間違いやすい日本語|「知恵熱」「雨模様」 新しい意味が広まりつつある言葉

間違いやすい日本語|「知恵熱」「雨模様」 新しい意味が広まりつつある言葉


言葉は、時代の変化とともに、使われ方が変わります。ついには本来の意味が変わってしまうこともあるものです。今回は、近年、本来の意味とは違う使われ方をされることが増えてきた言葉をご紹介します。何十年か後には、新しい意味のほうが一般的になっているかもしれません。

子どもの症状? 大人もなるもの? 「知恵熱」

「知恵熱」が出たことはありますか。覚えていない、という方がほとんどだと思いますが、あらためて「知恵熱」という言葉を正しく使えているか、見直してみましょう。早速ですが、クイズです。

問. 「知恵熱が出た」というときの「知恵熱」の意味はどちらでしょうか。

1. 乳幼児期に突然起こる発熱
2. 深く考えたり頭を使ったりした後の発熱

答えは、1の「乳幼児期に突然起こる発熱」です。


生後6カ月から1歳くらいの乳幼児に起こる急な発熱で、病気ではなさそうなものを「知恵熱」といいます。この問いは、文化庁の平成28年度「国語に関する世論調査」で出題されたものですが、「知恵熱」の本来の意味を正しく答えられた人は4.5割で、なんと半数以下。しかも、世代によって正答率は大きく違い、70代では7割以上が正答しているのに対し、50代では半々。そして20代・30代では、なんと正しい意味で使っている人はわずか3割という結果が出ました。

そもそも、乳幼児期に突然起こる発熱をなぜ「知恵熱」というのでしょうか。赤ちゃんは、生後半年くらいまでは、母胎にいるときから持っていた免疫や母乳に含まれる抗体のおかげで、病気にかかりにくく、高熱が出ることはそう多くありません。しかし、半年を過ぎると、感染症にもかかるようになりますし、さまざまな原因で熱も出やすくなります。ちょうどこの時期の赤ちゃんは、表情が豊かになり、行動範囲も広がってくるのです。かわいらしいしぐさを見せて親を喜ばせる反面、思いがけないいたずらも増えて目が離せなくなる時期でもあります。つまり、ちょうど「知恵がつく」といわれる頃。こうした時期に、一見原因不明の、病気らしくない発熱が見られると、知恵熱という名前がつけられたのだといわれます。

知恵熱を「深く考えたり頭を使ったりした後の発熱」の意味で使うのは、本来は間違いです。しかし、「赤ちゃんのように、病気じゃないのに熱が出た」という比喩のつもりで、「頭を使いすぎて知恵熱が出た」というのは間違いとはいえません。現在、「知恵熱」を「深く考えた後の発熱」という意味で使っている方の多くは、比喩のつもりではなく、「知恵=深い思考」ととらえているかもしれませんね。

実際に頭を使いすぎて発熱する、ということはあるのでしょうか。実は、強いストレスや、慢性的なストレスによって体温が上昇し、突発的に高熱が出たり、微熱が長く続いたりする「機能性高体温症(心因性発熱)」という症状があります。考え過ぎがストレスと結びつけば、発熱もありえるのです。この症状の場合、原因がストレスですから、一般的な解熱剤は効きません。「病気ではなさそうだけど熱が出る」ような場合、気軽に「知恵熱」と考えず、熱の原因にきちんと向き合ったほうがいいかもしれません。

降っているのか、降っていないのか 「雨模様」

天候を表す、雨模様(あめもよう、あまもよう)という言葉があります。外出しようとして「外は雨模様だよ」といわれたら、傘を持っていこうか、置いていくか、迷う方もいるのではないでしょうか。ここでクイズです。

問. 「外は雨模様だ」というとき、雨模様はどちらの意味だと思いますか。

1. 雨が降りそうな様子
2. 小雨が降ったりやんだりしている様子

答えは、1の「雨が降りそうな様子」です。


雨模様とは、本来は、どんよりと曇って雨の降り出しそうな空の様子を指します。これは文化庁の平成22年度の「国語に関する世論調査」で出された問題ですが、この調査では、本来の意味を選択した人は約4割にとどまり、2の「小雨が降ったりやんだりしている様子」を選んだ人のほうが多いという結果になったのです。

もともと、雨模様は「雨催い(あめもよい、あまもよい)」という表現をしていました。「催い」は、名詞の下につくと、その物事のきざしが見えること、そうなる気配が濃厚なことを表します。眠気を催す、吐き気を催す、などと使いますが、この時点では、まだ眠ったり吐いたりはしていません。ですから、「雨催いの空」といえば、雨が降りそうな気配が濃厚な空、ということ。語源をたどれば、雨模様が、雨の降りそうな様子であるということはよくわかります。

「催い(もよい)」が「模様(もよう)」に変化したことで、本来の意味がわかりにくくなったといえるかもしれません。「模様」は、名詞の下について、それらしい様子や雰囲気であることを表す言葉でもあります。そのため、「海沿いは雨模様のようだ」など、「雨模様」を「雨が降っているらしい様子」という意味で使う例も出てきました。さらに、近年は「現に雨が降っている」意でも使う(小学館・デジタル大辞泉)とする辞書も出てきています。
曖昧な使われ方をしている「雨模様」。しかし天気というのは本来移ろうものです。雨が降ったりやんだりしそうな天候を一言で表すのに便利なこともあり、今後、新しい意味を認める流れはいっそう強まるかもしれません。いずれにしても、「雨模様」と聞いたときには、傘は持参したほうがよさそうですね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ