日本のみそ|油味噌(沖縄県) やさしく、味わい豊かな甘みでご飯がすすむ

日本のみそ|油味噌(沖縄県) やさしく、味わい豊かな甘みでご飯がすすむ


沖縄県で親しまれている「油味噌(アンダンスー)」は、味噌といっても味噌汁にするのではなく、ご飯にのせたり、おにぎりの具としてそのまま食べることの多い「なめ味噌」の一種です。今回は、沖縄の「おばあの味」である、油味噌の特徴と食べ方、ご家庭での作り方をご紹介していきます。

味噌と砂糖の甘みが絡み合う油味噌

油味噌は、味噌と豚肉、もしくは魚介類などを炒めた沖縄名物。沖縄の言葉で、「アンダ(油)」+「ミスー(味噌)」から、「アンダンスー(アンダミスー)」とも呼ばれます。
食材が傷みやすい高温多湿の沖縄では、味噌と豚の脂は貴重な保存食。そうした背景もあって、油味噌は古くから各家庭で常備食・保存食として作られ続けてきました。現在では市販品も多くなり、沖縄土産としても人気があります。

油味噌には、合わせ味噌や豚肉(魚介類)に加えて砂糖やみりん、ショウガ、泡盛などを入れることが多く、豚や魚の油と味噌のコク、そしてじんわりとしたやさしい甘みが特徴です。地域によっては、鹿児島県奄美地方や沖永良部(おきのえらぶ)諸島、沖縄県粟国島で作られている、ソテツの実と玄米と大豆を原料にした「ソテツ味噌」を使うこともあります。

王道の“ご飯のおかず・おにぎり”以外にもさまざまな食べ方が

いわゆる“ご飯のお供”として白飯に添えたり、おにぎりの具として食べられることが多い油味噌。沖縄では、アンダンスーおにぎりがコンビニでも普通に売られています。
また、なすやゴーヤなどの野菜と一緒に炒めたり、きゅうりや大根、キャベツなどの生野菜に付けて食べるのもおすすめ。ゴマやネギ、シソなどの薬味を加えて、冷や奴にのせてもおいしくいただけます。具材の大きい油味噌なら、お酒のおつまみにそのまま食べても。もちろん、沖縄県特産の泡盛との相性も抜群です。

沖縄版クレープと呼ばれる「ポーポー」も、油味噌のおいしい食べ方のひとつ。ポーポーとは、小麦粉を水で溶いて薄く焼いた皮で、油味噌をくるりと巻いて食べる昔ながらのお菓子。黒糖を入れた甘い生地を焼いて丸め、餡なしで食べる「ちんびん」とともに沖縄ではよく食べられています。
ポーポーもちんびんも、元々は旧暦の5月4日、沖縄では「ユッカヌヒー」と呼ばれるこどもの日に、子どもたちの健やかな成長を願って食べていたものなのだとか。

家庭でできる油味噌の作り方をご紹介

昔から沖縄の各家庭で作られてきただけに、油味噌にはさまざまなレシピが存在しますが、ごく一般的な作り方を簡単にご紹介します。

<油味噌の作り方>

分量

豚肉:味噌=1:1。砂糖や泡盛、みりんなどはお好みの加減でどうぞ。
ちなみに、甘めの油味噌が好きな家庭では、砂糖も豚肉や味噌と同量入れることがあるのだそうです。

作り方

1.まずは豚肉(魚介)をナベやフライパンなどで油を敷かずに弱火で炒めます。

2.油が出てきたらとろ火に切り替えて味噌を絡ませ、砂糖、みりん、泡盛を加えて煮ていきます。焦げつきやすい材料ばかりなので、弱めの火でじっくり煮るのがポイントです。

3.水分がなくなり、ツヤが出てきたら完成!

材料の豚肉は、食感を楽しむなら刻んだ三枚肉(豚バラブロック)を入れるのがおすすめ。手軽に作るなら、豚ミンチやツナを使ってもおいしく出来上がります。

沖縄に古くから伝わってきた「おばあの味」こと油味噌は、家庭でも手軽に作れて保存性にも優れている、うれしい一品。市販品の油味噌も、全国各地の沖縄県アンテナショップや、大型スーパーなどで扱われることが増えてきたので、見かけたらぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康メニュー|美容や健康効果が期待できる豆乳 栄養や効果、適切な摂取方法とは

健康メニュー|美容や健康効果が期待できる豆乳 栄養や効果、適切な摂取方法とは

大豆を原料とした「豆乳」は、美容や健康にいい効果が期待できる飲み物として、さまざまなメーカーから販売されています。たんぱく質が豊富で低カロリー、しかも脂質も低い豆乳は、美容や健康のために毎日飲むという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、豆乳にはどのような栄養や効能が期待できるのか、飲み方や牛乳との比較などと併せてご紹介します。


郷土料理|ちたけそば(栃木県) ご当地きのこの濃厚なだしを味わう

郷土料理|ちたけそば(栃木県) ご当地きのこの濃厚なだしを味わう

栃木県民のソウルフードともいわれ、あまりに熱烈な愛されぶりから、素材となるきのこ「ちたけ」自体が希少になってしまったという「ちたけそば」。人気の秘訣は、同じく高級食材として知られるあのきのこにも迫る、風味のよさにあるといわれます。今回は、ちたけそばや、その素材である「ちたけ」についてご紹介します。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト