スキンケア|美白ケアにおすすめの食べ物や化粧品の選び方をご紹介!

スキンケア|美白ケアにおすすめの食べ物や化粧品の選び方をご紹介!


20代、30代の頃に比べて悩みが複雑化していくのが、40代以降の大人の肌。古くから「色の白いは七難隠す」といわれているように、美白※ケアは肌トラブルに悩む女性にとって永遠のテーマなのかもしれません。今回は、大人ならではの美白ケアについてご紹介します。

※美白:メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ

大人が直面する肌悩みとは

乾燥、たるみ、くすみ、シワ……。大人が直面する肌悩みは、かなり複雑化しています。きちんとケアしたいと思っていても、「とりあえず保湿だけなんとかしておこう」「肌をケアする余裕がない」など、さまざまな事情で後回しにせざるを得ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、毎日の保湿はもちろんのこと、大人の女性にぜひ取り入れていただきたいのが美白ケアです。

紫外線は日差しの強い季節だけでなく、曇りの日を含めて1年中降り注いでいます。日々しっかり紫外線対策を続けることで、肌ダメージやシミ・そばかすを防ぎ、うるおいを保つことができます。

美白を支える食べ物やサプリメントとは

美白ケアと聞くと、高価な美容液などを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、肌も体の一部。食べ物やサプリメントなどで、内側から美白を支えることも大切です。

肌の土台をつくるたんぱく質

たんぱく質といえば、肉や魚、卵に加え、乳製品や大豆製品などさまざま。これらを毎日バランスよく食べることで、コラーゲン、ヒアルロン酸、イソフラボン、ビタミンB2・B6、ビタミンAなど、肌に大切な成分をしっかり摂取することができます。

うるおいや透明感を支えるビタミンC

乾燥した肌はダメージに弱く、美白ケアの実感が薄れてしまうことも。そこで、うるおいと透明感を支え、コラーゲンの生成を助けるビタミンCの摂取を忘れないようにしたいものです。オレンジやキウイなどの果物のほか、ブロッコリーやカリフラワーなどの野菜からも摂ることができます。

十分な水分と脂質

「水分を摂りすぎるとむくみが気になる」「健康やダイエットのために脂質は極力抑えている」という方もいらっしゃるかもしれませんが、適切な水分と脂質の補給も肌には欠かせません。利尿作用のあるカフェインを多く含む飲料や糖分の多い清涼飲料水やジュースなどは控え、食事とは別に1日1.5リットルの水分補給がおすすめです。また、保水に欠かせない脂質も、食事とは別に1日20グラムほど摂取するとよいでしょう。

ビタミンCやL-システインを含むサプリメント

食事からの摂取が難しい場合は、サプリメントを上手に活用しましょう。上記のビタミンCをはじめ、L-システイン、ビタミンE、アミノ酸、リコピン、アスタキサンチンなど、美白を支える成分が含まれたサプリメントを選ぶのがポイントです。

美白ケア化粧品の選び方

美白ケアについては、内側からのケアと共に、外側からのケアも見直したいもの。ポイントとなるのが、紫外線対策と保湿ケアです。日焼け止めを日常的に使い、水分と油分でしっかり保湿することを心がけましょう。肌の様子を見ながら、週1回ほどの頻度でやさしく角質ケアをしてあげると、さらに実感が増すといわれています。

日焼け止めは数種類持っておく

日焼け止めはひとつではなく、メイク下地を兼ねるもの、メイクの上から塗り直せるスプレータイプやパウダータイプのもの、腕や脚などにたっぷり使える大容量のものなど、さまざまな形状のものを持っておくとよいでしょう。数分でも紫外線を浴びるとメラニンの生成が始まるとされているため、朝のゴミ出しや洗濯物干しなどのわずかな時間でも、しっかり日焼け止めを塗ることをおすすめします。

美白有効成分が入った化粧品を選ぶ

美白ケアアイテムを選ぶなら、「医薬部外品」「薬用美白化粧品」と記された、美白有効成分が入ったものを選びましょう。主要な成分としては、トラネキサム酸、カモミラET、TXC、アルブチン、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、リノール酸Sなどが挙げられます。

まずは美容液から試してみる

化粧水や乳液など全てのアイテムを美白ケアに変えることが難しい場合は、まず美容液から試してみるとよいでしょう。美白有効成分は水溶性のものが多いため、美容液には高濃度配合をうたったものが多く発売されています。「どのメーカーの美容液を選べばいいのかわからない」「肌に合うか心配」という場合は、少量の「お試し」から始めてみるのもおすすめです。

内側と外側からのケアで、大人の美白ケアを始めてみませんか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ