郷土料理|あなたはどちらの桜もち? 「道明寺」「長命寺」

郷土料理|あなたはどちらの桜もち? 「道明寺」「長命寺」


桃色に染まった皮と、それを包む桜の葉。桜もちは春を感じさせる季節感のある和菓子です。桜もちは二つの種類があり、どちらの桜もちが食べられているかは地方によって差があります。今回は、それぞれの桜もちの由来や地方分布の分かれ方についてご紹介します。

巻く?包む? 桜もちの二つの種類

桜もちは大きく分けて関東風の長命寺(ちょうめいじ)と、関西風の道明寺(どうみょうじ)があります。ここからは、それぞれの由来についてご説明します。

平たい生地であんこを巻いた「長命寺」

関東に多い「長命寺」は、小麦粉生地を焼いた平たい皮であんこを巻いた桜もちで、墨田区向島の老舗「長命寺 桜もち 山本や」が元祖になります。長命寺で門番をしていた創業者の山本 新六(やまもと しんろく)が、今も昔も桜の名所である隅田川、その桜葉の利用法として考え出したのが「長命寺桜もち」といわれています。ちなみに、山本やの桜もちの皮は白色で、一般的な薄ピンク色をしていないのが特徴のひとつです。

もち米であんこを包んだ「道明寺」

関西に多い「道明寺」は、つぶしたもち米であんこをくるんだ桜もち。このもち米は、蒸してから天日干しで乾燥させたもので、もともと大阪の道明寺で保存食として作られたため「道明寺粉」と呼ばれています。お餅のようなどっしりした粘りではなく、あっさりとモチモチした道明寺粉もまた美味です。

分布にはばらつきも

ざっくりと「関東は長命寺・関西は道明寺」と分けましたが、地方によっては逆転現象が起きています。例えば、北海道では関西の道明寺が、島根県の山陰地方では関東の長命寺が一般的。では、なぜそんなことが起きているのでしょうか。

北海道が道明寺の桜もちなのは、北前船(きたまえふね)の終着点だったからと考えられています。江戸時代に交易の役目を担っていた北前船は、日本海と瀬戸内海をつなぎ、海産物や農作物などを流通させていました。そのため、関西に多い道明寺の桜もちが江戸の長命寺を飛び越え、北海道に伝わったのだと考えられます。

北前船といえば、会津地方の郷土料理「こづゆ」は、地元の野菜と、北前船から運ばれた海の幸から作られたもの。ご興味があれば、こちらの記事もご覧ください。

また、島根県の山陰地方(一部を除く)で長命寺が選ばれているのは、出雲(現在の島根県出雲市とその周辺)出身の大名茶人・松平治郷(まつだいら はるさと)が、江戸から長命寺を持ち込んだからという説が有力です。

桜もちを包む葉っぱの役割

桜もちを包む桜葉の塩漬けは、桜もちには欠かせない存在。菓子が乾くのを防ぐ保湿の役割に加え、葉の香り成分(クマリン)には、抗菌作用があることが分かっています。昔の人は科学的なことは分からずとも、桜の葉に抗菌作用があったことを、生活の知恵として知っていたのでしょう。

この葉っぱは、食べる・食べないと意見が分かれるところです。「葉のしょっぱさと菓子の甘さの組み合わせが良い」という方もいれば、「葉の食感が菓子とイマイチ合わない」という方もいます。和菓子店でも、「柔らかい葉ですから食べてください」「香りは皮に移っているので食べなくてもいい」と意見が分かれるそうです。お好みで食べるのが正解ともいえますね。

お住まいの地域によってなじみの桜もちがあり、もう一方の桜もちに違和感を持つ方も多いようです。見た目も食感も異なる二つの桜もちですが、現代ではどちらも手に入りやすいので、ぜひ両方の桜もちを用意して、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ