている情報は2019年2月現在のものです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ