ヘアケア|年齢とともに気になりはじめる頭皮のニオイ 効果的な対策方法

ヘアケア|年齢とともに気になりはじめる頭皮のニオイ 効果的な対策方法


年齢を重ねるにつれて、「頭皮のニオイが気になる」という女性は増える傾向にあります。加齢臭は男性だけではなく女性にも発生するもの。特に40代を過ぎると、ホルモンバランスの変化によってニオイの元となる物質が発生しやすくなります。今回は、加齢による頭皮のニオイの原因とその対策についてご紹介します。

大人女性を悩ませる、頭皮の加齢臭の原因とは

頭皮のニオイをはじめとする体臭の主な原因は、体から出る皮脂や汗。これら自体がニオイを放つわけではありませんが、皮膚に付着している常在菌によって分解されたり、空気中の酸素によって酸化したりすることで、ニオイが発生すると考えられています。

このメカニズムは、男性でも女性でも基本的には同じですが、女性はホルモンバランスの影響を受けやすいといわれています。
女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きがありますが、年齢とともに女性ホルモンは減少。男性ホルモンが優位になり、皮脂が過剰に分泌されることでニオイの原因が増えてしまいます。また、更年期の代表的な症状のひとつであるホットフラッシュは、首から上に多量の汗をかくのが特徴。ホットフラッシュでかく汗は、アンモニアや乳酸などニオイの元となる成分が含まれているのです。

ちなみに、頭皮は全身のなかで最も皮脂腺が多く、顔面の中で皮脂の分泌が多いとされるTゾーン(額から眉間を通り、鼻先までのT字型の部分)の2倍以上といわれています。汗腺は手のひらや足裏に次いで多くあります。余分な皮脂や汗をきちんと取り除けていないと、ニオイだけでなく、ベタつきやかゆみなどの頭皮トラブルにもつながってしまいます。

簡単セルフチェックで自分の頭皮の状態を知ろう

頭皮は自分の目で直接確認できないため、知らず知らずのうちにニオイが発生していることも。まずは簡単にできるセルフチェックで頭皮の状態を知ることからはじめましょう。

指で頭皮を触ってみる

清潔な指で頭皮を軽くこすり、指に残ったニオイを嗅ぐ方法です。シャンプーをしたばかりだとニオイがわからないことがあるので、時間帯を変えて1日に何度か確認してみましょう。夕方や夜になるとニオイが強くなるかもしれません。

枕カバーのニオイを嗅いでみる

起床時に頭が当たっていた部分のニオイを嗅ぐと、頭皮のニオイが移っていることがあります。洗いたての枕カバーよりは、数日間使ってからのほうがわかりやすいでしょう。

ドライヤーの風を後ろから当ててみる

髪の毛を乾かす要領で後頭部からドライヤーの風を当ててみて、風とともに嫌なニオイがしないかどうかチェックします。お風呂上がりのタイミングではなく、起床時から夕方、頭皮や髪の毛が完全に乾いている状態で行いましょう。

ニオイ対策のカギは健康な頭皮環境

頭皮のニオイを防ぐためには、日々のヘアケアが何より大切です。選ぶべきケアアイテムやお手入れの方法を見直して、健やかな頭皮環境を目指しましょう。

低刺激のシャンプーでやさしく洗う

頭皮のニオイが気になるからといって、洗浄力が強いシャンプーを使ったり、ゴシゴシこすって洗ったりするのはNG。地肌のうるおいが失われ、かえって皮脂の分泌が過剰になってしまうので、やさしく丁寧に洗います。頭頂部や襟足、耳の後ろなど、ニオイが発生しやすい箇所は特に念入りに洗い、すすぎ残しのないようにしましょう。

シャンプー後はすぐに乾かす

髪の毛や頭皮を生乾きのまま放置すると、雑菌が繁殖してニオイの原因に。シャンプーの後は、すぐにドライヤーで乾かしましょう。表面だけでなく、内側からしっかりと乾かすのがポイントです。

頭皮マッサージで血行を促進

頭皮の血行不良は、汚れや老廃物が毛穴に詰まる原因のひとつ。指の腹を使ってマッサージを行い、頭皮をやわらかくほぐしましょう。地肌の状態を整えることで、ニオイの原因が生まれにくくなります。

シャンプーの選び方や頭皮マッサージの方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

自分ではなかなか気づきにくい頭皮のニオイ。しかし、その原因を知り、正しい対策をとることで軽減できます。今回ご紹介したセルフチェックを一度試してみて、気になる場合は早めにケアをはじめてくださいね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ