メイク|モニター越しの表情を好印象に!オンライン映えするメイクのコツ

メイク|モニター越しの表情を好印象に!オンライン映えするメイクのコツ


オンライン会議やオンライン飲み会など、パソコンのモニターやスマートフォンの画面を通してコミュニケーションをとる機会が増えています。限られた照明しかない室内では、画面に映る表情がなんだかのっぺりとして、暗く見えがち。そんな時は、メイクを少し工夫することで、より明るく魅力的な印象になります。そこで今回は、簡単にできるオンライン映えメイクのコツをご紹介します。

パソコンのモニター越しだと表情が暗く見える理由

きちんとメイクをしているのに、モニターに映る自分の顔がどんよりとして、老けているように感じる……。そんな経験をしたことはありませんか?肉眼とモニターでは見え方が違うもの。モニターで表情が暗く見えてしまうのは、以下のような理由があります。

顔が平面的に映る

モニター上ではどうしても顔が平面的に見え、のっぺりとした印象に。さらに、解像度の低いカメラでは、肌のツヤ感が分かりにくく、メリハリがなく見えます。すると、表情のイキイキとした動きが伝わらなくなってしまいます。

目の下のクマが浮き出て見える

オンライン上では、肌のトーンが濃い部分がくっきりと映る傾向にあります。そのため、肉眼で見る以上に目元のクマが目立ち、くすみが強調されてしまいます。

唇や頬の血色感がダウン

一般家庭の照明器具では、撮影に適した明るさを確保することが難しく、カメラを通すと顔の色味が伝わりにくくなります。そのため、血色感のない疲れた印象に映りがち。特に、光源が天井にあると、目元や口元に影ができて、さらに表情が暗く見えてしまいます。

メイクのポイントは、リップ・チーク・ハイライト

モニター越しでもイキイキとした印象を与えるためには、ポイントを押さえてメイクを足し引きすることが重要です。肌のキメといった細かい部分は画面には映りません。細部をつくり込むのではなく、部分的に強調し、立体感やツヤ感、血色感をプラスしましょう。

コンシーラーでクマやシミをカバー

前述したように、クマやシミはより濃く際立って映るため、コンシーラーで隠しましょう。特に、クマが目立つと疲れた印象に見えます。オレンジ色のコンシーラーを使うと、血行不良によるクマを効果的に隠せます。

ハイライトで顔を立体的に見せる

顔が平面的に映るパソコン上では、顔の凹凸を表現することが大切。いつもよりワントーン明るい色のハイライトを選ぶと、モニター上でもツヤ感が分かりやすくなります。
目の下、頬の高い位置に逆三角形に入れると、ハリ感がプラスされ、目元が光で照らされたように明るく見えます。また、あごの先に小さな丸を描くように入れると、あご先に光が集まり、フェイスラインが引き締まって見えます。

赤みのあるリップ&チークで血色を追加

リップやチークは発色がよいものを選びましょう。自然な血色感を演出できる、赤みのある色がおすすめです。ブラウン系のリップは落ち着いた色味で人気ですが、モニター上では深みのある色合いが目立ってしまいます。リップ、チークともに、肌なじみがよく、かつ華やかなコーラルカラーでツヤのあるタイプがおすすめです。

メイクのほかに気を付けたいのは、自然光が顔の正面から当たる場所を選ぶこと。照明の真下では、ほうれい線がくっきり見えてしまいます。ほうれい線対策として、カメラが目線より少し高い位置にくるようにすることも大切です。椅子を低くしたり、パソコンの下に台を置いたりして、カメラの位置を調整しましょう。

メイクに合わせてトップス選びもひと工夫

オンラインでは主に上半身が映るため、トップス選びも重要です。顔まわりが明るく見え、血色感をプラスしたメイクが引き立つ色を選びましょう。意外かもしれませんが、白いトップスは避けたほうが無難。レフ板効果で顔映りがよくなりそうですが、カメラを通すと白い色が目立ちすぎて、顔色がくすんで見えたり、顔に余計な陰影ができたりすることがあります。

ラベンダーパープル

肌の透明感を引き出すラベンダーパープルは、きちんとした印象があり、オンオフを問わず使いやすい色。コーラルカラーのポイントメイクとも相性抜群です。濃い色味だと画面上で暗く見えてしまうため、明るいトーンのものを選びましょう。

クリームイエロー

元気さを演出するクリームイエローは、表情をイキイキと見せます。やさしい色合いのクリームイエローなら、服の印象に顔が負けることもありません。

ミントグリーン

パステル調のミントグリーンは、暗くなりがちな顔色をワントーン明るく見せてくれる色。緑と赤は補色の関係にあるので、ポイントメイクの血色感もより引き立ててくれます。

モニター越しのコミュニケーションは、今後も増えていくことが予想されます。直接顔を合わせられないからこそ、メイクを工夫して、オンライン上でも相手に好印象を与えたいですね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ