健康習慣|アニマルセラピー ペットとの触れ合いでストレスケア

健康習慣|アニマルセラピー ペットとの触れ合いでストレスケア


動物を飼うと早起きになる、散歩をするので体を動かすようになる、といった話はよく耳にしますが、実は動物と触れ合うことそのものにも、心身を健康にしてくれるポイントがたくさんあるのです。今回は、アニマルセラピーの概要についてご紹介します。

アニマルセラピーとは?

動物を飼っていると健康面でもメリットが

ドイツ、オーストラリア、中国で行われた調査によると、動物を飼っている人は、飼っていない人に比べて1年間で病院に行く回数が15%~20%少なかったのだそうです。動物のお世話で規則正しく暮らすようになったり、体を動かす機会が増えたりすることもありますし、動物と触れ合うこと自体も、ストレスの緩和、精神的な落ち着き、意欲の向上などをもたらしてくれることが多いと見られています。

飼えない人でも触れ合いの機会が持てるアニマルセラピー

こういった「動物と触れ合うメリット」は古くから注目され、海外では古代ローマ時代に、動物を負傷した兵士のリハビリ治療に役立てていたという記録も残っています。日本でも近年、身近な動物である犬を伴って高齢者施設を訪問するなどの活動がさかんに行われるようになり、アニマルセラピーという言葉が使われるようになっていったのです。

動物介在療法として医療現場で実施されることも

「アニマルセラピー」は日本独自の造語

日本で言われるアニマルセラピーは、自宅でのペットとの触れ合いから、ボランティアでペットを伴って施設を訪ねるといったことまで、広い意味を指して使われています。ただし「セラピー」には「治療」という意味があり、あまり広義に用いるのは誤解を招くとして、この分野の専門家の間では「動物介在療法」「動物介在活動」「動物介在教育」といった呼び分け方をされています。

治療法としてのアニマルセラピー「動物介在療法」は医師が率いる

「動物介在療法」は、医療機関で医師や医療従事者を中心としたチームを組んで実施されます。みんなで動物と触れ合う……というよりも、1人ずつ目標を設定してそれに沿ったプログラムを実施します。参加する動物も、訓練、しつけ、服従の基準を満たし、認定されたプロの「セラピーアニマル」なのです。身近な犬の他に、乗馬を利用したセラピーなども見られます。

「動物介在活動」や「動物介在教育」は、より一般的なアニマルセラピーのイメージに近いかもしれません。「~活動」は、レクリエーションや、参加者の意欲を引き出す、QOL向上などの意味合いで行われ、活動性や社会性を活発にさせることが期待されます。「~教育」も読んで字のごとく、動物との触れ合いを総合学習などの教育に活かす取り組みです。

まずは身近な動物と触れ合ってみよう

医療機関での「治療」でなくてもアニマルセラピーのもたらすものは大きい

専門家による動物介在療法などは医師の判断で実施されますが、日常生活の中で動物と触れ合うことによっても、ストレスを緩和したり、意欲を引き出すといった効果は十分期待できます。

ただし、動物を飼うことは命を預かる行為ですから、アニマルセラピーのためだけに動物を飼うことは決して安易にはすすめられません。まずは、動物園のふれあいコーナーやアニマルカフェなどで動物と触れ合ってみたり、知り合いのペットと触れ合える機会を設けてもらうなどといった形でもよいでしょう。
もし“家族”になってくれる動物を探すのであれば、飼い主が手放したり、保健所や愛護センターなどから引き取られたりした動物と、新しい飼い主候補を引き合わせる「保護猫(犬)カフェ」などを訪ねるのもおすすめです。

また、動物アレルギーがある、動物に心理的なトラウマを持っているなど、アニマルセラピーには向かない人もいますので、家族など本人以外の人が勧める場合は慎重に。1人1人に合った形で、動物との触れ合いがある暮らしを楽しんでくださいね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ