健康メニュー|にゅうめん 汁ものを栄養たっぷりの軽食に

健康メニュー|にゅうめん 汁ものを栄養たっぷりの軽食に


しいたけや昆布などのだし汁と野菜などの具材だけで作れるので、精進料理としてもよく供されるにゅうめん。実は栄養バランスも良く、味付けや具材次第でさまざまな楽しみ方ができるのです。今回は、にゅうめんのバリエーションや、栄養についてご紹介します。

にゅうめん(入麺、煮麺)とは

奈良県の郷土料理ながら、全国で食べられるように

にゅうめんは、温かいだし汁などで煮たそうめんを汁ごといただくもので、もともと、手延べそうめんの発祥地といわれる奈良県で生まれた郷土料理です。しかし、そうめんが全国で広く食べられるようになったのと同様に、にゅうめんも全国各地で食べられるようになったのです。
そうめんの淡泊な味も相まって、現在ではさまざまな味付けのにゅうめんが見られます。主なものをご紹介しましょう。

すまし、とろみ醤油、味噌と味付けもさまざま

だしの味が決め手のすまし

にゅうめんの基本ともいえるすましは、だし汁を中心としたシンプルな味付けです。具材としてはほうれん草をはじめとする青菜や、コクの出る油揚げ、だしの出るしいたけ、干しエビなどがよく見られます。かんきつ類などの薬味も相性が良いメニューです。

食べやすく身体もあたたまるとろみ醤油

とろみ醤油は、主に醤油を使用しただし汁にあんかけ風のとろみがついています。具材としてはにんじんやごぼうなどの根菜類、とろみとの相性がいいかき卵やなめこなどのきのこ類がよく見られます。汁のとろみや、根菜類の栄養など、身体をあたためる効果が期待できるメニューです。

まろやかな味わいの味噌

味付けというよりも、おみそ汁でそうめんを煮るといった感じですので、各家庭の味が出やすい味付けかもしれません。豚肉やチンゲン菜などの主張が強い具材や、大きめに切った具材なども組み合わせやすいメニューです。

1品加えて栄養アップ!にゅうめんと組み合わせたい食材

しいたけを加えてうま味アップ&動脈硬化を防ぐ

にゅうめんの具材としては定番のしいたけ。しいたけに含まれる「ポリアミン」は、血管内の炎症を抑え、血管の老化による動脈硬化の進行を防いでくれます。動脈硬化が進みやすい冬には特に食べたい食材なのです。その他にも骨を健やかにするビタミンDや、血液をサラサラにしてくれるレンチオニンとグアニル酸などを含んでいます。
詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

生のネギを薬味にして風邪を防ぐ

にゅうめんとネギも相性の良い組み合わせです。一緒に汁で煮込んでもいいのですが、おすすめは生のネギを薬味にする食べ方。生のまま刻むことで増えるネギの辛み成分「アリシン」には、血行を促したり、疲労回復に効果のあるビタミンB1の吸収も助けてくれる効果があります。
詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

すりごまを加えて冷え性対策に

冷えが気になる時は、温かい食べ物だけでなく、身体をなかからあたためてくれる食材も摂りたいところ。そこでおすすめなのが、温かいにゅうめんとすりごまの組み合わせです。すりつぶすことで血行を促し、冷えを改善するごまの成分「セサミン」を、より効率よく取り入れることができます。
詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

食欲がない時も、汁ものであれば食べやすく、身体をあたためることができます。エネルギーの元である糖質を含むそうめんと、さまざまな栄養素を含む具材との組み合わせで、バランスよく食べられるのもうれしいポイントです。
世田谷自然食品でも、フリーズドライタイプのにゅうめんを取り扱っています。お湯を注ぐだけで作れて、具材もたっぷり。風邪気味で台所に立つのがつらい時などにもおすすめです。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ