健康法|マスク生活を快適に

健康法|マスク生活を快適に

近ごろ、日常的にマスクを着用する機会が増えたことで、マスク特有の肌荒れしやすさや耳の痛み、息苦しさなどに煩わされている人も少なくないようです。今回は、マスク生活を快適にするちょっとした工夫についてご紹介します。


近ごろ、日常的にマスクを着用する機会が増えたことで、マスク特有の肌荒れしやすさや耳の痛み、息苦しさなどに煩わされている人も少なくないようです。今回は、マスク生活を快適にするちょっとした工夫についてご紹介します。

マスクでの肌荒れを防ぐ

マスクの内側の汗をこまめに拭く

マスクの中は高温多湿で外よりも雑菌が繁殖しやすく、肌かぶれが起こりやすい状態になっています。少しでも温度や湿度を低く保てるよう、汗をかいた時はこまめに拭くことを心がけましょう。マスクと顔の間にガーゼを挟み、湿ってきたら取り替えるのもよいでしょう。マスクに触れた後は、手の消毒・手洗いもお忘れなく。

ワセリンなどを塗って擦れを和らげる

マスクと肌が擦れて肌荒れを起こしてしまう方には、耳の後ろ、鼻、ほお、口元などマスクに触れやすい部分にワセリンやバームなどを塗って保護し、擦れを和らげる方法もおすすめです。

マスクを外す時に保湿をする

マスクを外すと中にたまった湿気が一気に蒸発して、肌の水分も奪われ、肌荒れしやすくなるといわれます。頻繁にマスクを外す機会のある方は、外した際にすぐ化粧水をスプレーするなどして保湿を心がけるとよいでしょう。

素材・サイズでマスクを使い分ける

ウイルス対策の面では不織布のマスクがより望ましいとされますが、一方でガーゼや布、ウレタンを使ったマスクのほうが肌への刺激はより少なくなるといわれています。人が多く、三密になりやすい場所では不織布のマスク、人との接触が少なく、リスクが低いと思われる場所では布マスク……と使い分けることで、肌への刺激が少なくなるように工夫してみましょう。
また、マスクが小さすぎる場合も、肌と擦れる部分が多くなり、肌荒れにつながることがあります。今のマスクのサイズが合っているかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

マスクゴムで耳が痛くなるのを防ぐ

ゴムを少し伸ばす、耳の後ろにクッションになるものを当てる

マスクを長時間着けていると、ゴムをかける耳の部分に力がかかって痛くなることも。マスクを着ける前に、ゴムを少し引っ張って伸ばしてみる、耳の後ろにカットガーゼを挟む、絆創膏を貼るといった方法で、耳への負担を和らげましょう。
ただし、ゴムを伸ばす方法はやりすぎるとマスクがフィットしなくなる可能性もありますから、少しずつ慎重に扱いましょう。

マスクゴムホルダーを使う

耳への負担がないよう、マスクゴムを後頭部に回すタイプのマスクも見られますが、医療用や手作り品などが多く、誰でも手に入るというわけではないようです。耳用のマスクゴムを左右に引っ掛け、耳ではなく後頭部でマスクを支える「マスクゴムホルダー」は比較的手に入りやすいので、試してみてはいかがでしょうか。

身近なものでマスクゴムホルダーを作ってみよう

実はこのマスクゴムホルダー、身近なもので簡単に作ることができます。用意するのはヘアゴムと、洋服用のボタン2つ。ボタンの穴にヘアゴムを通してから輪を作って結べば完成です。マスクを着ける際はマスクゴムホルダーを後頭部へ持っていき、左右のマスクゴムをそれぞれボタンに引っ掛けて、後頭部でマスクを支えるようにします(画像)。ヘアゴムの長さなどは、顔にフィットするように調整してみてください。

マスクの息苦しさを和らげる

アロマスプレーなどで好みの香りをつけてみる

2020年夏はマスク着用と熱中症対策の両立が話題になりましたが、暑い季節や運動中に限らず、マスクをするだけで息苦しいと感じる方も多いようです。
マスク用のアロマスプレーやハッカ油スプレーなどをマスクに吹きかけ、好みの香りをつけるようにすると、呼吸の度にスッキリとした香りが感じられ、息苦しさも和らぎます。アロマオイルの種類によっては、消臭や抗菌などの効果も期待できます。

マスクの内側に立体マスクフレームを入れる

マスク全体が顔に張り付くようになって息苦しいという方には、マスクの外周と顔の間にはすき間を作らず、マスクの中だけに口や鼻と接触しない空間を作れる「立体マスクフレーム」がおすすめです。さまざまな形状のものが販売されていますので、自分に合うものを探してみましょう。

このように、マスク生活を快適にするアイデアもさまざまなものが登場しています。いわゆる市販の新製品はもちろん、身近なものを使ったり、手作りしたりして解決する方法もたくさんありますから、ぜひいろいろ試して、ご自分に合うものを探してみてくださいね。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト