健康習慣|マスク、正しく使えてる?

健康習慣|マスク、正しく使えてる?


風邪やインフルエンザの予防にはマスクをする……マスクをするのは「ウイルスを吸い込まないため」などと考えている方も多いかもしれません。今回は、マスクの効果をおさらいしながら、間違いがちなマスクの付け方、正しい効果が得られる付け方についてご紹介します。

マスクをする「効果」をおさらいしよう

鼻や喉の周りを保湿することで抵抗力を保つ

マスクというとフィルターのイメージが強いのか、つい「異物を吸い込むのを直接防ぐ」ものだと考えがちです。花粉症の場合はその通りですが、風邪やインフルエンザのウイルスは一般的なマスクの編み目よりもずっと小さく、直接侵入を防ぐことはできません。
実は、マスクの大事な効果のひとつは「保湿」なのです。空気が乾燥すると、鼻や喉が本来持っている、異物を外へ出す働きが弱まり、抵抗力が落ちてしまいます。そこで、マスクを使って鼻や喉の周りを覆うことで湿度を保ち、抵抗力をキープするのです。また、ウイルスは湿気に弱いため、その点でも効果が期待できます。

他の人への感染を避ける

風邪やインフルエンザに感染した方がマスクをしていないと、つい自分の鼻や口を手などで触ってしまい、その手でさまざまなところに触れてウイルスを広げてしまうといった危険性が高まります。また、マスクをしていないと咳やくしゃみでウイルスが飛んでしまうので、ウイルスから感染する「飛沫感染」の危険性も高まります。

間違えがちなマスクの使い方

鼻を出したまま口だけに当てる

口だけにマスクを当てていても、咳やくしゃみのしぶきを抑えることはできますが、鼻の抵抗力を保つ効果はなくなってしまいます。息苦しいのを嫌って、鼻を出す付け方がよく見られますが、自分自身の風邪、インフルエンザ予防としてはおすすめできません。

ワイヤーを鼻の形に合わせていない

一般的な不織布マスクの上部(鼻側)にはワイヤーが入っていますが、これは息苦しくならないようにすき間を作るためではありません。鼻の突起に沿って、ぴったりとマスクを付けるための仕様なのです。ここにすき間があると、保湿の効果が下がりますし、咳やくしゃみから発生するウイルスを抑える効果も弱まります。

ゴムを耳にかけたままマスクを下げて顎にかける

飲食する時や会話をしづらい時などに、ついやってしまいがちな付け方ですが、短時間でもおすすめできません。もし、顎の付近にウイルスなどがついていた場合は、マスクの内側にもそれがついてしまいます。マスクをかけ直したはずが、密閉状態で内側についたウイルスを吸い込んでしまうかもしれないのです。

正しい使い方でマスクの効果を引きだそう

サイズを合わせ、なるべく顔にフィットさせる

マスクの付け方の基本は「周囲を顔にフィットさせ、すき間を作らない」ことです。サイズの合わないマスクは、大きすぎても小さすぎてもすき間ができやすくなります。また、ワイヤーが入っている場合は鼻の形に合わせて、マスクの上部を顔から浮かせないようにすることも重要なポイントです。

顎を出さず、包むようにかける

プリーツ(ひだ状に折りたたまれた部分)があるマスクの場合は、顔とのすき間を作らない意味でも、顎からウイルスがつくのを防ぐ意味でも、マスクで顎までしっかり覆うのがおすすめです。プリーツを広げ、顎を包むようにして付けるようにしましょう。

ウェットティッシュを挟んで2枚使いするアレンジも

「正しい使い方」というよりもアレンジ法ですが、保湿効果を高めるために、ウェットティッシュなどを挟んで2枚重ねしたマスクを付けるというのも、おすすめの付け方です。ポケットに濡らしたパーツを入れるタイプのマスクに近い状態を作ることができます。

マスクの効果に「保湿」があることに、驚いた方もいるのではないでしょうか。乾燥しがちの季節、加湿器が苦手な方などは、寝る時にマスクを付けるのもおすすめです。正しい付け方で、風邪やインフルエンザを寄せ付けないようにしましょう。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ