健康習慣|もしもの時、心の健康を守るには?

健康習慣|もしもの時、心の健康を守るには?


災害や感染症のまん延など、いつもと違う状況におかれると、気持ちが不安定になってしまうことも。そんな時、どうやって心の健康を守ればいいのでしょうか。今回は、心の健康を守るためのヒントをご紹介します。

気持ちが不安定になると自分の考えが制御できなくなる

隔離されると、孤独、不安、怒りなどを感じやすい

外出制限などで隔離されると、思うように他の人と交流できず孤独を感じたり、起こりうる悪い事態を想定して不安になったり、不自由さから怒りを感じやすくなったりします。また、そうした感情にとらわれて、いつもならあり得ない考え方をしてしまうこともあります。

心の健康の守り方 ~日本赤十字社「感染症流行期にこころの健康を保つために」を参考に~

日本赤十字社は、2020年に起きた感染症流行を踏まえて、「隔離・自宅待機している方」、「その周囲の方」、「高齢者や基礎疾患のある方・ご家族の方」を対象にそれぞれ対処法を紹介しています。ここでは「隔離・自宅待機している方」向けの内容から、いくつかご紹介しましょう。

まずは取り組みたいことをご紹介します。

気持ちが不安定になりやすいと自覚し、受け止める

まずは孤独・不安・怒りなどを感じやすい状態にあると自覚し、冷静を心がけるようにしましょう。ただし「我慢して平静を保たなければ」と気持ちを抑え込むと、ストレスをためてしまいます。どうすれば気持ちを和らげられるのか、自分と対話しながら受け止めていきましょう。

いつものペースで寝起きし、食事や運動もしっかりと

「どうせ出かけられないから」と、いつもより遅くまで寝ていたり、最新情報が気になって遅くまで起きていたりしては、生活のリズムが狂い、気持ちが不安定になりやすくなります。また、「動かないから」と食事や水分を控えるのも考えもの。食事や水分はしっかり摂り、自宅待機中でもできる運動を続けて、体調を整えていきましょう。詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

通信機器を利用した交流や、楽しくリラックスできる活動を

知人や家族と会うのが難しい時も、電話やインターネットを使って交流を続けるようにしましょう。身近な人と無事を確かめ合ったり、不安な気持ちを聞いてもらったりするだけでも、気持ちが上向きます。また、家にいてもできることはたくさんあります。自分が楽しくリラックスできることを見つけて、頭や体を動かし続けましょう。詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

続いては、できるだけ避けたいことをご紹介します。

情報を取り入れ続ける、「○○になったらどうしよう」と案じ続ける

テレビやインターネットでは、1日中あらゆる情報が流れ続けています。安全・安心のために発信されている情報ですが、あれもこれもと受け取り続けると混乱してしまったり、不安・心配な気持ちが増したりするかもしれません。情報に振り回されていないか時折立ち止まって考え、ひと休みすることも重要です。
最悪の事態ばかりを気にかけ「どうしよう」と案じ続けるのも、よくありません。「人事を尽くして天命を待つ」といいますが、手を尽くした後は、案じながら待っても、「なるようになる」と楽な気持ちで待っても同じこと。心配しすぎてストレスをためないよう、リラックスできる方法を考えましょう。

いつもよりも長い時間寝る、なんとなく横になり続ける

時間があるからといって寝床で長い時間を過ごしたり、部屋でなんとなく横になり続けたりするのもおすすめできません。睡眠時間が長くなりすぎると、その分夜の眠りが浅くなり、睡眠の質が落ちてしまいます。いつもの時間に起き、昼寝もあまり取りすぎないようにしましょう。

平気なふりをする、言いたいことを過度に抑え込む

寂しいけれど、電話口の家族を心配させまいと平気なふりをしてしまったり、不安を無理に抑え込んで、明るく振る舞ってしまったり……「空元気」も元気のうちだといわれたりしますが、自分の気持ちにふたをするのはストレスのもと。言いたい放題まではしなくとも、つらくなったら身近な人に甘えて、気持ちを話してみましょう。

もしもの時、心の健康を守るには「いつも通りの生活リズム」と「適度なストレス解消」、「客観的に自分を見る」ことがポイントと言えそうです。気持ちが不安定になりやすいなと思ったら、ぜひ、心のケアをしてあげてくださいね。

最新の投稿





健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

しいたけにえのき、しめじにまいたけと、お鍋の季節に大活躍するきのこ類。最近では食物繊維が豊富で腸内環境を整え、免疫力を高める食材としても注目されています。今回はそんなきのこの新しい使い方をご紹介。


ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

帽子によるヘアスタイルの崩れを軽減するテクニックをご紹介します。お直し方法は外出先で簡単にできるものなので、帽子をかぶる時もヘアスタイルをキープして、帽子を取り入れたおしゃれを楽しみましょう。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト