ヘアケア|ベタつき、ニオイ、かゆみ……夏の頭皮トラブルを防ぐケア

ヘアケア|ベタつき、ニオイ、かゆみ……夏の頭皮トラブルを防ぐケア


夏は、頭皮のベタつきやニオイ、かゆみなどのトラブルが出やすい季節です。頭皮は体のなかでもっとも紫外線を受けやすい場所でありながら、対策やお手入れが後回しになりがちな部分。さらには、間違ったケアをすると、ますます症状を悪化させてしまうことがあります。今回は、意外とやってしまいがちな間違ったヘアケア方法と、頭皮の紫外線対策についてご紹介します。

夏に起こりやすい頭皮トラブル

うだるような暑さに強烈な紫外線と、厳しい気候が続く日本の夏。顔や体は日焼け止めで紫外線対策をしているのに、頭皮や髪の毛は無防備になってしまっていませんか?適切にケアを行わないと、次のような頭皮トラブルが起こりやすくなります。

皮脂や汗による「ベタつき」

頭皮は全身のなかでもっとも皮脂腺が多く、汗腺も手のひらや足裏に次いで多いといわれています。そのため、皮脂や汗の量が増える夏は、頭皮がベタつきがちな状態になります。すると、地肌を指でさわった時に脂っぽく感じたり、髪の毛がぺたんとつぶれて重たく感じたりすることがあるでしょう。

自分では気づきにくい「ニオイ」

頭皮のニオイは、過剰に分泌された皮脂やフケをエサに雑菌が繁殖することで発生します。とはいえ、自分のニオイはなかなか気づきにくいもの。朝起きた時に枕のニオイを嗅いでみる、髪の毛が乾いた状態でドライヤーの風を後ろから当ててみる、といった方法でセルフチェックをするのがおすすめです。

ついつい掻いてしまう「かゆみ」

頭皮が乾燥したり刺激を受けたりすると、頭皮にかゆみが出ることがあります。日差しが強い夏は、頭皮の水分が奪われやすく、紫外線の刺激によって皮膚が炎症を起こしてかゆみを感じやすくなります。かゆいからといって掻きむしると頭皮が傷つき、症状を悪化させてしまうため、早めの対処が必要です。

やってはいけないNGヘアケア

「毎日きちんとケアをしているのに、頭皮トラブルが起きてしまう」と感じる方は、もしかしたらその方法が間違っているのかもしれません。頭皮のダメージにつながるヘアケアを行っていないか、見直してみてください。

朝も夜もシャンプーをしている

寝汗が気になる夏は、朝にシャワーを浴びることがあるかもしれません。その時、前日の夜にシャンプーをしたにもかかわらず朝にもシャンプーをするのはNGです。シャンプーは1日1回、夜に行うだけで十分。シャンプーをしすぎると、頭皮を保護するために必要な皮脂まで洗い流され、それを元の状態に戻そうとして過剰な皮脂分泌を招いてしまいます。

シャンプー時のお湯が熱すぎる

熱すぎるお湯でのシャンプーも、頭皮の皮脂を落としすぎる原因となります。お湯の温度は、少しぬるいと感じる38℃前後がおすすめです。また、汚れをしっかり落としたいからといって、頭皮や髪の毛をゴシゴシこするのは厳禁。お湯で丁寧に予洗いをすることで、汗や皮脂などが落ちやすくなります。そのあと、よく泡立てたシャンプーで指の腹を使って洗いましょう。

シャンプー後の自然乾燥

夏場は暑さからドライヤーが面倒になりがち。しかし、自然乾燥では頭皮や髪の毛が濡れた状態が長く続き、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。お風呂上がりは髪の毛をやさしく包み込むようにタオルドライしてから、早めにドライヤーで乾かしましょう。

頭皮を守る髪の洗い方や乾かし方については、以下の記事も参考にしてみてください。

頭皮の紫外線ダメージに要注意

夏の頭皮ケアで特に力を入れたいのが、紫外線対策です。紫外線によってダメージを受けた頭皮は、さまざまなトラブルが出やすくなります。また、ヘアサイクル(髪の毛が生えてから抜けるまでの周期)が乱れて健康な髪の毛を作れなくなり、薄毛や抜け毛につながることもあります。

帽子や日傘で頭皮をガード

ある調査データによると、髪型によって異なるものの、頭皮は顔の2倍の紫外線を浴びているといわれています。紫外線は、夏に限らず年中降り注いでいます。外出時は帽子や日傘でしっかり頭皮をガードするか、髪の毛に使えるUVスプレーを活用しましょう。また、髪の毛の分け目がいつも同じだと、その部分の頭皮に紫外線のダメージが集中してしまうため、分け目を時々変えるのもおすすめです。

頭皮の状態をチェック

健康な頭皮は透き通った青白い色をしていますが、紫外線を受けると炎症を起こし、ややピンクがかった色に見えることも。頭皮がどんな色をしているか、時々セルフチェックをしてみてください。外出から帰ったあと、頭皮が熱をもっていると感じたりヒリヒリしたりする場合は、冷やしたタオルを当ててクールダウンをしましょう。

頭皮をよい状態に保つことは、美しい髪の毛をキープすることにもつながります。毎日のヘアケアを正しく行い、トラブル知らずの頭皮を目指しましょう。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ