メイク|気になるシワやたるみ……若々しい目元を演出するアイメイク術

メイク|気になるシワやたるみ……若々しい目元を演出するアイメイク術


シワやたるみ、まつ毛の減りなど、年齢とともに増えてくる目元の悩み。若い頃に比べて目元全体がぼんやりしていると感じたことはありませんか?今までと同じアイメイクでは表情が寂しく見えたり、目元の印象を強めるためにアイメイクを濃くすると、かえって老けて見えたりするかもしれません。そこで今回は、アイライン・アイシャドウ・マスカラの基本的なステップに沿って、いきいきとした目元を演出するアイメイクのポイントをご紹介します。

目元の印象を引き締める「アイライン」

年齢を重ねると、まぶたを開く筋肉が徐々に衰え、上まぶたの皮膚がたるんできます。すると、目そのものが小さくなった印象を与えます。また、まつ毛の毛量が減ることにより、目の輪郭がぼんやりして目の存在感が薄れてしまいます。このような場合は、アイラインを効果的に引くことで、ぱっちりとした魅力的な目元を演出できます。

まつ毛のすき間を点で埋めて目のキワを強調する

ペンシルタイプのアイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋める描き方なら、なめらかなラインを引くのが苦手な方でも簡単。まぶたを手で引き上げてまつ毛の生え際が見えるようにしたら、根元に点を打つようにラインを描きます。最後にガタついた部分を綿棒でなぞってなじませれば、自然な目元に仕上がります。

たるんだ目元は長めのラインで引き締める

まつ毛のすき間を点で埋めるだけで終わらせてもOKですが、上まぶたのたるみが気になる方は、さらに目尻を長めに引きましょう。目尻から5~8ミリほど真横にはみ出してラインを描き、目の中央から目尻側にかけて徐々に太くしていきます。目の幅が横にも縦にも広がり、たるんだ目元が引き締まって見えます。

描き終わったら三面鏡で確認する

人の顔はいろいろな角度から見られるもの。アイラインを描き終わったら、三面鏡を使い、顔の正面からだけでなく横顔も確認しましょう。ポイントは、アイラインが長すぎたり太すぎたりしていないこと。そして、目のキワとラインの間にすき間がないこと。不自然なアイラインは悪目立ちしてしまい、メイクがわざとらしい印象になってしまいます。

まぶたを明るく見せる「アイシャドウ」

肌のハリが失われるとともに、上まぶたのくぼみが気になってきた方も多いのではないでしょうか。まぶたがくぼむと、疲れているように見えてしまいます。アイシャドウの力を借りて、ふっくらとした目元にしましょう。

ベースカラーでまぶたをトーンアップ

上まぶた全体に塗るベースカラーは、明るいトーンのカラーを選びましょう。淡いアイボリーやピンクベージュなら、くぼみによってできたまぶたの影をカバーできます。また、パールやラメが入ったタイプなら、ツヤ感を出しながら自然にハリのあるまぶたに見せられます。

まつ毛の存在感を際立たせるカラーを選ぶ

目のキワから、目を開けた状態でアイシャドウが見える幅に締め色を使うのがアイシャドウの基本的な塗り方。この時、締め色に濃すぎないカラーを選ぶのがポイントです。アイシャドウのあとはまつ毛をビューラーでカールさせてマスカラを塗って仕上げますが、濃すぎるカラーを使うと、アイシャドウの色とまつ毛が一体化し、まつ毛の存在感が際立たなくなります。まつ毛が目立つよう、締め色にいつもより明るめの色を使うことで、ぱっちりとした目元に仕上がります。

下まぶたにもアイシャドウを塗る

締め色のアイシャドウを、下まぶたにも塗りましょう。下まぶたの目尻から目の幅3分の1ぐらいを目安にアイシャドウを塗ると、目が縦にも横にも広がり、目元の印象がアップします。

目力をアップさせる「マスカラ」

まつ毛は、女性らしさを表現してくれる重要なパーツ。しっかりとカールをつけて黒いマスカラで強調することで、白目の澄んだ、ぱっちりと魅力的な目に見せることができます。

ビューラーでまつ毛をしっかり上げる

まつ毛が下を向いていると、瞳に影ができてしまいます。ビューラーで上向きにして、白目と黒目のコントラストをはっきりさせることで、目元がいきいきとした印象になります。まつ毛を根元・中間・毛先の3段階に分けてビューラーで挟み、自然なカールをつけましょう。

マスカラは黒を使う

黒くツヤツヤとしたまつ毛は、それだけで若々しく元気な印象を与えます。マスカラを塗ることで上向きのまつ毛の存在感が際立ち、目が大きくなったように見せることもできます。

つけまつ毛もおすすめ

つけまつ毛は、まぶたのたるみが気になる方に挑戦してほしいアイテム。細く短いまつ毛を補うだけではなく、まぶたがぐっと持ち上がり、たるみで眠そうに見える目元がぱっちりとします。

一度覚えたメイクのやり方はなかなか変えにくいものですが、ちょっとしたコツを取り入れるだけで、ぼんやりとした目元がいきいきと印象的に変化します。今までのメイクの工程を見直して、若々しい目元を手に入れましょう。

関連する投稿


ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。


スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

たっぷりと美容成分を含んだシートマスク(フェイスマスク)は、美しい素肌を目指すうえでの強い味方。日々のスキンケアに活用している方は多いことでしょう。とはいえ種類はさまざまで、自分に合ったシートマスクを選ぶのは難しいもの。そこで今回は、肌悩みに応じたシートマスクの選び方や、より効果的に使うためのポイントをご紹介します。


美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト