スキンケア|季節の変わり目はスキンケアの見直し時

スキンケア|季節の変わり目はスキンケアの見直し時


まだまだ暑い日が続きますが、季節は確実に秋へと移り変わっています。季節の変わり目は、肌の調子がゆらぎがち。こんな時こそスキンケアを見直して、肌トラブルを予防し、これからの乾燥シーズンに備えたいものです。今回は、秋に取り入れたいおすすめのお肌のお手入れ方法についてご紹介します。

秋に乾燥を感じる原因とは?

朝晩の寒暖差が大きくなる初秋。季節の変わり目は、肌がくすんだり、かさついたり……肌の調子を崩してしまう方が多いのではないでしょうか。

秋に肌の乾燥を感じる主な原因は、気温の低下とともに湿度も急激に下がることにあるといわれています。湿度が下がると、肌からの水分蒸発量が増加し、乾燥につながってしまいます。

さらに、夏の肌疲れも原因のひとつ。皮膚は外側から表皮・真皮・皮下組織という3層から成り立ち、それぞれがきちんと機能することで美しい肌を保っています。しかし、夏の間に浴びた紫外線による日焼けによって表皮の表面に水分不足が起きると、内側の真皮や皮下組織も枯渇状態に。すると、ターンオーバー(肌が新陳代謝で生まれ変わる仕組み)がスムーズに進まず、秋を迎える頃に肌疲れがでてきてしまうのです。

まずは夏の肌疲れをしっかりケア

洗顔後に肌がつっぱる、化粧水が浸透しにくい、目尻や口元がかさつくなど、いつもと違う肌の調子に気付いたら、肌疲れが起きているサインかもしれません。夏のダメージ肌をそのままにしておくと、秋には、たるみやシミなどの肌トラブルにつながることも。そうならないためにも、夏の肌疲れをケアすることが大切です。

ホットタオルケアで毛穴の汚れをオフ

まずは、ターンオーバーの停滞により肌の表面にとどまった角質を取り除きましょう。おすすめはホットタオルケア。いつものクレンジングのあとに、45度ぐらいのお湯であたためたホットタオルを気になる部分に2分ほど置きます。そうすることで毛穴が開き、汚れが落ちやすくなります。また、タオルの熱で血流アップも見込めます。週に1回程度が目安です。

いつもより丁寧にスキンケアをする

ホットタオルのあとは、たっぷりの化粧水で水分補給を。時間を置かず、すぐに化粧水を付けて肌に水分を与えましょう。特に乾燥が気になる部分には重ね付けするのがポイント。そのあとは、美容液、乳液、クリームの基本のケアを丁寧に行い、しっかり保湿しましょう。

美容オイルを取り入れて潤いをとどめる

肌の表面に膜を張り、化粧水の潤いをとどめてくれる美容オイルを取り入れるのもおすすめです。美容オイルを乳液の代わりに使ったり、いつもの乳液やクリームなどに混ぜて使ったりすることで、保湿力アップが期待できます。

乾燥の季節に備えるおすすめの栄養素

肌の乾燥を予防するには、内側からのケアも重要。肌の潤いを保つ効果が期待できるおすすめの栄養素をご紹介します。

ビタミンA

肌のターンオーバーをスムーズにする働きが期待できるといわれているのが、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素であるビタミンA。にんじんやほうれん草、パプリカなどの緑黄色野菜や、レバー、うなぎ、卵黄に含まれています。

ビタミンB類

美容に欠かせない栄養素としておなじみのビタミンB類。なかでも、ビオチンは皮膚トラブルの改善、葉酸はターンオーバーを促す効果が期待できます。ビタミンB類は、ナッツ類や納豆、アボカド、鶏卵などに含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは、“美肌ビタミン”と呼ばれるほど、肌や骨の健康を保つために必要な栄養素です。レモンやグレープフルーツといった柑橘類、イチゴやキウイなどに含まれています。

これから乾燥シーズンが本番を迎えます。肌の外側からはもちろん、内側からもケアをして、潤いあふれる肌を保ち続けたいですね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ