ヘアケア|毎日のケアで美髪をキープ!エイジングケアシャンプーの選び方

ヘアケア|毎日のケアで美髪をキープ!エイジングケアシャンプーの選び方


白髪が増えたりボリュームがなくなったりと、年齢を重ねるごとに髪はどんどん変化していきます。しかし、「若い時と同じケアアイテムを使っている……」という方が多いかもしれません。髪や頭皮の悩みが増えてきたら、毎日のお手入れを見直すことが大切。そこで今回は、エイジングケアシャンプーの種類と目的別の選び方をご紹介します。

大人の女性に多い髪の悩み

髪の毛が生えてから抜け落ちるまでのサイクルを「毛周期」と呼び、女性の場合は約3~6年をかけて成長期・退行期・休止期という3つの段階を繰り返しています。加齢とともにこのサイクルが乱れると、新しい髪をつくる成長期の期間が短くなり、髪の成長が止まる退行期と髪が抜け落ちる休止期が長くなります。

すると、抜け毛や白髪が増える、髪のハリやコシがなくなる、といった現象が現れてくるのです。加齢にともなう髪の変化は、個人差はありますが、40代になると多くの方が感じるといわれます。

白髪

髪の毛の色は、メラニン色素の種類や量によって決まります。加齢によって、メラニン色素をつくるメラノサイト(色素形成細胞)の働きが低下したり、髪を生み出す毛母細胞にメラニン色素が渡されなくなったりすると、白髪になってしまいます。

くせ毛・うねり毛

「もともとストレートヘアだったのに、年齢とともにくせ毛になってきた」と感じたことがある方もいらっしゃるかもしれません。その原因のひとつは、頭皮のたるみにあると考えられています。頭皮がたるむと、髪の毛の通り道となる毛穴が歪んだり皮脂や汚れが詰まったりして、髪の毛があちこちを向いてしまいます。また、肌と同じように髪の毛も加齢とともに水分量が減り、保湿力が弱まってうねりやすくなる場合もあります。

抜け毛・薄毛

女性の抜け毛や薄毛には、女性ホルモンが大きく影響しているといわれます。加齢によって女性ホルモンの分泌が減少すると、髪の毛のハリやコシが失われ、1本1本が細くなることで抜け毛につながります。特に更年期症状が現れる45~55歳頃、女性ホルモンの分泌が急激に減少することがわかっています。

エイジングケアシャンプーにはどんな種類がある?

髪の毛や頭皮の変化を感じたら、シャンプーをエイジングケアシャンプーに切り替えましょう。ドラッグストアで手に入るものからヘアサロンで販売されているものまで、さまざまなタイプがあります。次にエイジングケアシャンプーの種類と特徴を、洗浄成分に注目して見ていきましょう。

アミノ酸系

髪と同じ成分である、アミノ酸系の成分を配合しているため、頭皮への刺激が少ないのが特徴。マイルドな洗浄力でまとまりのある髪に導いてくれます。代表的な洗浄成分には、「グルタミン酸」「グリシン」「メチルアラニン」などがあります。

石鹸系

動植物由来の油脂を主成分としたシャンプー。泡立ちがよく洗浄力が比較的強いので、頭皮や髪の毛のベタつきをすっきりと落としてくれます。成分表示には「脂肪酸」や「石鹸素地」などと記載されています。

高級アルコール系

石油由来の界面活性剤をベースにつくられたシャンプーです。しっとりした洗い上がりなので、しなやかでパサつきにくい髪に仕上がります。ただし、洗浄力が強いため肌が敏感な方は要注意。成分表示には「ラウレス硫酸」や「ラウリス硫酸」などと記載されています。

目的別!エイジングケアシャンプーの選び方

シャンプーは洗浄成分によってそれぞれにメリット・デメリットがありますが、エイジングケアには、やさしい使い心地のアミノ酸系がもっともおすすめ。それに加えて、髪の悩みに応じた成分がプラスされたものを選ぶとより効果的です。

白髪を生えにくくしたい

頭皮から髪の毛に栄養がしっかり届くよう、頭皮環境を健やかに保つことが大切。アミノ酸系シャンプーは地肌に負担をかけず、頭皮に必要な潤いを残して洗えます。シャンプー時にヘッドマッサージを行うと頭皮の血流がアップして、白髪予防が期待できます。

くせ毛・うねり毛を改善したい

毎日のシャンプーで頭皮の毛穴の詰まりをしっかりオフして、髪の毛がまっすぐ生えてこられる状態に整えましょう。水分と油分のバランスが崩れるとうねりにつながることもあるので、保湿成分が配合されたシャンプーを選ぶのも良いでしょう。

抜け毛・薄毛を予防したい

アミノ酸系シャンプーのなかには、育毛ケア成分をプラスしたものもあります。毛量が少なくぺたんとしてしまうのが気になる場合は、髪の毛のハリやコシをサポートしてくれるボリュームアップ成分が含まれるタイプのシャンプーを使ってみてください。

自分に合ったエイジングケアシャンプーを選んで、年齢を感じさせない若々しい頭皮と髪の毛を手に入れましょう。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ