ファッション|衣替えシーズンこそクローゼットを見直して着まわし上手に

ファッション|衣替えシーズンこそクローゼットを見直して着まわし上手に


残暑が落ち着き、日に日に秋が深まる10月。そろそろ本格的に衣替えをしようと考えている方も多いのではないでしょうか。衣替えは、クローゼットを見直すいい機会。手持ちのアイテムを整理することで自分の好みが明確になり、何を着ようかと悩む時間も少なくなります。そこで今回は、衣替えのポイントと最小限のアイテムでおしゃれに着まわしを楽しむためのコツをご紹介します。

衣替えはクローゼットを見直すチャンス

一般的に10月は、夏服から冬服への衣替えの時期です。地域によってはまだ残暑が続く場合がありますが、最高気温が20℃を下回る日が増えてきたら、衣替えの準備をするのがおすすめ。クローゼットの中のアイテムを秋・冬仕様にチェンジして、新しい季節を気持ちよく迎えましょう。衣替えにはさまざまなメリットがあります。

お気に入りの洋服が厳選される

衣替えによって手持ちの洋服を見直すことで、必要なアイテムが厳選され、毎日の洋服選びが楽になります。また、自分の好きなファッションの趣味趣向が分かるので、新しくアイテムを購入する時にムダな買い物を防ぐことにつながります。

洋服を長持ちさせられる

洋服を同じ場所に長時間しまっておくと、虫食いやカビなどのダメージが気になります。衣替えのタイミングで洋服の状態を確認して、洗濯やクリーニングなどの適切なケアを行えば、よりよい状態で保管することができます。

残すか処分するか、どうやって判断する?

自分が持っている洋服の量を把握するために、まずはクローゼットに収納しているアイテムを一度全て出してみてください。クローゼットから出したら、次のチェックポイントに沿って残すか処分するかを判断していきましょう。

1年以内にどのくらい着たか

気に入っていて着る頻度が高い洋服は、そのままクローゼットに戻します。どうするか決められないアイテムは、1年以内に着たかどうかを思い出してみてください。「いつか着るかもしれない」と思っていても実際に着ていないのならば、この先も出番がない可能性が高いでしょう。また、そもそも持っていることを忘れていた服もあるかもしれません。それは愛着がなくなっている証拠ですので、迷わず処分しましょう。

汚れや傷みがないか

お気に入りの洋服は着用頻度が高く、汚れたり傷んだりしやすいもの。状態が悪くなっていたら思い切って処分して、新しいものに買い替えましょう。

コーディネートがいくつか思い浮かぶか

残すか処分するか迷ったら、実際に着て鏡で確かめましょう。そのアイテムを使った着まわしのバリエーションが思い浮かばない場合や、体型や年齢に合っていないと感じた場合は、今後も着る機会がないと考えたほうがよいでしょう。

処分すると決めたアイテムでも、ゴミとして捨てるのはもったいないと感じるかもしれません。まだ着られるものは、活用してくれる人へ譲ったり、リサイクルショップで買い取ってもらったりするのがおすすめです。

少ないアイテムで着まわしを楽しむコツ

手持ちの洋服が少ないと、「コーディネートがワンパターンになってしまいそう」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、着まわしの工夫次第でコーディネートの幅が広がり、おしゃれに見せることができます。最後に、最小限のアイテムで着まわしを楽しむためのポイントをご紹介します。

アイテムの系統を統一する

ファッションにはさまざまな系統がありますが、「カジュアル」や「きれいめ」など、手持ちの洋服の系統をそろえるとコーディネートがしやすくなります。

ベーシックな色・デザインのアイテムを用意する

ひとつひとつのアイテムの個性が強すぎると、着まわしがしにくくなります。どんなシチュエーションでも着られる、飽きのこない定番の色・デザインのトップスやボトムスをそろえておくとよいでしょう。

季節を問わずに着られるアイテムを選ぶ

オールシーズン活躍するアイテムは、着まわしの強い味方です。例えば、シンプルなデザインの白のカットソーは、季節を問わずに着られて重ね着もでき、持っていると何かと便利。また、ブラックやネイビーなど落ち着いた色味のシャツワンピースは、1枚でさらりと着られるだけではなく、前を開ければ羽織ものとしても使えます。

小物使いを工夫する

シンプルなアイテムでまとめたコーディネートは、見た目が地味になりがち。バッグや靴などで差し色を取り入れると、着こなしにメリハリがつきます。ダークトーンの色味が多い秋冬のコーディネートには、ワインレッドやマスタードイエローなどの小物がおすすめです。

秋冬のファッションのコツについては、以下の記事も参考にしてみてください。

衣替えによってすっきりと整理されたクローゼットは、暮らしを心地よくしてくれます。とはいえ、洋服の数を減らすことにこだわりすぎて、おしゃれをする楽しみを感じられなくなってしまっては本末転倒です。お気に入りのアイテムを厳選して、自分らしい着こなしを楽しみましょう。

関連する投稿


スキンケア|うっかり日焼けにご用心 マスク着用中も紫外線対策

スキンケア|うっかり日焼けにご用心 マスク着用中も紫外線対策

マスクをしていると、顔の大部分が覆われている安心感から紫外線対策が不十分になっていませんか?一般的な不織布でできたマスクは紫外線を透過させるため、マスク越しに日焼けをしてしまいます。また、日焼け止めを塗っていても、肌が出ている部分と隠れている部分でムラ焼けが起きることもあります。今回は、日差しが強くなってくる季節を前に見直したい、マスク着用中の紫外線対策についてご紹介します。






最新の投稿


健康法|今から取り組む「フレイル」予防

健康法|今から取り組む「フレイル」予防

「フレイル」とは、介護が必要になる手前の虚弱な状態を示す概念。昨今のコロナ禍で外出する機会が減ったことにより、フレイルに陥る高齢者が増加していると指摘されています。今回は、健康なうちから取り組みたいフレイル対策についてご紹介。フレイルの兆候を知ることができる簡単なチェック項目もありますので、自分にあてはまるものがないか確認してみてください。


郷土料理|泥亀汁 近江商人の夏バテ予防食(滋賀県)

郷土料理|泥亀汁 近江商人の夏バテ予防食(滋賀県)

泥亀汁(どんがめじる)は、滋賀県湖東地方に伝わるみそ汁。“日本三大商人”のひとつといわれる近江商人が、夏バテ予防のために食べていた郷土料理です。名前だけ聞くと少し驚きますが、もちろん泥や亀が入っているわけではないのでご安心を。今回は、泥亀汁の栄養やレシピについてご紹介します。


スキンケア|うっかり日焼けにご用心 マスク着用中も紫外線対策

スキンケア|うっかり日焼けにご用心 マスク着用中も紫外線対策

マスクをしていると、顔の大部分が覆われている安心感から紫外線対策が不十分になっていませんか?一般的な不織布でできたマスクは紫外線を透過させるため、マスク越しに日焼けをしてしまいます。また、日焼け止めを塗っていても、肌が出ている部分と隠れている部分でムラ焼けが起きることもあります。今回は、日差しが強くなってくる季節を前に見直したい、マスク着用中の紫外線対策についてご紹介します。


郷土料理|かっぱ麺 キュウリの産地で生まれた新名物(福島県)

郷土料理|かっぱ麺 キュウリの産地で生まれた新名物(福島県)

福島県須賀川市で2007年に生まれた新名物「かっぱ麺」は、須賀川市が全国トップクラスの生産量を誇るキュウリを使ったユニークな麺料理。見た目が涼やかでのどごしもよく、夏にぴったりのメニューです。今回は、かっぱ麺の概要や栄養、おすすめの食べ方についてご紹介します。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト