スキンケア|いつも潤った肌を保つために コットンパフの正しい選び方&使い方

スキンケア|いつも潤った肌を保つために コットンパフの正しい選び方&使い方


化粧水や乳液を付ける時、メイクを落とす時などに欠かせないコットンパフ。大事なアイテムだと分かっていても、さまざまな商品があるなかから“なんとなく”選んでしまうことはありませんか。そこで今回は、コットンパフの形状や素材の違い、用途に合わせた選び方と使い方をご紹介します。

コットンパフにはどんなタイプがある?

コットンパフを使うシーンとして多いのは、化粧水を付ける時ではないでしょうか。他にも、ローションパックをしたり、メイクやマニキュアを落としたりするのに使うこともありますね。コットンパフは、形状によってさまざまなタイプに分けられ、用途に応じて選ぶのがおすすめです。

カットタイプ

シート状のコットンを長方形にカットした、もっともスタンダードなタイプ。加工を施さないシンプルな形状なので用途を選ばず、コットンならではのやさしい肌ざわりも特徴です。

サイドシールタイプ

中綿を薄手の不織布で挟み、両サイドをシールで貼り合わせたタイプ。中綿が飛び出してくることがないので、あらゆる用途に適しています。

ラウンドタイプ

名前の通り丸い形をしていて、中綿を薄手の不織布で包んだタイプ。手になじみやすく、毛羽立ちや型くずれがしにくい加工を施してあるため、パッティングをする時に便利です。

※パッティング…化粧水をなじませる時に、肌を軽くたたきながらなじませること

2Wayタイプ

片面はコットン、もう片面はメッシュタイプというように、表と裏で加工が異なるタイプ。ふわふわした面はパッティングに、凹凸のある面はふき取りに向いています。

セパレートタイプ

薄手のコットンを何枚も重ねて貼り合わせたタイプ。はがして使えるので、化粧水を含ませてローションパックをする時におすすめです。

コットンパフを選ぶ時のチェックポイント

毎日のスキンケアに使うからこそ、その効果をより高めてくれるコットンパフを選びたいもの。そこで、コットンパフを選ぶ時にチェックしておきたい、いくつかのポイントを見ていきましょう。

肌にやさしい素材

一般的なコットンパフは漂白剤を使って処理されているものが多く、肌がデリケートな方にとっては負担になってしまうことがあります。「無漂白」という表示があるものや、オーガニックコットンを使ったものだとより安心です。また、シルクを配合することで肌あたりをなめらかに仕上げたタイプもあります。

用途に適した厚み

薄手のコットンパフは水分を吸収しやすいため、1枚でもたっぷりと化粧水を染み込ませることができます。一方、厚手のコットンパフは肌あたりのよさが特徴ですが、薄手のタイプより吸水性が低いことも。パッティングやパックなど、化粧水をしっかり含ませたい場合には薄手のものがおすすめです。ふき取りタイプの化粧水を使う時やメイクを落とす時など、肌の上で何度も動かす必要がある場合は厚手のものを選びましょう。

毛羽立ちのしにくさ

毛羽立った状態のコットンパフを使うと、肌にあたって刺激になったり、コットンの繊維が肌に残ったりすることがあります。サイドシールタイプやラウンドタイプは、その形状から毛羽立ちが比較的しにくいといわれます。カットタイプははがすと毛羽立ちやすいので、はがさずに使うのがおすすめです。

ちなみに、コットンパフは寸法が長い方向に繊維が流れるように作られています。そのため、繊維の向きに対して垂直になるように指に挟んで使うことも毛羽立ちを防ぐポイント。化粧水の量が足りないと毛羽立ちの原因になることもあるので、化粧水は十分に含ませてくださいね。

コットンパフを使った毎日のスキンケア&スペシャルケア

毎日のスキンケアは「化粧水パッティング」

コットンパフを使って化粧水を付けるメリットは、肌全体に均一に潤いを届けられること。額や頬など顔の広い面だけでなく目元や口元などの細部にもなじみやすく、ムラを防ぐことができます。パッティングをする時は、化粧水をたっぷりと含ませたコットンパフを、軽いタッチで肌の上を滑らせるように動かします。最後は化粧水を押し込むようにやさしく肌をタップ。脈拍に近いゆっくりとしたテンポで行うのがポイントです。

「乳液パック」で手軽にスペシャルケア

乾燥がひどい時は、コットンパフと乳液を使ったスペシャルケアを取り入れて。化粧水と乳液で肌を整えたあと、乳液を含ませたコットンパフを気になる部分に貼り、5~10分置いてからはがします。コットンパフに残った乳液は、首やデコルテなどにムダなくなじませましょう。

コットンパフの正しい選び方と使い方を知って、スキンケアの時間をさらに充実させてみてはいかがでしょうか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ