健康メニュー|縁起と実益を兼ねた食習慣「年越しそば」

健康メニュー|縁起と実益を兼ねた食習慣「年越しそば」


1年の締めに年越しそば。この習慣は江戸時代からはじまったとされ、今でも年末の風物詩です。これだけ浸透している年越しそばも、なぜ食べるのかについては意外と知られていません。そこで今回は、年越しそばを食べる理由や、流行る理由となったそばの栄養についてご紹介します。

年越しそばは大晦日、それとも元旦?

大晦日の食事といえば「年越しそば」。一般には年を越えるタイミング、つまり大晦日の夜に食べることが多いようです。しかし、家庭によっては、大晦日のお昼ごはんだったり、はたまた元旦の朝食だったりという方もなかには見受けられます。

福島県の会津地方では、大晦日にそばを食べず、「元日そば、二日もち、三日とろろ」といって、元旦にそば、2日に餅(雑煮状で、会津ではつゆ餅と呼ばれる)、3日にとろろ(とろろ汁や、とろろご飯)を食べる習慣があります。みなさんの周りでも、「年越しそばは年が明けてから食べる」という方がいらっしゃるかもしれませんね。

「三日とろろ」とは、1月3日に健康や長寿を願って、とろろ汁や麦とろご飯などのとろろ料理を食べるという慣習。こちらの記事も参考になります。

年越しそば、なぜ食べる?

食べ物にまつわる由来は諸説あることが多く、例に漏れず年越しそばの由来もさまざま。いずれも縁起の良いものばかりで、人々が期待を持って新しい年を迎えていたことが分かります。そのなかから有名なものをいくつかご紹介します。

長寿を願って

細くて長いそばのように、大きな禍福なく、長生きできるように。

苦労や災い、借金などを断ち切る

そばを麺状に切る「そば切り」がはじまったのは、江戸時代になってから。その頃のそばは、つなぎが入っていないため、とても切れやすかったのです。そこから、負の出来事を断ち切って、新年を迎えられるという縁起ができました。

運が向くように

福岡県福岡市の承天寺は、うどん・そば発祥の地として有名です。鎌倉時代、大晦日にこの寺が貧しい人々にそば餅を提供したところ、翌年からその人たちに運が向いてきたという逸話にあやかったという説です。ちなみにそば餅とは、そば切りがなかった頃のそばの食べ方で、そば粉を練って餅のようにしたものです。

金運上昇を願って

金細工・金箔を使う職人は、飛び散った金粉を集める際にそば粉を使ったのだそう。集めた金粉付きのそば粉を水につけると、そば粉は水に溶けて金粉だけを取り出せるという仕組み。そこから「金を集める縁起物」として、翌年の商売繁盛を願って年越しそばが好まれました。

年越し以外も食べたくなる、そばの栄養

「そばを食べると脚気(かっけ)にならない」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。脚気は江戸時代に流行した病気で「江戸患い」とも呼ばれ、疲れやしびれを伴い、重篤化すれば命にかかわるものでした。将軍・武士・貴族といった、身分の高い人がなぜか発症しやすく、理由は分からないまま。やがて、そば好きは江戸患いにかかりにくいようだぞ……とのうわさが広がって、そばが大流行したのです。

現代では、身分の高い人ばかりが発症した理由は白米食だろうと考えられています。脚気はビタミンB1の不足によって起こります。玄米には含まれていたB1が、精米することによって失われたというわけです。そして、そばにもビタミンB1がたっぷり含まれているので、「そばを食べると脚気にならない」といううわさは真実だったといえるでしょう。

慌ただしい年末も終わりを迎え、静かな夜にいただく年越しそば。これぞ伝統的な年越しですよね。長寿・悪運断ち・運気アップ・金運と、諸説ありますが、来年はどれをかなえたいですか。今年の年越しそばは、いつもよりも願いをこめて召し上がってみてはいかがでしょうか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ