語源・由来|「ツツジ/アジサイ」 初夏の花にまつわる語源

語源・由来|「ツツジ/アジサイ」 初夏の花にまつわる語源


5月の庭を一面、鮮やかな赤、ピンク、紫、白に染める花、ツツジ。6月の雨に濡れて彩の美しさを増すアジサイ。春から初夏にかけて人々の目を楽しませる、庭の花の代表といえる植物です。今回は、この2つの花の名前にまつわる語源をご紹介します。ツツジ、アジサイの名所は全国各地にあります。花を愛でに出かける前に知っておくと、ちょっと自慢できる花の名前の語源をどうぞ。

羊が立ち止まってしまうほどの……または次々と咲く花 「ツツジ」

ヤマツツジ、サツキ、レンゲツツジ、ミツバツツジなど、さまざまな種類があり、春から夏に山や庭を彩る花、ツツジ。漢字では、少し難しい字ですが「躑躅」と書きます。日本だけでなく、アジアに広く分布する花ですが、日本名はどのようにしてツツジとなったのでしょう。

ツツジの名前の語源にはいくつかの説があります。一つは、「続き咲き木(ツヅキサキギ)」からつけられたというもの。たくさんの花が咲く様子からつけられたのでしょうか。つぼみの形が女性の乳頭に似ていることから「垂乳(タルルチチ)」の略転という説や、「綴り茂る(ツヅリシゲル)」がもとになったという説もあります。朝鮮語でツツジの仲間をtchyok-tchyok、tchol-tchukといい、これが転訛したともいいます。

一方、漢字の「躑躅」は漢名、つまり中国での名前から来ています。「躑躅」は「てきちょく」とも読み、この場合は足踏みすること、2、3歩行っては止まること、ためらうこと、という意味になります。ツツジを見る人が美しさに足を止めることから、花の名が「躑躅」となったともいわれ、花の盛りのころの美しさを思えば納得してしまいますが……もうひとつ、ちょっと怖いいわれもあるのです。ツツジの仲間に「羊躑躅(イワツツジ)」、別名「レンゲツツジ」という種類があります。レンゲツツジには致死性になりうる毒のグラヤノトキシンが含まれており、羊がその葉を食べると躑躅(てきちょく)して死ぬから、この名がついたという説があるのです。

ツツジの花を摘んで、根元の甘い蜜を吸ったことのある方は多いでしょう。ツツジには無毒のものも多いのですが、中には、レンゲツツジのように庭木としても植えられている身近な花でありながら、毒性のある注意の必要な種類もあるのです。躑躅の漢名の由来とともに、覚えておきましょう。

青い小花が集まる様から 「アジサイ」

梅雨時期に青、紫、ピンク色など、さまざまな色の花を咲かせるアジサイ。古くは万葉集でも「味狭藍」「安治佐為」といった記述で歌に詠まれている日本原産の花です。このアジサイの名前はどのようにつけられたのでしょう。

アジサイは昔、「あづさヰ(あぢさヰ)」といいました。「あづ(あぢ)」は「集める」の古語、「集む」が転じたものです。次に、「さヰ」は「真藍(さあい)」という、色の「藍」に、意味を強める接頭辞の「さ」をつけた言葉を省略したものです。つまり、藍色の花が集まった様子から、アジサイの名はつけられたと考えられています。

漢名の「紫陽花」は、唐の詩人、白居易の漢詩に由来します。中国の招賢寺という寺で名前のわからない紫色の花を見た白居易は、「与君名作紫陽花(君を紫陽花と名付けよう)」と結ぶ詩を残します。日本の漢和辞書『和名類聚抄』にて、この詩の「紫陽花」は日本のアジサイと同じものと紹介されたことから、日本ではアジサイの漢名として「紫陽花」が定着していったようです。しかし、実は白居易の見た紫色の花は、日本のアジサイとは別の花だったと考えられています。

かつてアジサイは色の変化が「心変わり」に通じるなどといわれ、日本では良いイメージを持たれなかったそうですが、江戸時代に日本を訪れたツンベルクやシーボルトによってヨーロッパで紹介され、人気を博し、園芸品種として改良が進みます。現代では、次々と新しい花が世に出て、日本でもアジサイは梅雨時に人気の花になると共に、アジサイへのイメージも大きく変わりました。白のアジサイには「寛容」、青には「忍耐強い愛」という花言葉がつけられ、現在ではアジサイはジューンブライドのウエディングブーケにも使われる花になっているのです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ