健康習慣|その不調、口呼吸が原因かも? 鼻呼吸の大切さを知っておこう

健康習慣|その不調、口呼吸が原因かも? 鼻呼吸の大切さを知っておこう

本来、人は鼻で呼吸をするようにできています。しかし、口で呼吸をしていることも意外と多いもので、なかには口で呼吸するほうが楽という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、意外と知られていない鼻の優秀な機能と、その効果についてご紹介します。鼻呼吸の習慣がつくコツもお伝えしますので、日々の健康習慣にぜひ加えてみてください。


本来、人は鼻で呼吸をするようにできています。しかし、口で呼吸をしていることも意外と多いもので、なかには口で呼吸するほうが楽という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、意外と知られていない鼻の優秀な機能と、その効果についてご紹介します。鼻呼吸の習慣がつくコツもお伝えしますので、日々の健康習慣にぜひ加えてみてください。

「口」と「鼻」では大違い、鼻の役割をあらためて

みなさんは普段、鼻と口のどちらで呼吸をしているでしょうか。息を吸って吐くだけならば、どちらでも可能ですよね。例えば風邪や花粉症で鼻が詰まった時には、鼻の代わりに口で呼吸をするでしょう。口は鼻より大きく開けられるので、よりたくさんの空気を取り込めます。しかし、いつも口呼吸でいいのかというと、そんなことは全くありません。
鼻には口にはない、呼吸のための機能が備わっています。そこで、鼻呼吸の大きな3つの働きをご紹介します。

加湿器

鼻から吸った空気は、鼻腺からの分泌液で加湿されます。その威力は想像以上で、湿度は約70~90パーセントまで高まります。

空気をキレイにする

空気中のチリやホコリは鼻毛が、細菌やウイルスは鼻の粘膜がキャッチして、体内への侵入を防いでくれます。さながら空気清浄機のような役割です。

空気をあたためる

鼻呼吸は、口呼吸と比較して2℃ほど加温能力が高いことがわかっています。あたためられて潤った空気が肺に運ばれることで、肺の伸縮性や換気能力が正常に保たれます。

口呼吸のリスク

「潤い・清く・あたたかい」空気が鼻呼吸で運ばれる空気だとすれば、口呼吸はその反対で「乾燥して・汚れた・冷たい」空気を運んでいます。
また、口呼吸は口内を乾燥させるため、唾液が持つ殺菌・消毒作用がきちんと働きません。口内が乾くことによって、細菌が繁殖しやすい環境となり、口臭・歯周病・ドライマウスなど、口内トラブルのリスクが高まります。さらに、口呼吸は前頭葉を疲れさせるため、注意力や作業効率の低下を招くこともわかっています。

鼻呼吸を習慣づけるには

鼻呼吸のメリット、それから口呼吸のリスクについて説明してきました。では、うっかり口呼吸にならないために、どんなことができるでしょうか。

まず、みなさんの舌は、普段どこにありますか?そのときどきで違うという方は、口呼吸になりやすいタイプです。また、特定の歯に常に当てているという場合は、歯並びが悪くなることもあるので注意が必要です。

舌は、上顎のくぼみにすっぽり収まっているのが正しい状態です。舌先は「ら」を発声した時の位置に当てて、舌の中央は上顎のくぼみに入るようにと意識するとよいでしょう。舌を正しい位置に置くと、舌が邪魔して空気が通らないため、自然と鼻呼吸になります。慣れるまでは意識的に位置確認を行うようにしてみてください。舌の位置を維持する筋肉がつけば、顔のたるみ予防にもなります。

鼻詰まりがある方は、まずはその改善を

花粉症や鼻炎など、鼻が詰まることが多い方は、どうしても口呼吸になってしまいます。まずはこれらの鼻詰まりの原因を治していくことが先決です。鼻詰まりの改善は、その原因に合わせて適切な対応をしましょう。花粉症の治療をする、鼻うがいで鼻を通す、いびきが癖になっている場合には口いびき外来もあります。鼻詰まりが改善されるまでは、部屋に加湿器を置いたり、マスクをしたりなど、乾燥した冷たい空気を吸わない環境作りをしてみてください。

鼻は呼吸に最適であるように作られていることが、おわかりいただけましたか?鼻呼吸を意識することで、インフルエンザ・風邪対策や、口内トラブルの軽減に役立ちます。鼻呼吸と口呼吸はちょっとの違いのようで、結果は大きく異なってきます。まずは今日、舌の位置を意識するところからはじめてみてください。

関連する投稿


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康習慣|七草粥はなぜおかゆ?冬の体にやさしい食事

健康習慣|七草粥はなぜおかゆ?冬の体にやさしい食事

1月7日は七草粥を食べる日として知られていますが、なぜおかゆを食べるのかご存じでしょうか?1月7日は日本の五節句のうち「人日(じんじつ)の節句」にあたり、季節の変わり目に無病息災や五穀豊穣などを願う日とされています。そこで今回は、1月7日に七草粥を食べる習慣について解説。寒さが厳しい冬にこそ食べたい、体にやさしい食事についてもご紹介します。


健康法|お家も心もスッキリ! 大掃除のコツ

健康法|お家も心もスッキリ! 大掃除のコツ

新年を気持ちよく迎えるための年末の大掃除ですが、掃除が苦手だったり面倒に感じたりしている方は多いのではないでしょうか。掃除をするとお家がスッキリするだけでなく、精神安定効果やフィットネス効果もあると知れば、きっと重い腰も上がるはず。大掃除の効果や、やる気スイッチが入る大掃除のコツをご紹介します。


健康習慣|冬至を楽しむための食べ物と習慣

健康習慣|冬至を楽しむための食べ物と習慣

二十四節気のひとつである「冬至」。冬至は、1年のうち太陽が出ている時間がもっとも短く、夜がもっとも長くなる日です。日付は毎年前後しますが、12月21~22日頃にあたります。今回は、冬至の意味や由来とともに、かぼちゃを食べる習慣やゆず湯に入る風習について解説します。


健康法|かかとのひび割れ その原因と対処法を知ろう

健康法|かかとのひび割れ その原因と対処法を知ろう

かかとのひび割れは、冬場に起こりやすい肌トラブルのひとつ。放っておくと、歩く時に痛みが出たり、痛い足をかばうことでひざに負担がかかったりすることがあります。そこで今回は、かかとのひび割れが起こる原因と、自分でできる対処法をご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト