健康法|知っておこう、薬の正しい飲み方

健康法|知っておこう、薬の正しい飲み方


処方薬に正しい飲み方があるのをご存じでしょうか。水やぬるま湯で飲むことや、食前・食間・食後といった指示には理由があります。飲み忘れたらどうするか、大きな錠剤は砕いてもいいのかなど、知っておくべき薬の飲み方をご紹介します。

薬は「水かぬるま湯で飲む」の理由

血圧降下薬とグレープフルーツジュース、精神安定剤や糖尿病薬とアルコールといった組み合わせは、作用が強く出過ぎたり低血糖を起こしたりするため、処方される際に薬剤師さんが必ず教えてくれる注意事項です。

上記のような有名な例だけでなく、市販の風邪薬や胃薬などであっても、「水かぬるま湯で飲む」のが基本です。水以外の飲み物、例えばジュースやコーヒーなどと一緒に薬を飲むと、薬の成分によってはきちんと吸収されず、効果が薄まる傾向があります。

また、水の量も大切なポイントです。薬を飲む時には、コップ1杯(200cc)の水と一緒に飲むのが目安。たいていの飲み薬は水に溶けて吸収されることで正しく効くように作られています。したがって水の量が足りないと、効くのが遅かったり効きが悪かったりします。

また、水なしや、ごく少ない量の水で薬を飲むと、薬がのどや食道に張り付いて、その部分が炎症を起こすことがあります。また、場合によっては溶けずに便として排出されることもあるのです。

食前・食後・食間の正しいタイミング

薬を飲むタイミングが指定されている場合、「この時間に飲めば、きちんと効能が発揮される」ことを意味します。せっかくベストなタイミングが分かっているのですから、間違えずに飲みたいですよね。ここではそれぞれの正しいタイミングをご紹介します。

食前とは:食事の30分前

胃が空の状態で飲むのが、最も効果的な薬です。胃を保護する、食欲を増す、胃酸が薄まっていないほうが吸収できる、などの理由があります。食事の直前に飲む薬は「食直前」と書いてあります。

食後とは:食事の30分後

胃に食物がある状態で飲むのが、最も効果的な薬です。消化を助ける、食べ物があるほうが吸収しやすいなどのほか、食べ物で薬による胃の刺激をやわらげる、という理由があります。食事してすぐ飲む薬は「食直後」と書いてあります。

食間とは:食後2~3時間後

食間は「食事と食事の間」のことで、食事中ではないことに注意が必要です。「空腹で、かつ、次の食事まで1時間は空いている」という状態のことをいいます。胃の粘膜に触れることで効果を発揮する薬などに用いられます。

そのほか、就寝30分前に飲む「寝る前」、発作や痛みが強い時などに飲む「頓服」などがあります。

薬を飲むタイミングを逃したら

食前・食後・食間などの指示は、薬を飲むのに最適な時間を示すものですが、他の時間でも効かないわけではありません(一部、飲む時間を厳しく制限されているものもあります)。忘れてしまったからといって、2回分まとめて飲むことのほうが危険です。

どうしても飲み忘れてしまうならば、食べる直前や直後でも構わないか薬剤師さんに聞いてみてください。携帯電話のタイマーを設定するなど、飲み忘れ対策もしてみましょう。

また、食事の時間が不規則だったり、1日2食であったり、生活スタイルが指示と合わない場合にも、医師や薬剤師に相談しましょう。薬によっては食事をしない時(胃が空の時)は飲んではいけない薬や、食事をしていないと効果が不十分な薬もあります。

錠剤を砕いても効果は変わらない?

錠剤が大きくて飲みにくい、細かくしたほうが効き目が早い気がする……といった理由で、錠剤を粉砕したり噛み砕いたりする方がいらっしゃいます。この飲み方は問題ないのでしょうか?

結論からいうと、「砕いても構わないものと、砕いてはいけないものがある」です。薬によって異なるので、砕いて飲むことを考えている場合には、ぜひ薬剤師さんに相談しましょう。薬によっては薬局で粉状にしてくれたり、同じ成分のより飲みやすい薬がないかを検討してもらえることがあります。

薬は私たちの不調をやわらげて、健康的な生活を助けてくれるものです。しかし、使い方を間違えれば、効果が得られないばかりか健康を損なう可能性もあります。処方薬も市販薬でも、購入する際には必ず薬剤師さんがいますから、不安なことや疑問は質問して解決するようにしましょう。正しく服薬してお大事にしてくださいね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ