健康メニュー|夏越(なごし)ごはん 無病息災を願う新しい行事食

健康メニュー|夏越(なごし)ごはん 無病息災を願う新しい行事食


画像提供:公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構

夏の新しい行事食として注目されている「夏越ごはん」をご存じでしょうか。夏越ごはんとは、1年の前半を締めくくる6月30日に食べる、夏の食材の栄養がたっぷり盛り込まれたメニューなのです。今回は、夏越ごはんの由来と、おすすめの食材についてご紹介します。

夏を乗り切る 夏越ごはんとは?

6月30日は夏越の祓、そして夏越ごはんの日

毎年6月30日は、「1年の前半」の最終日。この日に行われる神事が「夏越の祓」です。夏越の祓では日々の過ちや心身の汚れをはらい清め、無病息災を祈ります。神社に設けられた大きな輪(茅の輪)をくぐる「茅の輪くぐり」などは、経験したことのある方も多いのではないでしょうか。夏越ごはんは、この夏越の祓にちなんで提唱された、6月30日に食べる新しい行事食なのです。
夏越の祓について詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

雑穀ご飯の上に「茅の輪」をイメージした丸いかき揚げをのせる

夏越ごはんにも、夏越の祓と同様に「無病息災を願い、1年の後半を新たな気持ちでスタートする」といった願いが込められています。
レシピや食材に厳密な決まりはありませんが、雑穀ご飯の上に、茅の輪をイメージした丸いかき揚げをのせ、しょうがを使ったおろしダレを使っていただくのが一般的です。このかき揚げには、茅の輪をイメージした緑の野菜や、邪気祓いをイメージした赤い食材を使うのがおすすめされています。
緑や赤といえば、この頃から旬を迎える夏野菜などの食材にも多い色合いです。続いては、夏越ごはんにおすすめの食材と、その栄養について見ていきましょう。

栄養もたっぷり!夏越ごはんにおすすめの食材

雑穀ごはんの「粟」は血液を健やかに、赤米・黒米は若々しさの元に

夏越ごはんに雑穀が用いられるのは、茅の輪の由来になった、蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞嗚尊(すさのおのみこと)を粟飯でもてなした……という伝承によります。粟には血液を健やかにしてくれる鉄分が豊富に含まれていますし、また、赤米・黒米の色素(ポリフェノール)には若々しさを保つ抗酸化作用が期待できます。他にも、豆類や麦類など栄養豊富な食材がたくさん含まれているのです。

ゴーヤの苦みには食欲を促す効果も

熱に強いビタミンCが豊富で、疲労回復が期待できるゴーヤ。独特の苦みには、夏場に衰えがちな食欲を促す働きもあります。
ゴーヤについて詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

お腹にやさしく血糖値の急な上昇も抑えるオクラ

オクラのねばねば成分には、夏に弱りがちな胃腸を守ってくれる働きがあります。またねばねば成分のひとつであるペクチンには、食後の血糖値が急に上がるのを抑える働きも見られます。
オクラについて詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

カルシウム豊富で、脳の機能改善も期待できるエビ

1年中出回っているものの、実は夏から秋が旬のエビ。高タンパク低脂肪で、骨を丈夫にするカルシウムも豊富に含まれています。また、赤い色の元である色素「アスタキサンチン」には、脳の機能を改善する効果も期待されています。
エビについて詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

夏こそ気になる冷えを防ぐしょうが

しょうがは百邪を防ぐといわれる健康食材です。なかでも体を温める働きは、冷房の使い過ぎなどで体の冷えが気になる夏にも、ぜひ注目したいところです。
しょうがについて詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

お好みの食材で楽しく食べられる夏越ごはんを

「夏の緑と赤の食材」といえば、他にも良質のたんぱく質が多い枝豆や、血行を促す働きが見られる赤パプリカなどさまざまなものが挙げられます。家族の好みを反映したり、食感の組み合わせなども工夫して、楽しく食べられる「我が家の夏越ごはん」レシピを考えてみてはいかがでしょうか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ