美容法|今日から始められる!気軽にできるアンチエイジング法でいつまでも若々しく

美容法|今日から始められる!気軽にできるアンチエイジング法でいつまでも若々しく


美容に関する記事を見ていたり、化粧品を探していたりすると、アンチエイジングという言葉をよく見かけます。美容におけるアンチエイジングとは、具体的にどういうことなのでしょうか。今回は、アンチエイジングの意味やメリット、そして自宅で気軽にできるアンチエイジング法をご紹介します。

そもそもアンチエイジングとは?

アンチエイジングとは、日本語で「老化防止」「抗加齢」などと訳されています。年齢を重ねるごとに心身が衰えていくのは自然なこと。その老化現象は健康を損なうような影響があるほか、見た目にも現れてきます。その進行を遅らせるという意味で、アンチエイジングという言葉は使われています。

美容におけるアンチエイジングは、見た目の老化現象の進行を遅らせたり、予防したりする目的で、美しさを保つために行うものを指しています。そのため、劇的な若返りを目的とした美容整形などは、アンチエイジングに定義されないともいわれています。

生活習慣を見直す、不足しがちな栄養素を補う、適度な運動を取り入れる、アンチエイジングをうたったケア製品を使うなどを心がけることが、美容におけるアンチエイジングの基本といえそうです。

アンチエイジングのメリットについて

トラブル知らずの美肌を目指せる

生活習慣を見直すことで、健康的な食事や十分な睡眠が確保できるようになれば、肌トラブルを防いで美肌を目指せるでしょう。さらに専用のケア製品を使うことで、外側からも美しさを保つことが期待できます。

いつまでも若々しい印象を目指せる

適度な運動と生活習慣の見直しを行うことは、病気の予防や健康の支えにもつながります。丁寧なスキンケアを続けることで、毎日のお化粧やおしゃれが楽しくなり、心の豊かさも増すでしょう。心身ともにいきいきとしている人からは、元気で若々しい印象を受けるもの。日々の心がけや継続こそが、アンチエイジングそのものともいえるかもしれません。

気軽にできるアンチエイジング法のご紹介

では、自宅で簡単に続けられるアンチエイジング法を5つご紹介します。

朝起きたら白湯を飲む

睡眠中は思った以上に汗をかくものです。人間の体の約6割は水分とされているため、朝起きたらまずコップ1杯程度の水分補給をするようにしましょう。いきなり冷たい水を飲むと体もびっくりしてしまうため、常温の水か、白湯(ぬるま湯)を飲むといいでしょう。

念入りにうがいをする

見た目の老化現象で気になる部分といえば、口元のたるみやほうれい線。そこでおすすめなのが、歯磨きの時間を使ったエクササイズです。いつもなんとなく済ませているうがいを念入りに行い、気になるほうれい線の内側や歯茎と唇の間を空気で刺激するようにしてみましょう。普段使わない筋肉を刺激するよう意識するのがポイントです。

大きな歩幅で歩く

通勤や買い物の際、いつもより大股で歩くよう意識してみましょう。脚やお尻のエクササイズはもちろん、腕を振ることで背中のエクササイズにもつながり、運動効率の上昇も期待できます。また、背筋を伸ばして姿勢を整えると、より颯爽と歩いているように見え、若々しい印象が増すでしょう。

シャンプー前にブラッシングをする

髪の毛のブラッシングは、朝出かける前とお風呂の後に乾かす時だけ……という方も多いかもしれません。そこでひと手間加えていただきたいのが、シャンプー前のブラッシングです。汚れを浮き出させて落としやすくするだけでなく、頭皮のマッサージにもなります。
見た目のアンチエイジングとして、髪の毛も重要なパーツのひとつ。いつまでもハリ・コシのある髪の毛を目指したいものです。

ぬるめのお風呂に15分浸かる

忙しい時はついついシャワーで済ませがちですが、時間がある日は美肌のためにお風呂に浸かるといいでしょう。おすすめは、39度前後のお湯に15分程度浸かるというもの。熱すぎるお湯や長すぎる入浴時間は、肌の乾燥を招くこともあるとされています。ぬるめのお湯に15分なら、気軽に続けられそうです。

これらのアンチエイジング法と合わせて、専用の製品でコツコツケアを続けることで、いつまでも若々しい印象を目指しましょう。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ