美容法|目の下のクマを解消して明るく若々しい印象に

美容法|目の下のクマを解消して明るく若々しい印象に


目元は顔の印象を左右します。目は日常生活で絶えず動いているうえ、現代人はパソコンやスマートフォンの使用によって目を酷使しがち。世代を問わず、目の下のクマに悩む方が多いようです。実は、クマには大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれに原因や対処法が異なります。そのまま放っておくとどんどん慢性化してしまうため、気づいたら早めに対処することが肝心。今回は、クマのタイプに応じたケアの方法をご紹介します。

青クマ、黒クマ、茶クマ……あなたのクマはどのタイプ?

目の下のクマが、3つのタイプのうちどれにあてはまるか簡単にチェックする方法があります。目尻に指を当て、やさしく横に引っ張ってみてください。
この時、クマが動かない場合は「青クマ」、クマが消えて見えなくなる場合は「黒クマ」、皮膚と一緒にクマが動く場合は「茶クマ」である可能性が高いと考えられます。まずはそれぞれのクマの特徴を見ていきましょう。

青クマ

「青クマ」の主な原因は、目の周りの血行不良です。目元は皮膚が薄いため、疲労や寝不足、ストレスなどによって血流が滞ると、毛細血管が透けて青黒く見えてしまいます。冷え性や偏頭痛がある方、長時間のデスクワークをされる方は、青クマができやすいかもしれません。

黒クマ

「黒クマ」は、皮膚のたるみやシワが原因。加齢によって肌のハリが失われたり目元の筋肉が衰えたりすることで、目元に影ができて黒く見えてしまうのです。そのため、上を向いた状態で鏡を見るとクマが目立たなくなります。

茶クマ

「茶クマ」は、目元の色素沈着が主な原因です。洗顔やメイクをする時の摩擦、紫外線による刺激によって目元の肌のターンオーバーが乱れると、メラニンが蓄積され、やがて色素沈着となって残ります。茶クマは他の2つのタイプのクマよりも解消に時間がかかるため、コツコツとケアを続けていくことが大切です。

クマを解消するタイプ別対処法

クマの対処法はタイプによって異なります。ご自身のクマのタイプとその原因に応じた適切なケアを行うことが、いきいきとした目元を手に入れるための近道です。

青クマ

青クマを解消するには、血行不良を改善することが必要です。目元をやさしくマッサージしたり、ホットタオルを数分間のせたりすると、目の周りがじんわりとあたたかくなり青みが軽減されます。湯船にゆっくりと浸かって体全体をあたためるのも効果的です。また、冷たい食べものや飲みものはできるだけ避けましょう。

黒クマ

たるみを原因とする黒クマには、目元を引き上げるトレーニングを取り入れましょう。目の周りをはじめ、表情筋をほぐし、鍛えるのがおすすめです。また、日々のスキンケアで保湿を徹底することも大切。肌のハリやツヤをサポートする成分が含まれた基礎化粧品を使うとよいでしょう。

表情筋を鍛える方法については、下記の記事も参考にしてみてください。

茶クマ

茶クマの原因は色素沈着なので、まずは肌の新陳代謝を高めることが重要です。メラニンの生成を抑える美白有効成分が含まれた基礎化粧品で丁寧にお手入れをしましょう。紫外線によるダメージも色素沈着を引き起こすため、紫外線対策もお忘れなく。

目元のマッサージ&ストレッチでクマを解消

目元が疲れているとクマが出やすくなります。最後に、目元のコリをほぐすマッサージとストレッチをご紹介します。なお、茶クマの場合は、肌への摩擦を極力避けるためにマッサージは控えたほうがよいでしょう。

<血流アップマッサージ>

朝のメイク前や夜のスキンケア時にできる簡単なマッサージ。ホットタオルで目元をあたためてから行うか、入浴後の体があたたまっているタイミングで行うと効果的です。

  1. 中指と薬指の腹を目頭に当て、目尻へと指をすべらせます。5回程度繰り返しましょう。
  2. 目頭と鼻の間を中指で3秒間プッシュし、指を離します。5回程度繰り返してください。
  3. 眉頭の下のくぼんだ部分を3秒間プッシュし、指を離します。こちらも5回程度繰り返します。
  4. 人さし指・中指・薬指の3本を眉毛の下に当て、上に向かって引き上げます。
  5. 最後に中指と薬指をこめかみに当て、小さな円を描くようにしてほぐしましょう。

<眼輪筋ストレッチ>

目の周りは「眼輪筋」という表情筋に囲まれています。ここをストレッチすることで目元の引き締まりを実感できるでしょう。

  1. 目を大きく見開き、眼球を前に突き出すようなイメージで3秒間キープします。
  2. 額に力が入ってしまう場合は、手のひらで額を軽く押さえましょう。
  3. 目の力をゆるめてリラックスします。
  4. 1~3を数回繰り返しましょう。

目の下にクマがあると、疲れたように見えたり、実年齢よりも老けて見えたりしてしまいます。クマのタイプごとのケアに加え、パソコンやスマートフォンの使いすぎに注意する、洗顔時に肌をこすらないなど、日頃から目元を労わる工夫も必要です。小さなことから実践して、明るく若々しい目元を目指しましょう。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ