語源・由来|「テンパる」「ビビる」 使われ方が変わった言葉の語源

語源・由来|「テンパる」「ビビる」 使われ方が変わった言葉の語源


「テンパる」、「ビビる」という言葉は、若者が使う歴史の浅い言葉のようにも見えますが、語源をさぐると実はまったく違う意味で使われていた言葉です。言葉の成り立ちのおもしろさをご紹介します。

もとは麻雀用語 「テンパる」

「テンパる」は、焦る、いっぱいいっぱいになる、慌てて動揺する、といった意味で、まるで心に余裕がないさまをいう俗語です。「新人の頃、ランチ時の混雑にテンパってオーダーミスをしちゃってね」などと使います。

ちょっとおもしろい響きをもつこの言葉、もともとは「聴牌(テンパイ)になる」という麻雀用語から生まれたものです。「聴牌」は、あと1個、必要な牌(パイ)が入れば上がれる状態になること。この「聴牌」に接尾辞の「る」がついて動詞化したのが「テンパる」です。ここから転じて、「テンパる」は、十分に用意がととのうことをいうようになり、さらに、目いっぱいの状態になることもいうようになりました。

現在では、「十分に用意がととのうこと」の意味ではあまり使われなくなり、「目いっぱいの状態」のほうの意味が多用され、心に余裕がないさまを表す言葉として一般的に使われています。

この「テンパる」のように、体言+接尾辞「る」の組み合わせは非常に汎用性が高く、さまざまな新しい動詞が生まれています。「グチる(愚痴+る)」や「ヒニクる(皮肉+る)」などはすでに一般的な言葉になっていますし、「デコる(デコレーション+る)」「ディスる(ディスリスペクト+る、ののしる、悪口をいう意)」など、長めの言葉を省略することで日本語の動詞らしくなり、多くの若者が使うようになった言葉もあります。

耳慣れない新しい動詞が出てきた時、どんな言葉の組み合わせや省略でできているか、さぐってみるのもおもしろいですよ。

江戸時代からある言葉 「ビビる」

「初舞台に立った時はそうとうビビった」などと使う「ビビる」。気おくれする意味の俗語表現として広く使われている言葉です。近年になって生まれた若者言葉にも見えますが、実は、意外にも歴史があり、江戸時代の文献にも見られる言葉なのです。

「びびる」で辞書を引くと、「はにかむ。恥ずかしがって小さくなる。また、気おくれして小さくちぢこまる。萎縮する」(出典:精選版日本国語大辞典)と出ています。現代では、後半の「気おくれして小さくちぢこまる」ほうの意味で通っている「びびる」ですが、恥ずかしがって小さくなる様子とは確かに近い印象を受けます。

この言葉が出てくる文献としては、1680年の『続無名抄』に例を見ることができ、また、江戸時代後期の川柳集『柳多留』にも「あいさつに男のびびる娵(よめ)の礼」という句が見られます。お嫁さんのあいさつにはにかむ男の様子を表しているのでしょうか。ほかにも「びびる」は、「すねて素直でなくなる」、「ケチケチする」といった意味でも使われていました。京都では鐘の音が振動して響くことを「鐘の音がびびる」というそうですが、びびるには「音が振動する」という意味もあります。

語源は諸説あるのですが、「びび」が大地の震動音や物の震動音を表すことから、そうした音に反応して尻込みする、という説や、「ビクビクする」を略した言葉ではないかといわれています。
前半では名詞やオノマトペなどの体言に「る」をつけることで生まれる新しい動詞をご紹介しましたが、もし「ビクビクする」から「ビビる」が生まれたのであれば、その成り立ち方が似ていますね。「ビビる」という言葉の歴史は思いがけず古いものでしたが、その生まれ方は今の若者の造語の感覚に近く、それゆえに、「ビビる」は現代の俗語として幅広く使われる言葉になっていったのかもしれません。

最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト