ヘアケア|年齢を味方にするおしゃれ 白髪を活かす「グレイヘア」

ヘアケア|年齢を味方にするおしゃれ 白髪を活かす「グレイヘア」


年齢とともに気になりはじめる白髪。白髪染めでカバーすることはできますが、「こまめに染めるのが面倒」「頭皮や髪の毛へのダメージが気になる」というお悩みも多いようです。そんななか注目を集めているのが、白髪を染めずに活かす「グレイヘア」。全体が均一なグレイヘアに移行するには時間がかかるものの、年齢を重ねたからこそできるおしゃれとして楽しむ方が増えています。今回は、美しく上品なグレイヘアを目指すうえで知っておきたいポイントをご紹介します。

グレイヘアの魅力

グレイヘアとは、白髪をあえて染めず、白髪まじりの髪の毛を活かしたヘアスタイルのことです。2018年に「新語・流行語大賞」にノミネートされたことで話題となりました。しかし実際に目指すとなると、「実年齢よりも老けて見られそう」「きれいなグレイヘアにするのは難しそう」といった不安から二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこでまずは、グレイヘアの魅力をご紹介します。

自然体の自分でいられる

白髪は加齢にともなってどうしても増えていくものですが、グレイヘアは、いわば悩みを強みとして活かしていくヘアスタイル。年齢を重ねていく自分の変化を受け入れることにつながり、気持ちが前向きになったと感じる方もいるようです。

新しいファッションやメイクに挑戦できる

グレイヘアになると髪の毛の色が全体的に明るくなり、似合うファッションやメイクも変わります。グレイヘアは特に、ビビッドな色合いが似合うといわれます。今まで挑戦したことのない鮮やかな色の洋服を着てみたり、パッと目を引く色のリップを塗ってみたりと、自分らしいおしゃれを見つけていく楽しみが生まれます。

白髪を染めるストレスから解放される

一度白髪を染めても、1ヵ月も経つと根元の伸びた白髪が目立つようになります。頻繁に染め直すことができればよいのですが、時間や手間、お金もかかり、面倒になりがち。とはいえ、放っておくと見た目が気になってしまいます。その繰り返しによるストレスがなくなることも、グレイヘアのメリットのひとつと言えるでしょう。

グレイヘアへの移行期を乗り切るには

グレイヘアを目指すうえで悩みとして多いのは、白髪染めをしていた部分が完全になくなるまでの移行期をどのように過ごすかということ。グレイヘアに移行するには時間がかかります。髪の毛が伸びる速さや、なりたいヘアスタイルによって異なりますが、ショートヘアやボブヘアなら1~2年、ミディアムヘアやロングヘアなら3~4年を要するといわれます。移行期には、すでに白髪染めをしている部分と、生え際から出てくる白髪の部分が混在してまだらになるため、ついまた染めてしまう方も少なくないのです。

まずは美容室で相談を

きれいなグレイヘアにするためには、自分の髪質に合った方法で移行していくことが大切。まずは美容室で相談しましょう。自然に白髪が伸びるのを待つよりも、プロの手を借りたほうが髪の毛の状態に応じた提案をしてもらえるので、おしゃれに移行期間を過ごせます。

カラーリングの工夫で徐々にグレイヘアに

黒やブラウンなどの濃い色で白髪を隠すように染めてきた方は、いきなり白髪染めをやめることに抵抗があるかもしれません。自然にグレイヘアに移行するためには、少しずつ髪色を明るくしながら、白髪とカラーリングをした髪の明るさのコントラストをなくしていくのがポイントです。

ショートヘアにしてしまう方法も

上品さと若々しさを兼ね備えたショートヘアは、大人の女性にぴったりのヘアスタイル。落ち着いた印象のグレイヘアとの相性もよいといわれます。グレイヘアへの移行期間は、白髪を染めていた部分を思い切ってカットしてしまうのも方法のひとつ。ショートヘアから少しずつ髪の毛を伸ばしながら、理想のヘアスタイルに近づけていきましょう。

大人女性に似合う「ショートヘア」のポイントについては、以下の記事も参考にしてみてください。

美しいグレイヘアを育てるポイント

女性は40歳前後から白髪が増えるといわれますが、その原因は人それぞれで、増えるスピードも異なります。美しいグレイヘアを目指すためには、白髪が目立たないうちから丁寧にヘアケアを続けることが大切です。

健康な頭皮と髪の毛を育てる

白髪が増えていく過程で、髪の毛のハリ・コシの低下や抜け毛などが気になることがあるかもしれません。グレイヘアは、ほどよく髪の毛のボリュームがあったほうが美しく見えます。「シーク 和花髪 薬用育毛剤」は、自然由来の成分と無添加にこだわった育毛剤。フケやかゆみなど頭皮のトラブルをケアしながら、豊かな髪の毛を育てます。

トリートメントやヘアオイルでうるおいを補給

白髪は黒い髪の毛より水分量が少ないため、ツヤがなくパサついて見えます。きちんとお手入れをしないと清潔感に欠けた印象になってしまうことも。毎日のシャンプー後には洗い流さないタイプのトリートメントを付け、スタイリング時にはヘアオイルを使うと、ツヤが出てしっとりとまとまります。

グレイヘアは、ありのままの自分を受け入れながらおしゃれを楽しむための選択肢のひとつ。これまで続けてきた白髪染めをやめるのは勇気がいることですが、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ