健康法|マスク生活を快適に

健康法|マスク生活を快適に


近ごろ、日常的にマスクを着用する機会が増えたことで、マスク特有の肌荒れしやすさや耳の痛み、息苦しさなどに煩わされている人も少なくないようです。今回は、マスク生活を快適にするちょっとした工夫についてご紹介します。

マスクでの肌荒れを防ぐ

マスクの内側の汗をこまめに拭く

マスクの中は高温多湿で外よりも雑菌が繁殖しやすく、肌かぶれが起こりやすい状態になっています。少しでも温度や湿度を低く保てるよう、汗をかいた時はこまめに拭くことを心がけましょう。マスクと顔の間にガーゼを挟み、湿ってきたら取り替えるのもよいでしょう。マスクに触れた後は、手の消毒・手洗いもお忘れなく。

ワセリンなどを塗って擦れを和らげる

マスクと肌が擦れて肌荒れを起こしてしまう方には、耳の後ろ、鼻、ほお、口元などマスクに触れやすい部分にワセリンやバームなどを塗って保護し、擦れを和らげる方法もおすすめです。

マスクを外す時に保湿をする

マスクを外すと中にたまった湿気が一気に蒸発して、肌の水分も奪われ、肌荒れしやすくなるといわれます。頻繁にマスクを外す機会のある方は、外した際にすぐ化粧水をスプレーするなどして保湿を心がけるとよいでしょう。

素材・サイズでマスクを使い分ける

ウイルス対策の面では不織布のマスクがより望ましいとされますが、一方でガーゼや布、ウレタンを使ったマスクのほうが肌への刺激はより少なくなるといわれています。人が多く、三密になりやすい場所では不織布のマスク、人との接触が少なく、リスクが低いと思われる場所では布マスク……と使い分けることで、肌への刺激が少なくなるように工夫してみましょう。
また、マスクが小さすぎる場合も、肌と擦れる部分が多くなり、肌荒れにつながることがあります。今のマスクのサイズが合っているかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

マスクゴムで耳が痛くなるのを防ぐ

ゴムを少し伸ばす、耳の後ろにクッションになるものを当てる

マスクを長時間着けていると、ゴムをかける耳の部分に力がかかって痛くなることも。マスクを着ける前に、ゴムを少し引っ張って伸ばしてみる、耳の後ろにカットガーゼを挟む、絆創膏を貼るといった方法で、耳への負担を和らげましょう。
ただし、ゴムを伸ばす方法はやりすぎるとマスクがフィットしなくなる可能性もありますから、少しずつ慎重に扱いましょう。

マスクゴムホルダーを使う

耳への負担がないよう、マスクゴムを後頭部に回すタイプのマスクも見られますが、医療用や手作り品などが多く、誰でも手に入るというわけではないようです。耳用のマスクゴムを左右に引っ掛け、耳ではなく後頭部でマスクを支える「マスクゴムホルダー」は比較的手に入りやすいので、試してみてはいかがでしょうか。

身近なものでマスクゴムホルダーを作ってみよう

実はこのマスクゴムホルダー、身近なもので簡単に作ることができます。用意するのはヘアゴムと、洋服用のボタン2つ。ボタンの穴にヘアゴムを通してから輪を作って結べば完成です。マスクを着ける際はマスクゴムホルダーを後頭部へ持っていき、左右のマスクゴムをそれぞれボタンに引っ掛けて、後頭部でマスクを支えるようにします(画像)。ヘアゴムの長さなどは、顔にフィットするように調整してみてください。

マスクの息苦しさを和らげる

アロマスプレーなどで好みの香りをつけてみる

2020年夏はマスク着用と熱中症対策の両立が話題になりましたが、暑い季節や運動中に限らず、マスクをするだけで息苦しいと感じる方も多いようです。
マスク用のアロマスプレーやハッカ油スプレーなどをマスクに吹きかけ、好みの香りをつけるようにすると、呼吸の度にスッキリとした香りが感じられ、息苦しさも和らぎます。アロマオイルの種類によっては、消臭や抗菌などの効果も期待できます。

マスクの内側に立体マスクフレームを入れる

マスク全体が顔に張り付くようになって息苦しいという方には、マスクの外周と顔の間にはすき間を作らず、マスクの中だけに口や鼻と接触しない空間を作れる「立体マスクフレーム」がおすすめです。さまざまな形状のものが販売されていますので、自分に合うものを探してみましょう。

このように、マスク生活を快適にするアイデアもさまざまなものが登場しています。いわゆる市販の新製品はもちろん、身近なものを使ったり、手作りしたりして解決する方法もたくさんありますから、ぜひいろいろ試して、ご自分に合うものを探してみてくださいね。

せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ